東洋医学における五臓の腎の働き「蔵精」「主水」「納気」についてまとめる

腎の働きについて 五臓六腑

この記事では、東洋医学における五臓の腎の働きについてまとめます。

五臓の腎の働きには、「蔵精(ぞうせい)」「主水(しゅすい)」、「納気(のうき)」の3つがあります。わかりやすいのは主水で、これは水をつかさどる働き、つまり尿などで水分調整をする働きを指します。蔵精や納気は東洋医学に特有の考えで、生命力の源を貯蔵しておく蔵精の働き、呼吸によって得る気を腎におさめる納気の働きが、五臓の腎の働きとして考えられています。

スポンサーリンク

東洋医学における五臓の腎の働き

蔵精(ぞうせい)の働き

五臓の腎の働きの一つとして、「精」を貯蔵する「蔵精」があります。ここで言う「精」とは、成長や発育、生殖に関わり、生命力の源となるものです。

腎に貯蔵される精には、産まれる時に親から譲り受ける「先天の精」と、後に飲食物から得る精を「後天の精」があります。先天の精に、後天の精を補充する形で蓄積していきます。それを、気や血にかえることで、私たちの活動は成り立ちます。

蔵精の働きの低下によって起こる腎精不足

腎の蔵精の働きが低下することで、精を貯蔵することができなくなります。この状態を、「腎精不足(じんせいぶそく)」といいます。

生命力の源である精を貯蔵しておくことができないため、発育不良や老化現象と言われる症状が現れます。

主水(しゅすい)の働き

五臓の腎には水分代謝を調整する働きもあり、これを主水と言います。水分を尿として排泄する、西洋医学的な腎臓の働きと同様の働きです。尿漏れや尿閉など、泌尿器の不調がある場合、腎の主水の働きが低下しています。

東洋医学において、体内の水分に関わる臓は脾・肺・腎の3つがあります。

  • 脾:運化による水分運搬。
  • 肺:昇清や粛降による水分の発散、運搬。
  • 腎:主水によって水分を尿として排泄。

納気(のうき)の働き

腎には精を貯蔵する働きのほか、呼吸によって得る気をおさめる「納気」という働きもあります。深呼吸のような深い呼吸に関わり、納気の働きが低下すると、呼吸が浅くなり、咳や喘息などの症状が現れます。

一般的に、胸式呼吸では交感神経が、腹式呼吸では副交感神経が優位になると言われています。呼吸を深く、おへその下の丹田(たんでん)の辺りまでおろす意識で行う腹式呼吸は、腎に気をおさめる納気の働きをサポートすることができます。

スポンサーリンク

おわりに

今回は、東洋医学における五臓の腎の働きについてまとめました。腎には生命力の源である精を貯蔵する「蔵精」の働き、水を排泄する「主水」の働き、呼吸による気をおさめる「納気」の働きがあります。

特に、生命力の源である精の貯蔵、という点は、東洋医学の特有の考えです。「アンチエイジングに効果的」と言われ親しまれ始めた腎ですが、より根本的な、生命に関わる働きを求め、鍼灸治療などを行うことが多くあります。

 

鍼灸指圧治療院あたしんち

コメント