【奇恒の腑】五臓六腑だけじゃない、東洋医学における内臓の考え方

奇恒の腑のイメージ 五臓六腑
東洋医学では、体の器官として五臓六腑を重視しますが、それ以外の器官についてもしっかりと働きを認めています。特に、骨・髄・脳・脈・胆・女子胞を「奇恒の腑」と言い、その性質を「腑のような形を持ち、臓のような機能を持つ」器官として分類しています。奇恒の腑一つ一つに働きがある他、五臓六腑との関係もあります。

 

東洋医学において、私たちの体は「五臓六腑」を中心に派生し、広がったものと捉えます。しかし、五臓(肝・心(心包)・脾・肺・腎)や六腑(胆・小腸・胃・大腸・膀胱・三焦)だけで、全身の器官を網羅できるわけではありません。

そうした五臓六腑とは区分けされ、特有の働きを持つ器官を東洋医学では「奇恒の腑(きこうのふ)」と言います。

スポンサーリンク

形は「腑」、機能は「臓」の奇恒の腑

東洋医学において「奇恒の腑」といわれる器官には、下記の6つがあります。

  • 骨(こつ)
  • 髄(ずい)
  • 脳(のう)
  • 脈(みゃく)
  • 胆(たん)
  • 女子胞(じょしほう)

奇恒の腑の特徴

  • 物質が通過する通路としての役割
  • それぞれが機能・精気を持つ
  • 汚濁物は通過しない(六腑の役割)

五臓六腑について考えた時、五臓には気や血、精などを生成したり、ため込む機能的な役割があります。一方、六腑にはそうした機能はなく、飲食物などが通る通路としての役割があります。

「奇恒」という言葉が指すよう、こうした臓腑の関係性とは違い、「腑のように物質が通る通路としての構造を持ちながら、臓のように機能も備えている」器官を、東洋医学では奇恒の腑と言います。

精によって生まれ、栄養される骨・髄・脳

奇恒の腑のうち、骨・髄・脳は精から生まれ、栄養されます。

  • 骨:一般的なイメージ通りです。私たちの骨格を担い、臓器の保護などの役割を持ちます。
  • 髄:一般的に「骨髄」と言われるものに近いイメージです。髄は骨の中に満たされ、全身を栄養しています。
  • 脳:脳は「髄海(ずいかい)」とも言われます。

西洋医学的に考えると、頭蓋骨から背骨(頚椎〜腰椎・仙椎)までのひとつながりで骨という通路を形成し、その中心に髄(脊髄)が伸びています。その髄(脊髄)は頭部の方に行けば、髄海(脳)とつながります。また、骨一つ一つを見ても、中心部には髄(骨髄)が含まれています。

骨・髄・脳は五臓の腎と関係が深い

骨・髄・脳はそれぞれ精から生まれ、栄養されているため、五臓の腎との関係性を重視します。

特に加齢によって起こる骨粗鬆症や認知症などは、骨・髄・脳を栄養する十分な精が不足してしまうことが原因です。五臓の腎の働きである「蔵精(ぞうせい)」が低下し、精を貯蔵しておけなくなると、こうした症状が現れます。

▶︎五臓の腎の働きや養生についてまとめた記事はこちらへ

▶︎腎精不足による症状や治療法をまとめた記事はこちらへ

おまけ:歯は「骨の余り」

東洋医学において、歯は「骨余(こつよ)」と言い、骨の延長にあるものと捉えています。そのため、歯の不調は骨の不調、つまり腎の不調だと考えます。

成長期に歯の生え変わりが遅い場合も、精の不足を疑う指標になります。また、加齢によって歯が抜け落ちてしまうのも、腎に貯蔵されている精が枯渇してきたサインです。

スポンサーリンク

血管としての役割を持つ脈

奇恒の腑の一つである脈(みゃく)は、一般的な血管のイメージ通りです。中に血を通す通路としての役割を持ちながら、その血に各器官を栄養させる働きも持つため、奇恒の腑とされています。「血脈(けつみゃく)」や「血府(けっぷ)」とも呼ばれます。

五臓の肝・心・脾と関係する脈

  • 肝:血を貯めておき、分配量をコントロールする役割
  • 心:血を循環させるポンプの役割
  • 脾:血を脈から漏らさないようにする役割

血を通す性質から、血と関係する3つの臓の役割をおさらいしました。脈の中を正常に血が流れ、各器官に届くためには五臓の肝・心・脾の正常な働きが不可欠です。

五臓の肝は「蔵血(ぞうけつ)」の働きで血をためておき、「疏泄(そせつ)」の働きでどこにどれだけの血を送りこむかをコントロールしています。心は肝のコントロール通りに、血を循環させる物理的なポンプの役割を担っています。肝・心の協調で全身を循環している血が、不要なところで漏れ出ないように、脾が「統血(とうけつ)」の働きで脈中におさめています。

▶︎「血」についてまとめた記事はこちらへ

おまけ:髪は血の余り

東洋医学において、髪は「血余(けつよ)」と言い、血の延長にあるものと捉えています。そのため、髪の乾燥やパサつき、ツヤやコシがない場合は血の不調を疑う指標になります。

スポンサーリンク

六腑の一つ胆は奇恒の腑でもある

胆は六腑の一つで、五臓の肝と表裏関係にありますが、奇恒の腑としても捉えられています。六腑の胆は胆汁を分泌する点から、単なる通路としての役割である腑とは違うとされています。

▶︎胆、六腑についてまとめた記事はこちらへ

婦人生殖器全般を指す女子胞

女子胞(じょしほう)と言われる奇恒の腑は、子宮だけでなく、卵巣や卵管など婦人生殖器の総称として捉えられています。主に子宮を指しますが、袋状の中空器官であるため形状は「腑」に近く、それでいて気血を蔵し、妊娠すれば胎児を育む機能を持つ点から「臓」にも近いと考えられ、奇恒の腑とされています。

「天癸」によって月経が起こる

女性の月経は、腎に蓄えられている精が「天癸(てんき)」という物質を生成することで起こると考えられています。そのため、女子胞も五臓の腎と強く関係する奇恒の腑です。

東洋医学においては、女性は14歳くらいで天癸が十分に満たされ、初潮を迎えるとされています。そのくらいの年齢までに精が腎にたまり、天癸を生成します。一方、加齢によって腎精が不足してくると、天癸を生成できず、月経が止まってしまう「閉経」が起こります。

五臓の肝・脾・腎と関係する女子胞

精と天癸から、五臓の腎と女子胞の関係性に触れました。他に、肝や脾の働きも女子胞と関係しています。女性は月経によって体の血のバランスが日毎に違うため、肝や脾など血に関わる臓の働きを重視します。

肝は血を貯める「蔵血」、血を送りこむ量を決定する「疏泄」の働きをつかさどります。脾は血を漏らさないようにとどめておく「統血」の働きをつかさどります。月経血の異常や、月経に伴う不調は、こうした臓の働きの低下によって、女子胞を始めとする全身の血のバランスが乱れることで起こります。

▶︎五臓の肝の働きと養生をまとめた記事はこちらへ

▶︎五臓の脾の働きと養生をまとめた記事はこちらへ

▶︎五臓の腎の働きと養生をまとめた記事はこちらへ

おまけ:男子胞はありません

「女子胞」に対応する「男子胞」というものは、東洋医学においても考えられていません。該当するとすれば、精囊などがこれにあたるのでしょうが、あくまで「中空の形状で、機能を持つ」ことが重要です。また、体への影響度としても、女子胞のように月経や妊娠などの大きな体の変化は、男性にはありません。そうした変化と、それに対する処置を考える点から、女子胞という奇恒の腑を認めるようになったと考えられます。

 

おわりに

今回は五臓六腑とはまた違う、「奇恒の腑」についてまとめました。東洋医学に触れないと知ることはない存在ですが、臓腑の働きを重視する東洋医学においては、奇恒の腑の重要度も低くありません。また、単独での働きだけでなく、五臓六腑との関係性を踏まえた上で、奇恒の腑の働きを確認することで、治療や養生の幅が広がることもあります。

 

鍼灸指圧治療院あたしんち

コメント