【孔最】呼吸器の急性症状を改善する経穴(ツボ)のまとめ

孔最の詳細 361+α

今回は、【孔最(こうさい)】というツボについて、場所や、刺激することで期待できる効果などをまとめていきます。

孔最は肺の経絡に素早く働きかける特徴を持つツボで、主に急性症状に用いられます。

漢方や鍼灸などの、ベースに東洋医学があるものは、比較的ゆっくり体に働きかける印象が一般的です。しかし、急性期の症状に即効性のあるツボもあるため、そうした特性もあわせてご紹介します。

スポンサーリンク

孔最(こうさい)の位置や所属経絡

孔最というツボの特徴や、所属する経絡について確認していきます。

孔最の位置

前腕前外側、尺沢と太淵を結ぶ線上、手関節掌側横紋の上方7寸。

新版経絡経穴概論

孔最は前腕(肘から手首の間)にあるツボです。前腕部、尺沢のツボから太淵のツボまでの長さは12寸とされています。そのため、孔最は前腕の半分より少し上(肘寄り)にあると考えてください。

孔最の所属経絡と郄穴の特徴

孔最は手の太陰肺経に所属するツボです。肺経は胸から始まり、手の親指まで伸びる経絡です。

  • 肺経の郄穴(げきけつ)

孔最は肺経の郄穴という特性を持ちます。郄穴の特徴は下記の2点です。

  • 骨や筋肉の隙間にある。
  • すみやかに邪(悪いもの)を退ける。

肺経の郄穴にあたる孔最は、肺(呼吸器)の急性症状の特効穴です。

郄穴は、急性期の症状の反応点・診断点であり、治療点にもなります。漢方や鍼灸などの東洋医学がベースにある治療法は、比較的体にゆっくりと作用し、回復を促すものが多くあります。しかし、そうした治療法にも、しっかりと即効性が認められるものもあります。

スポンサーリンク

孔最のツボの治療効果まとめ

孔最を刺激することで期待できる効果をご紹介します。孔最は前腕にあるので、押圧も温灸もしやすいツボです。

高熱でも汗が出ない時に

孔最は「熱病で汗が出ない」時に、最も効果的なツボだと考えられています。孔最のツボを刺激することで、速やかに所属する肺の気が通り、汗腺を開く効果があります。

発熱し、体温を上げることで体内の異物と戦い、退けることができます。しかし、熱が上がったままでは体に良くないため、熱を下げるために汗をかく仕組みになっています。汗腺の開閉をコントロールしているのは五臓の肺で、孔最のツボは速やかに肺に働きかけ、必要に応じて汗腺を開きやすくしてくれます。

咳、のどの腫れや痛みに

空咳が出たり、のどの違和感がある時にも、孔最のツボを刺激してみてください。風邪の初期の初期の段階で孔最を刺激すると、悪化を食い止める予防になることがあります。

私の場合ですが、呼吸時や嚥下時に、鼻の奥に痛みを感じると風邪をひく前兆です。そのタイミングで孔最を刺激して、風邪をひく前段階で対処しています。

のどや鼻の痛みが長引く場合は、肺経の滎穴である「魚際(ぎょさい)」を刺激しましょう。

肛門疾患に

孔最は痔など肛門疾患の特効穴とも言われます。

肺の経絡は大腸の経絡との連結がある他、肺と大腸は表裏関係にあります。実際に、呼吸器の不調の治療に、大腸に属するツボを使うこともあります。

 

おわりに

今回は孔最というツボを通して、症状に速やかに効果を発揮する郄穴についてまとめてみました。鍼灸治療の中にも、急性期の症状に効果的な方法があります。はるか昔はこうしたツボを用いることであらゆるシーンに対応していたのかなと、当時をうかがい知ることができます。

急なのどの痛み、鼻水など、呼吸器の不調が現れたら、まずは孔最を刺激してみてください。個人的な考えですが、刺激のタイミングのイメージをまとめてみると、下記の通りです。

それぞれ肺経のツボですが、刺激するのに適したタイミングがあります。のどの違和感、鼻の違和感を覚えたら、ひとまず孔最を刺激してみてください。

 

鍼灸指圧治療院あたしんち

コメント