肩関節の仕組みや理想の動きである肩甲上腕リズムについてまとめる

肩イメージ 肩・上肢

この記事では、「肩」という関節について少し詳しくまとめていきます。

「肩甲骨はがし」についてまとめた記事で、肩甲骨の仕組みに軽く触れました。ここでは、さらに踏み込んで「肩」という関節構造を通して、肩甲骨がどのように肩の動きに関わるかをみていきます。

いわゆる肩の関節は、いくつかの細かい関節があることで成り立っています。その細かい関節のおかげで、腕を大きく回したり、肩甲骨が自由に動いたりします。そうした肩甲骨と腕の骨の理想的な動きについても紹介していきます。

スポンサーリンク

肩には複数の関節がある

「肩がこる」や「肩の動きが悪い」という「肩」も、細かく見ればいくつかの関節から成り立っています。

肩甲上腕(けんこうじょうわん)関節

肩甲上腕関節は、肩甲骨と上腕骨が構成する関節です。一般的にはこの肩甲上腕関節を肩関節と呼んでいます。

肩甲上腕関節

具体的には、肩甲骨の関節窩と、上腕骨の上腕骨頭が構成する関節になります。

肩鎖(けんさ)関節

肩鎖関節は、肩甲骨と鎖骨が構成する関節です。

肩鎖関節

具体的には、肩甲骨の肩峰(けんぽう)と、鎖骨が構成する関節になります。

胸鎖(きょうさ)関節

胸鎖関節は、胸骨と鎖骨が構成する関節です。

胸鎖関節

具体的には、鎖骨と胸骨の胸骨柄、鎖骨切痕が構成する関節になります。

肩甲胸郭(けんこうきょうかく)関節

肩甲胸郭関節は、肩甲骨と「胸郭」が構成する関節です。「胸郭」とは肋骨や胸骨が形成する体幹部の「郭(かこい)」を言います。肩甲骨は特に肋骨と広く関節しています。

肩甲胸郭関節

肩甲胸郭関節は、関節構造に特徴的な、関節を保護する靱帯や滑液包を持たない関節です。そのため、肩甲骨の自由な動きが可能になり、腕を大きく動かすことができます。

スポンサーリンク

【肩甲上腕リズム】肩関節の理想の動きを知る

「肩を動かす」、「腕を動かす」時には、腕の骨(上腕骨)だけが動くわけではありません。本来は、上述した肩を構成する関節の全てが滑らかに動くことで、腕の動きが生まれます。そのため、肩甲骨や鎖骨の動きも重要です。

肩甲骨:上腕骨=1:2

肩甲上腕リズムイラスト

肩甲骨と上腕骨が連動して動くことを、「肩甲上腕リズム」と言います。

  • 腕を横に90度挙げた時は、肩甲骨30度+上腕骨60度。
  • 真上にあげたときは、肩甲骨60度+上腕骨120度。

上記のように、肩甲骨の動きと腕の動きは[1:2]のバランスが理想的とされます。

例えば、こりや筋緊張によって肩甲骨の動きが低下しているとします。腕を90度挙げようとしたところ、肩甲骨が20度分しか動かないと、残りの70度を上腕骨が動くことになります。こうした少しずつの負担が、肩周囲の痛みにつながることがあります。

鎖骨もあわせて動いている

長崎大学医学部整形外科の宮本他による『上肢挙上時における鎖骨の動き』にて、上肢の運動と鎖骨の動きについて下記のように結論しています。

鎖骨は上肢最大挙上位までに50度回旋し、25度外転した。また回旋することにより上肢最大挙上時には肩鎖関節面で鎖骨の遠位端は上方を向き、肩甲骨との運動範囲の差を補っていた。

上肢挙上時の鎖骨の動き』宮本俊之・伊藤信之・衛藤正雄・朝長匡・原寛徳・M.E.Rabbi・大渡伸

論文では、鎖骨の動きをレントゲンを用いて確認しています。このことからも、肩の運動には肩甲骨の理想の動きである「肩甲上腕リズム」に加え、鎖骨の運動も重要だと言えます。

おわりに

肩関節の構造は細かく、肩甲上腕関節・肩鎖関節・胸鎖関節・肩甲胸郭関節があります。「腕を挙げる」という一つの動きでも、こうしたいくつもの関節の運動のもと成り立ちます。特に肩甲骨は注目されるようになりましたが、鎖骨の動きも重要なことがわかります。

 

鍼灸指圧治療院あたしんち

コメント