気滞の症状と改善のためのツボ【東洋医学でみる症状と養生】

気滞トップ 気血水精
東洋医学において、気の流れが滞ることで「気滞」という状態になります。気滞の特徴には、胸・腹部の張り情緒不安定などがあり、多くは五臓の肝の疏泄の働きの低下によって起こります。体に起こる不調としては、ストレス耐性の低下や便秘、女性の月経時のトラブルなどの大元に気滞があることがあります。げっぷやおならなどで体内の気が動くことで寛解するため、体を動かしてリフレッシュすることが大切です。また適度にストレスを解消し、肝への負担を軽減することも必要です。
気滞を改善する経穴(ツボ)として、「太衝」、「内関」をあわせてご紹介します。

 

体の中を巡る、気・血・水・精。それぞれ、多くても、少なくても不調につながるため、絶妙なバランスが保たれています。

このページには東洋医学的な体質タイプ【気滞】についてまとめていきます。気滞の特徴は、体内の「風通しが悪い状況」と言えます。

  • 脹痛、膨満感
  • げっぷやおならで緩解
  • 情緒が不安定、イライラ
  • 感情の変化で悪化する

気が滞った「気滞」の状態かをチェックする指標に使う項目を列挙してみました。特にストレスや、行き詰まって爆発しそうなモヤモヤ、イライラは、気の滞りの症状そのもの。当てはまる人は、要注意です。

「ストレスをためないような生活を」と、わかっちゃいるけど、難しいです。そんな気滞の症状を和らげるようなツボ、食生活などご紹介していきます。

スポンサーリンク

東洋医学の「気滞」の症状とは?

「気が滞る」と書く通り、気の巡りが悪い状態を気滞と言います。鍼灸治療をする際、下記のような指標を気滞と捉え、治療にあたります。

  • 脹痛、膨満感
  • げっぷやおならで緩解
  • 情緒が不安定
  • 感情の変化で悪化する

これらはあくまで症状の土台になることが多く、「気滞」を判断するための材料です。

現れる身近な症状としては、

  • うつ症状など【精神症状】
  • 体がこりやすい【気・血の巡りの悪化】
  • 便秘【体内の物質移動の停滞】
  • 月経前症候群【気血の動きに伴う異常】

など、気の巡りが悪くなり、気分も優れない、そんな症状のベースに気滞はあります。

そもそも「気」って何?

気とは、体を巡る物質であり、4種類・5つの働きをもって体の機能に関わっています。特に気虚の場合、気の働きが低下してしまうため、様々な症状につながります。

▶︎「気」に関する詳細はこちらのページへ

気の4つの種類のおさらい

  • 原気(げんき):活動力の源とも言える気。
  • 宗気(そうき):呼吸によって得る気。
  • 営気(えいき):体を栄養する気。
  • 衛気(えき):体表をめぐるバリアになる気。

気の5つの働きのおさらい

  • 推動(すいどう):成長、臓腑の活動、血や津液を送るなど、推し動かす働き。
  • 固摂(こせつ):体液の漏出を防ぐ働き。
  • 防御:外からくる菌やウイルス(外邪)の侵入を阻止する働き。
  • 温煦(おんく):体を温める働き。
  • 気化:気血水精の変化、代謝など体内で物質変化を起こす働き。

同じく気の不調である「気虚」の場合、こうした働きがなくなっていき、症状につながります。今回考える「気滞」の場合は、気の働きの1つである推動の働きの低下が一番わかりやすくなります。

スポンサーリンク

気の滞りである「気滞」の原因

気滞に陥る原因には、五臓の肝の働きの低下、その中でも肝の「疏泄(そせつ)」作用の低下があります。

  1. 五臓の肝の不調、疏泄作用の低下。
  2. 気の巡りが悪化する。
  3. 気滞に陥る。

上記の順に悪化することが多いです。

肝の疏泄作用の失調

五臓の肝の持つ疎泄(そせつ)作用が、気の巡りをコントロールしています。そのため、肝の働きが弱くなったり、乱れたりすることは気滞につながります。

五臓の肝には、下記の特徴があります。

  • 情緒をつかさどり、ストレスに弱い。
  • 血の循環をコントロールし、目の疲れ、筋の疲れなどで消耗する。

ストレスと肝の関係から考える

ストレス社会と言われる現代では、多くの人が肝の不調を抱えていると考えられます。

五臓の肝に対応する感情は「怒」であり、イライラしたり、ムカムカしたりといった感情がいきすぎると、肝の不調につながります。こうした感情面と臓器の不調の関係性を認めるところは、東洋医学ならではの考えです。

肝にはもともと、情緒をつかさどる働きがあります。しかし、こうした「怒」の感情で肝の働きが低下すると、情緒をコントロールする働きも低下し、悪循環に陥ります。

こうした悪循環の中、肝の疏泄の働きも低下し、気の巡りはどんどん悪くなってしまい、気滞に陥ってしまいます。

血と肝の関係から考える

ストレスだけでなく、血の問題も五臓の肝を消耗させる原因になり、結果的に気滞につながります。

五臓の肝には、血を貯蔵しておく「蔵血(ぞうけつ)」という働きがあります。また、血をどこに、どれくらい送り込むかを決めているのも肝です。そのため、血に関わる生活習慣は、肝を消耗させてしまいます。

  • 夜更かし(血は夜間に肝に戻るため)
  • 目の使いすぎ(目は血に栄養されるため)
  • 筋の疲労・消耗(筋も血に栄養されるため)
  • 月経(体内の血のバランスが変化するため)

こうした血の消耗・不調が肝の働きを低下させ、肝の疏泄作用を低下させることで、気滞につながることもあります。

スポンサーリンク

「気滞」を改善する一般的な対策

気滞を改善するためには下記の2点を意識してみてください。

  • 気を動かすサポートをする。
  • 五臓の肝の働きを整える。

体を動かすことで、気血を動かす

思い切り運動をした後、清々しい気持ちになった経験はありませんか?

滞っている気を動かすためには、やはり体を動かすのが一番手っ取り早い方法です。体の中の気血が、運動することで自然と循環します。また、運動して軽く汗をかくことで、停滞していた気が外に発散されます。「発散」する、という言葉の通り、滞っているものを動かし・発散することは重要です。

運動の他にも、カラオケなどで大声を出したり、お風呂で温まり軽く汗を流すと、体内の気を動かすサポートになります。

香り・アロマを楽しむ

アロマの香りでリラックスするのも気滞症状の改善の一つです。

特に柑橘系のアロマは、気分転換やリフレッシュの作用があります。柑橘系の酸味をイメージする香りが、五臓の肝を養うと考えられます。お部屋にお香を焚いたり、好みのアロマを取り入れたりして、気分転換のサポートにしましょう。

ただし、気滞は体内に起こる気の滞りです。香りを吸うのも大切ですが、滞っているところに新たに気(空気)を詰め込むのは、悪い印象です。深呼吸をするのも、しっかりと吐く息も意識して行い、体内の空気を入れ替えましょう。

スポンサーリンク

「気滞」を改善する東洋医学の経穴(ツボ)と食事

鍼灸治療:疏肝理気

鍼灸治療で気滞の治療をする時、「疏肝理気(そかんりき)」という治法になります。これは、「肝の機能を取り戻し、気を通しましょう」という意味です。

疎肝理気に用いる経穴(ツボ)をご紹介します。指で軽く押し込んでみたり、ペットボトル温灸などで温めたりしてみてください。

太衝(たいしょう)

足の甲にあるツボ(経穴)です。足の親指と人差し指の間を足首になぞっていくと、指が止まるところがあります。具体的には、第1中足骨と第2中足骨のぶつかるところと言います。

肝に属する重要なツボで、気や血の巡りに強く関わります。

内関(ないかん)

前腕の内側(掌側)にあるツボです。指を握ると浮き上がる筋(腱)の間を、手首のシワから指3本分あがったところにあります。

気の流れや、自律神経の調整にも使うツボです。

コンビニで手に入る気滞改善の食材

ツボの刺激や漢方などに頼らなくても、普段の食事を一工夫するだけで体を整えることができます。

香りを楽しめる飲み物

気滞には、香りの良いものが効果的とされます。

少し香りのする紅茶やコーヒーなどを試してみてください。最近コンビニでは、ジャスミンティーを始め色々な種類の紅茶も置いています。何となく自分に合う香りを見つけ、リフレッシュに活用してみてください。

柑橘類の酸味

サッパリと甘酸っぱい柑橘類の果物も、滞った気を流すのにぴったりです。果物そのものでなくても、果肉や果汁の入ったゼリーなどの食品もオススメです。

酸味の強い食材は、過度に摂取すると胃の負担になることもあります。いずれにせよ摂取量には注意が必要です。

気滞の時に控えて欲しい食事の摂り方

気が滞り、イライラ、ムカムカすると、どうしても暴飲暴食に走りたくなります。実際に、そのような患者さんは少なくありません。

ドカ食いしない

「やけ食い」と言われる、ドカ食いはオススメできません。

気が滞る気滞では、胃腸の働きも停滞気味になります。そのため、ドカ食いをするとそのまま胃腸の負担となります。消化されない飲食物が体内に停滞することで、より気滞は進んでしまいます。

イライラして、やけ食い・ドカ食いするというのはよく耳にしますが、避けて欲しいリフレッシュ法の一つです。

味の濃いものを控える

食べる量だけでなく、内容にも注意が必要です。

味の濃いものも、気滞につながるためオススメできません。イライラすると、味の濃いものを、たくさん食べたくなりますよね。できれば、そこはグッと堪えてください。そこで堪えれば、気滞の症状は軽くなり、肝の働きも良くなります。

 

おわりに

気滞の症状は、下記のような順に悪化・発症して進行していきます。

  1. イライラ、情緒の乱れ
  2. 肝の働きの低下
  3. 肝の疎泄の働きの低下
  4. 情緒がより不安定に
  5. イライラ…

イライラが次のイライラを呼ぶ、いわゆる負の連鎖的に悪化していく傾向にあります。ストレス社会といわれる今、しっかり発散して、気の流れをよくしていきましょう。

 

鍼灸指圧治療院あたしんち

コメント