【血海】血の補充を促して貧血を改善する経穴(ツボ)の紹介

血海の詳細イメージ 361+α

今回は、【血海(けっかい)】というツボについて、場所や、刺激することで期待できる効果などをまとめていきます。

血海は「血の海」と読んで字のごとく、血に関わる重要なツボです。月経で毎月必ず出血を強いられる女性には、特に不可欠なツボで、血を補う働きがあります。

血海の位置や働き、刺激のタイミングなどをまとめていきます。

スポンサーリンク

血海(けっかい)の位置と所属経絡

血海というツボの位置や、所属している経絡についてご紹介します。

血海の位置

大腿前内側、内側広筋隆起部、膝蓋骨底内端の上方2寸。

新版経絡経穴概論

血海は膝の少し上、太ももの内側にあるツボです。膝を伸ばした時に、膝上の内側にできる筋肉の隆起が内側広筋です。

膝のお皿の上2寸とありますが、内側広筋の盛り上がりが一番高いところを血海として用いることが多くあります。

2寸は手の指の幅3本分の長さです。

血海の所属経絡と特徴

血海は足の太陰脾経に所属するツボです。足の太陰脾経は足の内側をのぼっていき、腹部まで伸びる経絡です。

  • 血の特効穴

血海の「海」には、「戻り集まるところ」という意味があります。血海を刺激することで、血を集めて脾に戻す働きがあることから、この名前がついたと言われます。

  • 脾の統血の働き

脾には臓の働きとして、血を漏らさないようにとどめておく「統血(とうけつ)」というはたらきがあります。

統血の働きが乱れると、女性の不正性器出血や月経血の異常、内出血をしやすくなるなどの不調が現れます。

スポンサーリンク

血海のツボの治療効果まとめ

血海を刺激することで期待できる効果をご紹介します。血海は太ももの前側にあるので、温灸も押圧もしやすいツボです。

冷えに弱い脾経のツボなので、温灸刺激をオススメします。道具がなければ、冷やさないようにして優しく押圧しましょう。

婦人科疾患に

血海は婦人科疾患の特効穴の1つです。特に、血に関わる症状に対する効果を期待できます。

  • 月経後の貧血症状

女性は月経による出血があるため、月ごと・日ごとに体の血液バランスが異なります。

特に月経中・後には貧血状態になりやすく、血の補充が不可欠です。めまいや立ちくらみなどの貧血症状がある場合、血海を刺激しましょう。

  • 過多月経・無月経(経血量の異常)

月経時の経血量が多くても、少なくても、血海のツボは有効です。

月経血が多い過多月経の場合、出ていく血量が多いため、しっかりと血の補充をする必要があります。

反対に月経血が少ない、もしくは月経がない無月経の場合、月経サイクルに合わせて血を貯蔵できていない恐れがあります。しっかりとした周期に、一定量の経血を出すためには、体全体でみて血量が十分である必要があります。

経血の量の多少に関わらず、血海を刺激することをオススメします。

  • 血海刺激のタイミングは?

血海は血を補充する「補血(ほけつ)」の効果が高いツボです。そのため、月経期間の終わり頃から月経後に血海を刺激し、血を補充するようにアドバイスをすることが多いです。

しかし、元々の血が少ないことで起こる月経血の少なさや無月経の場合、日頃から血海を刺激して血を補充しておくと良いでしょう。

血流の改善・内出血予防に

血海は女性の月経にまつわる用い方が有名ですが、一般的な血流改善や内出血の予防にもオススメのツボです。

血の停滞である「血瘀(けつお)」の状態では、顔色や爪の色が青紫色になります。血は循環することで栄養や酸素、いわゆる気と呼ばれるものも運びます。血が停滞しているところには、うまくそれらが届かなくなってしまいます。

血海への刺激は、そうした滞りのある部分の血を一旦集め、所属する臓である脾に送り届けます。すると、脾が再びその血を送り出し、循環が改善されると考えられます。

飲食からの血の生成を高める

臓としての脾の働きには、飲食物の消化・吸収、そして栄養となるもの(水穀の精微)の運搬があります。

血海を刺激することで、消化・吸収の働きが向上すれば、飲食物から余すことなく血を補うことができます。しっかりと食事をとり、その食事を栄養に変えるために、脾の働きを整えましょう。

スポンサーリンク

血海とあわせて刺激したいツボ

血の補充をサポートする血海とあわせて刺激することで、より効果的なツボをご紹介します。

太衝(たいしょう)

足背、第1・第2中足骨間、中足骨底接合部遠位の陥凹部、足背動脈拍動部。

新版経絡経穴概論

太衝は足の甲にあるツボです。足の親指と示指の間をなぞっていき、指が止まるところにあります。軽く触れると拍動(足背動脈)が感じられます。

  • 気血の巡りに関わる

太衝は肝に属するツボです。太衝を刺激することで、肝に働きかけ、気血の巡りを改善します。

また、血は気の働きを受けて生成され、流れています。気の不足や気の巡りが悪いと、うまく血を補充することができなくなります。

太衝を刺激して、気の働きを整え、血を補充しやすくしましょう。

気血の巡りをつかさどる働きを「疏泄(そせつ)」と言います。
  • 血を貯蔵する臓

肝の働きの1つに、「蔵血(ぞうけつ)」があります。これは、血をためておく働きです。

血海を刺激して血を増やそうとしても、肝の働きが低いとうまく血をためることができません。

太衝を刺激して、血を効率的に補充できるようにしましょう。

おわりに

今回は血海というツボについてまとめてみました。婦人科疾患の特効穴の1つである血海は、読んで字のごとく血を補充する働きのあるツボです。

男性にはうかがい知ることのできない、月経などによる不調があります。月単位、日単位で血の量が大きく変化するため、精神面を始め全身に様々な不調が現れるのは当然のことです。

血海のツボが、少しでもお力になれるよう願います。

 

鍼灸指圧治療院あたしんち

コメント