【気海】気の不足である気虚を改善する経穴(ツボ)の紹介

気海の詳細 361+α

今回は、【気海(きかい)】というツボについて、場所や、刺激することで期待できる効果などをまとめていきます。

気海は読んで字のごとく、気が溢れるツボで、気に関わる不調の多くを治療することができます。特に気の不足である【気虚(ききょ)】の場合、気海のツボにも力の無さが現れ、治療の指標になります。

活動力とも言える気が不足してしまうと、様々な不調につながります。気海を刺激して、気を補充できる体にしましょう。

スポンサーリンク

気海(きかい)の位置と所属経絡

気海というツボの位置や、所属する経絡について確認していきます。

気海の位置

下腹部、前正中線上、臍中央の下方1寸5分。

新版経絡経穴概論

気海は下腹部、おへその少し下にあるツボです。手の親指の幅が1寸なので、親指の幅と親指の半分の幅で1寸5分…大体で大丈夫です。

気海の所属経絡と特徴

気海は任脈に所属するツボです。任脈は体の前面の正中線上を通る経絡です。任脈は体の全ての陰を統率するため、「陰脈の海」とも呼ばれます。

  • 気の海

気海の「海」には、「戻り集まるところ」という意味があります。気海には読んで字のごとく、「気の海」としての役割があります。

特に気の不足である「気虚(ききょ)」の場合、気海のツボの辺りに力の無さが現れます。逆に、気が十分に満ちているときは、気海のあたりには張りがあります。

  • 有名ではないけど、よく使われるツボ

気海には、「足三里が腹部を治す四総穴」というようなツボとしての特徴がありません。しかし、治療においての使用頻度は高いツボです。

所属する任脈を通じての効果はもちろんありますが、経験的な治療効果が認められているツボの1つです。

スポンサーリンク

気海のツボの治療効果まとめ

気海を刺激することで期待できる効果をご紹介します。気海はお腹にあるので、押圧も温灸もしやすいツボです。下腹部にあるため、圧痛があったり、冷えやすかったりするので、温灸を特にオススメします。

気虚の改善に

気海を刺激することで、気の補充をサポートするため、気虚の症状を改善します。

気虚とは体の気が不足している状態です。気の働きを5つ確認すると、下記の通りです。

  • 推動(すいどう):動かす
  • 固摂(こせつ):固める
  • 防御:守る
  • 温煦(おんく):温める
  • 気化:変化させる

気の不足では、これらの気の働きの低下が起こります。

例えば、推動の働きが低下すれば、気血の巡りが悪くなり、滞りが生まれてしまいます。気血の巡りの停滞を「気滞(きたい)」や「血瘀(けつお)」と言い、新たな不調につながります。

固摂の働きが低下すれば、普段は留めておくことができる便や尿、鼻水などが出やすく・漏れやすくなります。頻尿などはこれにあたります。

防御の低下では風邪をひきやすくなったり、温煦の低下では冷え性や低体温になったりします。しっかり食べても栄養にならない人は、気化の働きが低下していて、飲食物を気血に変えられていないのかもしれません。

このように、気は全ての活動の源であり、気の不足は多くの病の原因となります。

▶︎気虚についての詳細は下のリンクへ

気海への刺激により、気の補充をサポートしましょう。

泌尿器・生殖器の症状に

気海は特に、所属する任脈を通して泌尿器・生殖器の不調に効果が期待できるツボです。

頻尿、尿漏れなどの不調から、男性のED(インポテンツ)などの症状を改善します。また、月経不順などの月経にまつわる不調を始めとする婦人科疾患にも効果があるため、治療に組み合わされることの多いツボです。

スポンサーリンク

気海とあわせて刺激したいツボ

気海とあわせて刺激をすることで、より治療効果が高まるツボをご紹介します。

足三里(あしさんり)

下腿前面、犢鼻と解渓を結ぶ線上、犢鼻の下方3寸。

新版経絡経穴概論

足三里はすねの骨の外側、膝のお皿の3寸下にあるツボです。胃の経絡は、すねの外側を通って足首に伸びていきます。

膝を軽く曲げた時、膝のお皿の骨の下、外側にできるくぼみに「犢鼻(とくび)」というツボがあります。足三里は、そこから3寸(指の幅4本分)下にあります。
  • 飲食物から気を作る

足三里は全身の元気に関わるツボです。足の陽明胃経に所属し、肚腹(おなか)を治療する特効穴と言われます。

足三里への刺激は、胃腸の調子を整え、飲食物の消化・吸収をサポートします。結果、飲食物から効率的に気(エネルギー)を生成できます。食欲不振で食べられない、食べても元気が出ない人は、足三里を刺激してみてください。

おわりに

今回は下腹部にある気海というツボについてまとめてみました。気は全ての活動の源です。「気の海」と書くほど、気が集まり、各所に届ける元になるツボです。

下腹部には「関元(かんげん)」という生命力をためこむツボもあります。この辺りは「丹田」とも言われ、スポーツや武術の中でも大切にされる部分です。下腹部に力をいれると、姿勢もスッキリし、気の巡りが良くなる感じがしますからね。少し意識して動くだけで、全然違いますよ。

 

鍼灸指圧治療院あたしんち

コメント