東洋医学における五臓の「腎」の働き(蔵精・主水・納気)と養生のまとめ

腎イメージ 五臓六腑
五臓の腎には、蔵精(生命力の源である精を貯蔵)・主水(泌尿器をつかさどり水分をコントロール・納気(呼吸によって得る気をおさめる)の役割があります。西洋医学的にも腎は泌尿器に分類され水分調整に働きますが、東洋医学においては生命力の貯蔵という点で特別な臓器とみなされています。腎の働きの低下により、発育の問題や老化現象が起こります。また、腎は陰陽の根本と考えられ、働きが低下することで体の寒熱のバランスが崩れることもあります。休息に加え、腎精の浪費を抑える生活を心がけましょう。

 

この記事では五臓の「腎(じん)」について、東洋医学的に認められている働きやその養生法についてまとめていきます。

「そもそも、なぜ五臓六腑が重要なの?」
東洋医学において、私たちの体を栄養し、活動力の源となるのは「気・血・水・精」といった物質です。これらの物質に過不足があったり、巡りが停滞したりすることで、不調や病が現れます。
こうした気・血・水・精を、過不足や停滞なく循環させるのが、五臓六腑の働きです。五臓六腑の働きが乱れることで、体内の気・血・水・精の状態が悪くなり、体調が崩れてしまいます。
五臓六腑も、気・血・水・精の働きを受けて動いています。そのため、一度不調になると悪循環に陥り、病が長引いたり、持病化してしまいます。それを避けるためにも、原因となる臓腑を把握することが重要だと考えられています。

腎は生命力の源であり、陰陽の源でもある、私たちの命そのものに関わる重要な臓器です。一般的な泌尿器としての腎臓だけでなく、東洋医学的な腎の側面を知り、養生を心がけましょう。

スポンサーリンク

東洋医学的な五臓の「腎」の働き

腎の働きイメージ

腎の働きは「蔵精」と「主水」、「納気」

腎には、「蔵精」・「主水」・「納気」の3つの働きがあります。東洋医学的な考えで特徴的なのは、「蔵精=生命力の貯蔵」というところです。

深呼吸をしておへその下に力を入れるのも、スポーツにおける丹田も、この腎の生命力が関わっていると言えます。

 蔵精(ぞうせい)の働き

五臓の腎の働きの一つとして、「精」を貯蔵する「蔵精」があります。ここで言う「精」は、成長や発育、生殖に関わり、生命力の源となるものです。

腎に貯蔵される精には、産まれる時に親から譲り受ける「先天の精」と、後に飲食物から得る精を「後天の精」があります。先天の精に、後天の精を補充する形で蓄積していきます。

後天の精は、自分で飲み食いをするようになり、そこから脾の働きで生成します。そのため、消化・吸収をつかさどる五臓の脾の働きも重要になり、当然ながら食べる物も重要になります。

主水(しゅすい)の働き

水分代謝を調整する役割です。これは、尿に関わる西洋医学的な腎臓の働きと近いです。

摂取した水分は脾の「運化作用」肺の「宣発作用」で全身をめぐります。そして必要ない水分が腎に集まり、尿になって排出されます。

納気(のうき)の働き

「気」を納めるという文字のまま、肺が呼吸で得る気を腎に納める役割です。納気には特に、肺の「粛降」の働きも重要になります。深い呼吸がこれに該当し、「臍下丹田に気を納める」のに、腎が強く関わります。

五臓の「腎」の働きをチェックするポイント

腎の働きイメージ

東洋医学において、五臓六腑の状態は体の各部位に現れると考えています。そのため、体のどこを見れば、どの臓器の調子が悪いのかを判断することができます。鍼灸や漢方の世界では、レントゲンなどの設備がない頃から、体内の様子を診断するためにこうした知識を活用してきました。

ここでは五臓の腎の様子をチェックできる部位を簡単に紹介します。詳しくまとめた記事がありますので、こちらもご覧ください。

▶︎五行思想から五臓の腎に関わる体の部位や感覚をまとめる

 

  • 五(六)腑:「膀胱」が表裏関係にあり、腎に対応する腑。
  • 五竅:腎は「耳」と「二陰」に開き外界とつながる。
  • 五主:腎は「骨」の働きをつかさどる。
  • 五華:腎の状態は「髪の毛」に表れる。
  • 五液:腎が作用して「唾」を作り、流す。
  • 五味:腎は「鹹」味に栄養される。
  • 五志:腎は「恐」と「驚」の感情と関係する。
スポンサーリンク

「腎」の東洋医学的な養生について

腎の働きは、加齢や過労によって低下していきます。また貯蔵されている精は、充実して余るということはありません。逆に、日々の生活で消耗していってしまうものです。

「腎精の補充 > 腎精の浪費」

上記の不等号の式を維持し続けなければなりません。では、何をしたら腎精は補充でき、何が腎精の浪費につながるのかまとめていきます。

冬の冷えに注意

腎のイメージ

「腎」は冬の厳しい寒さに弱い臓器です。冷えて症状が出る方、特に古傷が痛むという方は要注意です。また、年末の忙しさに体調を崩す方は、冷えだけでなく、過労による腎の働きの低下によって不調を招いているかもしれません。

特に冬になると膝や腰が痛くなるという人は、腎の不調が考えられます。まずは患部を温めて、腎の負担を減らしていきましょう。

性交渉の不摂生

性交渉は次世代に精を受け継ぐための行為と考えられるため、直接的に腎精を消耗してしまいます。そのため、過度な性行為は腎の働きを低下させてしまい、病気の原因になりうると考えられています。

食事での補腎を心がける

臓器に対応した色というものもあり、腎には黒が対応します。そのため、黒い食品が補腎に良いとされます。また、木の実や海産物の塩辛さも腎を養います。他にも、粘りのあるもの、温性・熱性の食べ物が良いでしょう。

  • 黒いもの:黒ごま、きくらげ、黒豆
  • 木の実:栗、くるみ、くこの実
  • 海藻、貝類:ひじき、こんぶ、牡蠣
  • 粘り:納豆、山芋、おくら
  • 温性・熱性の食べ物

甘味を控えましょう

腎の五華が髪の毛で、五主が骨だと上述しました。その項目と同様の内容ですが、甘いものを食べ過ぎると、腎の働きが弱まります。

甘味が脾に入り、栄養されることで、脾の働きが乱れます。すると、脾の腎を抑制する力が増してしまい、結果的に腎の働きが弱くなってしまいます。

深呼吸による補腎も意識

僕たちは呼吸からも「気」というエネルギーを得て、腎に貯蔵しています。何かと忙しい時期も重なる冬の季節ですが、ほっと一息ついて、少し深呼吸。それくらいの余裕があると良さそうです。

スポンサーリンク

まとめ

  • 親から譲り受ける「先天の精」を貯蔵している
  • 飲食から得る「後天の精」も蔵する
  • 腎の不調は色々な症状に絡む
  • 常に意識して補腎を
  • 甘いものを控えて
  • 冷え対策
  • 気持ちに余裕を

「肝腎(かんじん)」と言われるほど大切なものの一つ、腎。東洋医学の世界では、アンチエイジングにも重要な臓器の一つだと考えられています。

いつまでも生き生きと、元気でいられるよう、腎を養ってあげましょう。

▶︎五臓の腎の病証と治療法のまとめはこちらへ

 

鍼灸指圧治療院あたしんち

コメント