【行間】五臓の肝の気・熱を抑え気の巡りを改善する経穴(ツボ)の紹介

行間イメージ 361+α

今回は、【行間(こうかん)】というツボについて、場所や、刺激することで期待できる効果などをまとめていきます。

行間は肝の経絡に所属し、特に熱をさます「清熱」の働きをもつツボです。イライラする怒りの感情や、目の充血などを鎮め、気の巡りを改善してくれます。何かとストレスの多い現代、逆上する気持ちを行間を刺激して落ち着かせましょう。

スポンサーリンク

行間(こうかん)の位置と所属経絡

行間というツボの位置や、所属する経絡について確認していきます。

行間の位置

足背、第1・第2指間、みずかきの近位、赤白肉際。

新版経絡経穴概論

行間は足の甲にあるツボです。足の親指と二指の間にある指の股の部分(みずかき)にあります。

「赤白肉際」は、皮膚の色が変わる境目を表します。

行間の所属経絡と特徴

行間は足の厥陰肝経に所属するツボです。肝経は足の親指の先から始まり、胸腹部に伸びる経絡です。

  • 肝経の滎穴

行間は肝の経絡の滎穴(えいけつ)にあたります。滎穴の特徴として、「身熱を治す」働きがあります。そのため、行間には肝経に関わる熱をさます効果があります。

  • 逆上しやすい肝

五臓の肝は性質上、「上に伸びるように、広がるように」働く力の強い臓器です。そのため、肝の不調の多くは肝の気や火(熱)が上にあがるように起こります。

東洋医学的な症状(証)をみると、「肝火上炎(かんかじょうえん)」、「肝陽上亢(かんようじょうこう)」などがあります。こうした「上に燃え上がりやすい性質」を抑えるのに、行間のツボがオススメということになります。

  • 太衝との違いは?

同じ肝経のツボで、すぐそばにある「太衝(たいしょう)」について以前まとめました。

太衝にも肝の気を落ち着かせる働きがあります。両者の違いを簡単にまとめると、下のような感じです。

  • 太衝:気の巡りを改善
  • 行間:熱、腫れ、炎症を改善

太衝への刺激は、肝の疏泄の働きを高め、気血の巡りが良くなります。一方、行間への刺激は肝の経絡を通じて熱・炎上性質を抑えます。

結果的には同じように、気血や熱の逆上を抑えます。即効性を求める場合、私は行間を刺激することが多いです。

スポンサーリンク

行間のツボの治療効果まとめ

行間を刺激することで期待できる効果をご紹介します。行間は足のみずかきにあるので、温灸も押圧もしやすいツボです。

逆上する熱・イライラを抑える

行間は肝経の滎穴ということからも、体の上部に起こる不調に用いることが多くあります。また、熱や炎症を抑えるような働きもあります。

  • 頭痛
  • めまい
  • 赤ら顔
  • 目の充血、痛み
  • 体の痒み

上記のような症状に組み合わせることが多いツボです。

先述した通り、火が起きやすく、燃え上がりやすい肝という臓器の性質を、しっかりとコントロールすることができます。

泌尿器疾患にも

行間は体の熱による泌尿器の不調にも使えるツボです。熱が高まると、尿の量が減ってしまったり、出なくなったりしてしまいます。

行間のツボを刺激することで体の熱をさまし、尿の出を改善することが期待できます。

風邪の熱には魚際を

風邪をひいた時の発熱には、私はあまり行間のツボを用いません(あくまで私の治療観)。

行間が有効なのは、「内側から発生してこもるような熱」という印象です。実際に体温が上がっている場合には、肺経の「魚際(ぎょさい)」など、行間よりも有効なツボが他にあります。

スポンサーリンク

行間とあわせて刺激したいツボ

行間とあわせて刺激をすることで、より治療効果を高めることができるツボをご紹介します。

曲池(きょくち)

肘外側、尺沢と上腕骨外側上顆を結ぶ線上の中点。

新版経絡経穴概論

曲池は肘の外側にあるツボです。尺沢は上腕二頭筋腱の外側にあるツボなので、上腕二頭筋腱の外側と肘の外側の突起(外側上顆)に指をあて、つまむようにしてみてください。その時に盛り上がったところに曲池はあります。

  • 炎症を抑える働きがある

曲池は手の陽明大腸経に所属するツボです。大腸に働きかけることで、免疫力が向上し、症状を改善してくれるツボです。

曲池にも、熱や腫れなどの体の炎症を抑える働きがあります。体のほてりやのぼせを抑えるほか、行間とは違い風邪などによる発熱にも効果的です。

風邪や花粉症などによる熱、鼻のつまりは、体の免疫が戦っている証拠です。曲池のツボはそれをサポートして、結果的に熱を抑えてくれます。

 

おわりに

今回は、肝の経絡に起こる熱や炎症を抑える行間というツボについてまとめてみました。イライラして、頭がのぼせたように熱くなる、そんな熱をさますように行間は働きかけるツボです。

ストレスを感じた時には、少し強めに刺激してみてください。

 

鍼灸指圧治療院あたしんち

コメント