【関元】「丹田」の位置にある気や生命力をためこむ経穴(ツボ)の紹介

関元のツボの詳細 361+α

今回は、【関元(かんげん)】というツボについて、場所や、刺激することで期待できる効果などをまとめていきます。

関元というと馴染みがあまりないかもしれませんが、場所としてはおへその下の「丹田(たんでん)」の位置にあります。丹田というと、武術やスポーツ、呼吸法などで聞いたことがある人が多いと思います。

そうした丹田としての役割と、関元というツボの特徴とを合わせてご紹介していきます。

スポンサーリンク

関元(かんげん)の位置や所属経絡

関元というツボの位置や、所属している経絡についてご紹介します。

関元の位置

下腹部、前正中線上、臍中央の下方3寸。

新版経絡経穴概論

関元は下腹部の正中線上、おへその下3寸のところにあるツボです。

3寸は指4本分の幅です。おへそから指4本分下に関元があります。

関元の所属経絡と特徴

関元は任脈に属するツボです。任脈は体の前面の正中線上を通る経絡です。任脈は体の全ての陰を統率するため、「陰脈の海」とも呼ばれます。

  • 小腸の募穴

関元は六腑の1つである小腸の募穴です。そのため、消化器に関する不調が現れたり、その不調を治療するためのツボになったりします。

募穴とは、臓腑の経気が集まる重要なツボを指します。五臓六腑がそれぞれの募穴を持ちます。
  • 3つの陰経が交わる

関元というツボでは、足先から始まる厥陰肝経・太陰脾経、足裏から始まる少陰腎経の三つの経絡が交わります。そのため関元への刺激によって、肝・脾・腎の三つの臓に働きかけることができます。

肝は気血の巡りに、脾は消化吸収に、腎は精(生命力)の貯蔵に、それぞれ重要な臓器です。
経絡が交わるツボとして、三陰交についてもまとめた記事があります。いくつかのツボには、経絡の交わる「交会穴(こうえけつ)」としての特徴もあります。
  • 丹田としての役割

「臍下丹田(さいかたんでん)」というと、この関元の位置を指します。

生命力の源である「精」が、活動力である「気」に変化して出るのが関元(丹田)です。こうした気・元気の関所としての特徴から、「関元」と名付けられたとも言われます。

スポンサーリンク

関元のツボの治療効果まとめ

関元を刺激することで期待できる治療効果をまとめます。関元はお腹のツボなので、温灸もしやすく、温熱刺激による効果も高いツボです。

消化器の不調に

小腸経の募穴であり、腹部にある関元は、消化器症状を改善するツボです。消化不良や、冷えからくる腹痛・下痢などは、関元を中心に下腹部を温めてみてください。

泌尿器・生殖器の不調に

関元の所属する任脈は、泌尿器や生殖器との関係もある経絡です。その中でも関元は、生命力の源である精や気と関係が深いツボで、不妊治療の際に用いることも多いツボです。

私は治療の際に関元を指標として触診することがあります。関元の感触がヘコヘコと無力感がある場合、気や精を補う治療を行います。

滋養強壮に

腎精や気の満ちる関元(丹田)を刺激することで、さらに滋養強壮効果を期待できます。

スポーツや武術の際に「臍下丹田」を意識するとよく聞きますよね。これは、「臍下丹田に気を集中する」ということで、結果的に全身の気が充実することにつながると言えます。

単純に考えると、下腹部を温めることで消化器を冷やさずに済み、消化・吸収がスムーズに行われます。消化に使うエネルギーが減り、吸収の効率も高まるので、精や気の補充もうまくいくと考えることもできます。

スポンサーリンク

関元と合わせて刺激したいツボ

関元と合わせて刺激すると、より効果的なツボをご紹介します。冷えや疲れ、泌尿器・生殖器に関わる丹田としての関元と合わせて刺激すると良い「太渓(たいけい)」と「三陰交」です。

太渓(たいけい)

足関節後内側、内果尖とアキレス腱の間の陥凹部。

新版経絡経穴概論

太渓は内くるぶしとアキレス腱の間にあるツボです。

  • 腎の重要なツボ

太渓は腎に属するツボです。腎には生命力の源である「精」を貯蔵する働きがあります。

関元のある臍下丹田に力がない時、生命力の源である精が不足していて、気に変えることができていないかもしれません。臍下丹田を充実させるためには、腎精を補う必要があります。

  • 腎の働きと関元

五臓の腎は精を貯蔵する以外にも、その働きによって足腰を強靭に保ち、泌尿器・生殖器の働きを正常に保ちます。

こうした働きは関元の働きとも共通しているところが多く、腎精・腎気の充実が丹田(関元)に必要不可欠なことがわかります。

また、武術などで深く呼吸をし、臍下丹田に気をおろすという表現をするのも同じことが考えられます。腎には「納気」という、呼吸によって外気から得る気を納める働きがあります。

腎の働きを正常に保つことで丹田が充実し、武術やスポーツ、発声など様々な面に良い効果が現れます。

三陰交(さんいんこう)

下腿内側、脛骨内縁の後際、内果の上方3寸。

新版経絡経穴概論

三陰交はすねの骨の内側、内くるぶしの上3寸のところの骨際にあります。

  • 3つの陰経の交わるツボ

三陰交も読んで字のごとく、肝経・脾経・腎経の3つの陰経が交わるツボです。関元と同様に、3つの経絡を通してそれぞれの臓器に働きかけることができるので、合わせて刺激してみてください。

おわりに

今回は、よく耳にする丹田の位置にあるツボである、関元についてまとめてみました。ツボ自体の特徴としては小腸に関する働きもありますが、丹田としての役割の方が重要な印象ですし、馴染み深いですよね。

生命力の源をためこみ、気に変えて巡らせるスタート地点である関元(丹田)。運動、呼吸から、後世に生命をつなぐ、重要なツボなので、覚えておいてください。

 

鍼灸指圧治療院あたしんち

コメント