足の厥陰肝経に所属する経穴(ツボ)と場所のまとめ

肝経のツボトップ 経穴(ツボ)

「経絡」と言われるものの一つである、【足の厥陰肝経(けついんかんけい)】についてまとめます。

スポンサーリンク

足の厥陰肝経の特徴

流注概要

足の厥陰肝経は、足の少陽胆経の脈気を受けて足の第1指外側端に起こり、足背、内果の前、下腿前内側を上り、脾経と交わり、膝窩内側、大腿内側に沿って、陰毛の中に入り、生殖器をめぐって下腿に至り、側腹部を経て、胃をはさんで肝に属し、胆を絡う。さらに、横隔膜を貫き季肋に広がり、食道・気管、喉頭、目系(眼球、視神経)につらなり、額に出て、頭頂部[百会]で督脈と交わる。
目系から分かれた支脈は、頬の裏に下り唇の内側をめぐる。肝から分かれた支脈は、横隔膜を貫いて肺を通って、中焦に至り、手の太陰肺経とつながる。

足の厥陰肝経は足の親指の先から始まり、下肢を上り、鼠径部を通って胸のあたりまで伸びる経絡です。

肝経は正経十二経脈に属します。経脈は中焦(ちゅうしょう)という体の中心から起こり、五(六)臓六腑の正経十二経脈が体を循環するように連絡し合い、最後は再び中焦に戻ります。

経穴数

14穴。

英名

“Liver Meridian”。

大敦のツボをLR1とし、期門(LR14)まであります。

スポンサーリンク

足の厥陰肝経に所属する経穴(ツボ)一覧

肝経に所属する経穴(ツボ)と、その使用感(私個人の)についてまとめます。

肝経のツボ足

大敦(だいとん)

足の第1指、末節骨外側、爪甲角の近位外方1分、爪甲外側縁の垂線と爪甲基底部の水平線との交点。

行間(こうかん)

足背、第1・第2指間、みずかきの近位、赤白肉際。

行間のツボは、熱を持ちやすい五臓の肝の熱を冷ます効果の高いツボです。

太衝(たいしょう)

足背、第1・第2中足骨間、中足骨底接合部遠位の陥凹部、足背動脈拍動部。

太衝のツボは、五臓の肝の働きを整え、気血の巡りを改善する特効穴です。

中封(ちゅうほう)

足関節前内側、前脛骨筋腱内側の陥凹部、内果尖の前方。

蠡溝(れいこう)

下腿前内側、脛骨内側面の中央、内果尖の上方5寸。

中都(ちゅうと)

下腿前内側、脛骨内側面の中央、内果尖の上方7寸。

膝関(しつかん)

下腿脛骨面、脛骨内側顆の下方、陰陵泉の後方1寸。

曲泉(きょくせん)

膝内側、半腱・半膜様筋腱内側の陥凹部、膝窩横紋の内側端。

肝経のツボ大腿

陰包(いんぽう)

大腿部内側、薄筋と縫工筋の間、膝蓋骨底の上方4寸。

足五里(あしごり)

大腿部内側、気衝の下方3寸、動脈拍動部。

陰廉(いんれん)

大腿部内側、気衝の下方2寸。

急脈(きゅうみゃく)

鼡径部、恥骨結合上縁と同じ高さ、前正中線の外方2寸5分。

肝経のツボ体幹

章門(しょうもん)

側腹部、第11肋骨端下縁。

期門(きもん)

前胸部、第6肋間、前正中線の外方4寸。

 

 

参考:新版経絡経穴概論

鍼灸指圧治療院あたしんち

コメント