【血瘀・瘀血】体質の場合に注意すべき生活習慣や対策

血瘀・瘀血の生活習慣 予防・未病治

今回は、【血瘀・瘀血】体質の人が注意するべき生活習慣についてまとめます。

東洋医学において、血の流れが悪く停滞している状態を「血瘀(けつお)」や「瘀血(おけつ)」と言います。顔色が悪かったり、部分的な冷えがあったりするなどの症状が現れます。

血の流れは、気の働きや血の量など、様々な要因によって変化します。しかし、血瘀や瘀血を改善することで、他の気血の不調が改善することもあります。血の循環をサポートするような生活習慣を心がけることで、気血の巡りの良い体を目指しましょう。

スポンサーリンク

血瘀・瘀血体質のチェックリスト

血瘀・瘀血のチェックリストは下記の通りです。

  • 刺すように痛む(刺痛)
  • 同じ部位がずっと痛む(固定痛)
  • 夜間に痛むことが多い(夜間痛)
  • 揉まれたくない(拒按)
  • 血の色が悪い(紫暗)・血塊
  • 肌の色が青紫色

これらは血瘀・瘀血の症状の中でも基本的なものです。こうした症状をベースとして、血の巡りの悪化は様々な症状につながります。

  • 生理痛
  • 頭痛
  • 顔色が悪い、唇の色が悪い
  • 手足末端の冷え

血が滞ることによって、独特の痛みが起こったり、組織の栄養不足が起こったりします。血瘀の場合、血の不足である血虚(けっきょ)を伴うこともあれば、気の不足である気虚(ききょ)を伴うこともあります。新鮮な血が不足しているために、血の巡りが悪くなることもあれば、気が不足しているために、血を循環させるエネルギーが足りないこともあるからです。

スポンサーリンク

血瘀・瘀血体質の場合に注意すべき生活習慣

体質的に血瘀や瘀血の状態が続く場合に、注意するべき生活習慣や対策をまとめます。簡潔にまとめると下記の通りです。

  • 体の寒熱状態を整える
  • 適度な運動で循環を助ける
  • 入浴時の水圧で循環を助ける
  • 他の気血の病証に注意する

それぞれ細かくみていきましょう。

体の冷え・熱に注意する

血の巡りは、体が冷えすぎても、熱くなりすぎても悪化してしまい、血瘀・瘀血の原因となってしまいます。それぞれの季節に応じて、体の寒熱の状態には特に注意をしましょう。

冷えは、凝集性・凝滞性の性質があり、血の循環を悪化させます。冬の寒い時季に手足末端が冷えると、循環が悪化してしまうのはこのためです。また、そうした循環の悪化はさらに冷えを進行させてしまい、悪循環に陥ります。

熱は血を粘らせてしまい、循環を悪化させます。これは、血に含まれる水分が熱によって発散されてしまい、血の濃度が上がることで循環が悪くなるためです。水分摂取の不足や発汗過多によって血がドロドロになるのは、こうした背景からも納得できます。

適度な運動を心がける

物理的な働きで血を循環させているのは、五臓の心です。心がポンプのように動くことで、血を隅々まで循環させています。運動をすることで手足の筋肉が収縮すると、その収縮がポンプのサポートとなり血の循環を助けます。

ウォーキングやジョギングのような全身運動がオススメですが、時間も場所もない時には手首や足首、指先を動かすだけでも、血の循環を促す運動になります。

長風呂にならない程度の入浴もオススメ

お風呂に浸かることで、全身に適度な水圧がかかり、循環を助ける役割があります。また、体を温めることで、冷えによる血瘀や瘀血を改善することもできます。

注意点として、入浴によって汗をかきすぎると、水分が不足して血の循環が悪くなってしまいます。お風呂の水温や入浴時間を調整し、入浴後にしっかりと水分をとりましょう。

他の気血の病証が原因になることも

血の停滞である血瘀・瘀血は、気の働き、血の量などにも影響されて起こります。それぞれ確認し、体質に合わせて生活習慣を見直しましょう。

気虚による血瘀・瘀血

気の不足である「気虚(ききょ)」は血瘀や瘀血の原因の一つです。

血は気の働きを受けて生成され、循環しています。脈(血管)の中にある血を押し流すのは、気の推動(すいどう)という働きによって成り立ちます。気虚によって推動がうまく働かないと、血を押し流すことができず、血瘀や瘀血につながります。

疲れやすい、やる気が起きないなど、気虚の状態に該当する症状がある場合、血瘀や瘀血の改善のために、まずは気虚の改善が必要です。

気滞による血瘀・瘀血

気の停滞である「気滞(きたい)」も血瘀や瘀血の原因の一つです。

気滞の状態では、気の巡りが悪いことによって、血の巡りも悪化してしまいます。先述した通り、血の巡りは気の巡りを受けて成り立ちます。他にも、血をどこに・どれだけの量送り届けるかを決めているのは五臓の肝です。気滞の状態の多くは、肝の疏泄(そせつ)という気血の巡りを整える働きが低下することで起こります。

情緒が不安定だったり、げっぷやおならが多い体質の場合には、気滞の状態を改善することで血瘀や瘀血を改善することができます。

血虚による血瘀・瘀血

血の不足である血虚では、血の量が足りないことで血瘀や瘀血につながる場合があります。

血を送り届けようとしても、そもそもの血の総量が足りていないため、血の循環は悪化してしまいます。結果、血瘀や瘀血につながります。貧血傾向にあり、めまいや立ちくらみがある場合には、まず血を補って血虚を改善することが大切です。新鮮な血が不足している状態では、血瘀や瘀血が起きている部位に新鮮な血を送り届けることができません。

おわりに

今回は血瘀・瘀血の状態の場合に注意したい生活習慣についてまとめました。血瘀や瘀血は血の巡りが悪くなることで起こります。極端な冷えや熱は特に血瘀・瘀血を悪化させてしまいます。適度な運動や入浴によって血の循環をサポートしましょう。また、血瘀・瘀血の場合には根底に気血の他の不調がある場合もあります。気虚、気滞、血虚など、自分の体質と照らし合わせ、そうした病証を改善することで血瘀・瘀血が改善することもあります。

気血の巡りの良い体を目指して生活習慣を見直していきましょう。

 

鍼灸指圧治療院あたしんち

コメント