腱鞘炎の症状と原因、予防法や治療方法のまとめ

スポンサーリンク

 腱鞘炎は、多くは手の使い過ぎによって、指や手首の関節に痛みや動きの悪さが生じる疾患です。指を動かす筋肉は、腱となって骨に付着しています。この腱の通るトンネルを、腱鞘と言います。手や指の使いすぎによって腱と腱鞘の間で摩擦が起こると、炎症を起こし、痛みや腫れにつながり、腱鞘炎となります。
 ばね指、親指に起こるドゥケルバン病なども腱鞘炎の一種と言われ、どれも同様に手の使いすぎが原因で起こります。また、最近の研究では腱鞘炎の原因の一つに女性ホルモンの影響が考えられています。
 腱鞘炎の対策としては、炎症や痛みが落ち着くまでは安静が第一。どうしても動かなければならない場合には、サポーターなどで保護をした上で、負担を少なくする工夫が必要です。直接の原因となる腱鞘を切開する外科的処置(手術)もありますが、多くの場合は保存的療法が選ばれます。

スポンサーリンク

腱鞘炎とは?症状や原因を確認

 腱鞘炎では指先や指の付け根、手首のあたりまで痛みが広がることがあります。主に動かした時の痛み(運動痛)が中心ですが、進行すると安静時にも痛む場合もあります。
 指に起こる腱鞘炎が進行すると、指を動かした時に痛みが強まり、動きがぎこちなく「カクン」とひっかかる「ばね指」と言われる疾患になります。親指に起こりやすい腱鞘炎である「ドゥケルバン病」も腱鞘炎の一種と考えられます。
 一般的に、お仕事やスポーツ、家事などで手に頻繁に負荷がかかる人が発症する疾患です。また、女性の発症が多いことから、ホルモンバランスの影響も一因と考えられています。特に産前産後や更年期の頃などホルモンバランスが大きく変化する時期に発症リスクが高い傾向にあります。

起こる部位によって名前が変わる腱鞘炎

ばね指(弾発指)

 ばね指は、手の指を曲げ伸ばしする際に「ひっかかり」のような抵抗感があり、それ以上に動かそうとするとばねのように急に伸びる/曲がるように動く症状が特徴的な疾患です。進行すると、反対側の手で曲げ伸ばしを手伝わないと動かなくなり、無理に動かそうとすると痛みが強く出るようになります。
 指の曲げ伸ばしをする腱と、腱をおさえる靭帯性腱鞘の間で炎症が起こり発症します。

ドゥケルバン病

 ドゥケルバン病は、親指や親指の付け根、手首のあたりに痛み、腫れが起こる疾患です。親指を動かす短母指伸筋と長母指外転筋の腱が、これらの腱のトンネルとなる腱鞘と摩擦することが原因で起こります。
 一昔前、ドゥケルバン病はハサミを使う美容師の職業病と言われていました。最近ではスマートフォンの長時間使用でも起こることから、「テキストサム損傷(text thumb injury)」と呼称されることもあります。

腱鞘炎の予防

 腱鞘炎の発症の多くは、指や手首の使いすぎ・過負荷が原因であり、特に単一方向への運動を、繰り返し行うことで起こるケースが多い傾向にあります。 パソコンのキーボード入力、毎日の家事など、同じ動作を長く繰り返すと発症リスクが高くなります。
 手の使いすぎを避け、休める時間を作るのが第一の予防になります。痛みのない範囲でストレッチを行うことで、筋肉や腱にかかる偏った負荷を軽減することも期待できます。

腱鞘炎の初期症状をチェック

 指や手首に痛み、腫れなどがある場合、まずはしっかりと患部を休めることを意識しましょう。熱感などがあり炎症が起こっている場合には、アイシングをして冷やすのも効果的です。
 腱鞘炎のセルフチェックをする方法は下記の通りです。

ばね指のセルフチェック

 初期段階では、指を動かす際に、指先や掌でひっかかる感覚があります。次第に、ひっかかりが強くなっていき、それ以上動かそうとすると弾けるように急に曲がったり、伸びたりするばね現象が起こります。

ドゥケルバン病のセルフチェック

 手首の親指側に痛みや腫れがあり、親指と一緒に手首を小指側に曲げる。(フィンケルシュタインテスト変法)

フィンケルシュタインテスト変法
フィンケルシュタインテスト変法

親指を小指の方に牽引する。(フィンケルシュタインテスト)

フィンケルシュタインテスト
フィンケルシュタインテスト

痛みが強くなるようであれば、ドゥケルバン病の疑いがあります。

腱鞘炎の治療

整形外科における治療

 痛みが強い場合や、数週間程度長引く場合は、整形外科を受診しましょう。
 腱鞘炎の場合、多くは保存的療法で経過観察になります。必要に応じて固定などを行い局所を安静にすること、痛み止めや炎症を抑える薬や、場合によっては腱鞘内にステロイド注射を行います。
 重度の腱鞘炎の場合、外科的処置として腱鞘を切開する場合もあります。

ツボ刺激(鍼灸治療)

 腱鞘炎に対する鍼灸治療では、まず痛みや炎症の強い部分にお灸をすることが多くあります。お灸による熱刺激で鎮痛や、炎症を抑える効果を期待して行います。
 特にばね指では、腱がひっかかりを起こしている部位にお灸をすることで、腱と腱鞘の動きがスムーズになるケースがあります。

ホルモンバランスを整えるサプリメント【エクオール】

 腱鞘炎は女性ホルモンのバランスが乱れることで起こるという研究もあります。女性でも特に産前産後や更年期など、ホルモンバランスが大きく変化する時期に腱鞘炎を起こすケースが多くあります。
 女性ホルモンであるエストロゲンと似た働きを持つエクオールという成分を摂ることによって、ホルモンバランスを整え、腱鞘炎を改善することが期待できます。

手首や指のストレッチ

 手首を動かす前腕の筋群や、指を動かす筋肉をストレッチしましょう。ばね指など動かすことで痛みが強い場合や、可動域が低下している場合には、無理やり伸ばさないよう注意が必要です。「ストレッチされて気持ち良い」という程度に伸ばすよう心がけましょう。

コメント