五行思想から五臓の腎に関わる体の部位や感覚をまとめる

骨イメージ 五臓六腑

東洋医学における、五臓の腎と関係する部位や感覚などを五行思想をもとにまとめます。

東洋医学において、あらゆる事象は木・火・土・金・水の5つの元素から成り立つと考えます。これを、五行思想と言います。

私たちの体に当てはめて考えると、まず五臓(肝・心・脾・肺・腎)があり、その五臓が対応する六腑や他の器官があります。こうして体の部位や感覚の対応を知ることで、体の外から内面の状態を知り、鍼灸治療や漢方治療に役立てています。

スポンサーリンク

五行をもとに考える五臓の腎と関わる体の部位や感覚

まず、五臓の腎は五行では「水」に属します。これから紹介する体の部位も、全て「水」の性質を持ちます。

五行式体表の「水」
五腑 五竅 五主 五華 五液 五味 五志
膀胱  耳・二陰  唾  鹹  恐・驚

【五腑は膀胱】腎と表裏関係にある腑

五臓の腎に対応する六腑は膀胱です。そのため、「五行における腎の五腑は膀胱」、「腎と膀胱は表裏関係にある」と言います。

腎と膀胱の関係については、一般的な「泌尿器」としてのくくりからも理解しやすいです。

【五竅は耳・二陰】腎の開く穴

東洋医学において、五臓の状態が表れる竅(あな)を「五竅(ごきょう)」と言います。

腎の五竅は「耳」と「二陰」です。

耳が遠くなり聞こえが悪くなったり、耳鳴りがあったりする場合は腎の働きの低下のサインです。

「二陰」とは尿道と肛門を表します。乳幼児がおもらしをするのは、腎の働きが未発達なために二陰をコントロールすることができないからです。また、年をとってから尿・便失禁をするのは、加齢によって腎の働きが弱まり、二陰をコントロールする力がなくなるからです。

【五主は骨】腎のつかさどる部位

五臓の腎は「骨」をつかさどります。

腎には生命力の源である「精」が貯蔵されています。精は「髄」となり、骨の中に溜め込まれ、骨を栄養しています。西洋医学的な「骨髄」と似ていますが、厳密には少し違うものです。

骨の中にある髄は背骨を通り、脳に至るまで満たされています。そのため、脳を「髄海」と言います。

年齢を重ねて骨が弱くなるのも、記憶力が低下するのも、こうした精・髄の関係からきています。

【五華は髪】腎の働きを知る部位

「五華(ごか)」も五臓の働きが表れる指標の一つです。

腎の五華は「髪の毛」です。髪の毛が年齢にそぐわず薄かったり、白かったりする場合、腎の働きが低下しています。

東洋医学では髪の毛を「血余(けつよ)」と言い、血の余りでできているものと考えます。また、体内の熱の状況で髪の毛が薄くなることもあり、単純に五臓の腎だけの不調で変化するわけではありません。あくまで、指標の一つです。

【五液は唾】腎のつかさどる体液

五臓に対応する体液を「五液(ごえき)」と言います。

腎の五液は「唾(つば)」です。唾は歯の乾燥を防ぎ、虫歯や歯周病などを防いでいます。東洋医学では歯を「骨余(こつよ)」と呼び、骨の余りでできているものと考えます。腎の五主である骨の、余りで出来ている歯を、守るために五液の唾があります。

腎の五液は唾(つば)、脾の五液が涎(よだれ)です。どちらも似ていますが、あえて違いを挙げると下記のように考えられます。

  • 唾は歯の乾燥を防ぐ腎の液(歯の状態も腎がつかさどる)。
  • 涎は消化を助ける脾の液。

【五味は鹹】腎を養う味

五臓を養う味覚を「五味(ごみ)」と言います。

腎の五味は「鹹(しおからい)」です。海産物の塩気や、味噌などの発酵食品がこれにあたります。一般的な調味料としての「塩」は、過剰にとれば腎やその他の臓器を消耗してしまいます。海産物や発酵食品の自然な塩辛さが「鹹味」に近く、貝類、こんぶやわかめなどの海藻類や味噌などがこれにあたります。

【五志は恐・驚】腎の関わる感情

五臓に対応する感情を「五志」と言います。

腎の五志は「恐」と「驚」です。「恐くておしっこをちびってしまった」、「驚いておしっこをちびってしまった」というのは、五臓の腎と恐・驚の感情の関係からきます。また、「緊張してトイレが近くなる」場合の「緊張」には「恐」が混ざっているため、腎の働きが乱れトイレが近くなると考えられます。

おわりに

五臓の腎に対応する体の部位や感覚を五行思想をもとにまとめました。

これらの指標の状態や変化をもとに、五臓の状態を外から確認し、治療の方針を立てていきます。もちろん、セルフチェックなどにも有効です。自分の体を細く観察し、日々の変化を確認してみましょう。

 

鍼灸指圧治療院あたしんち

コメント