【膈兪】ばね指や瘀血(血瘀)・血虚を改善する経穴(ツボ)のまとめ

膈兪の詳細 361+α

今回は、【膈兪(かくゆ)】というツボについて、場所や、刺激することで期待できる効果などをまとめていきます。

膈兪は背部にあり、ばね指(弾発指)の特効穴として重宝されるツボです。また、ツボの特性として、全身の血を調整する働きがあります。血の不足である「血虚(けっきょ)」や、血の停滞である「瘀血(おけつ)・血瘀(けつお)」の改善に、欠かせないツボだと言えます。

ばね指などの腱・腱鞘の問題によって起こる症状は、ホルモンバランスの影響もあり、女性に多く見られます。また、血の不調も月経がある女性に多く見られます。膈兪のツボはそういった女性の不調を改善する手助けになる重要なツボの一つです。



膈兪(かくゆ)の位置や所属経絡

膈兪というツボの位置や、所属している経絡についてご紹介します。

膈兪の位置

膈兪の位置イメージ

上背部、第7胸椎棘突起下縁と同じ高さ、後正中線の外方1寸5分。

新版経絡経穴概論

膈兪は背骨の両脇にあるツボです。第7胸椎は、肩甲骨の下端(「下角」という骨構造)と同じ高さにあります。ツボを探すときには、肩甲骨の下端からなぞるようにするとわかりやすいです。

膈兪の所属経絡と特徴

膈兪は足の太陽膀胱経に所属するツボです。膀胱経は顔面部の目の内側から始まり、頭を巡って背中・腰から下半身の後面を通って足の小指に伸びる、とても長い経絡です。この長い経絡の途中に膈兪はあります。

  • 血会(けつえ)

膈兪は八会穴(はちえけつ)の「血会」という特性を持ちます。

膈兪は血の取りまとめとしての働きが強いツボでもあります。血に関する不調(血虚や血瘀など)を改善する特効穴です。

ツボには様々な特徴があり、特に人体を構成する8つのパーツ(臓・腑・筋・骨・髄・脈・気・血)の取りまとめを「八会穴(はちえけつ)」と言います。

膈兪のツボの治療効果まとめ

膈兪を刺激することで期待できる治療効果をまとめます。膈兪は背中にあるので、自分で刺激をするのは難しいツボです。頼める人がいれば、温灸がオススメなので試してみてください。

横隔膜に働きかけ、嘔吐やしゃっくりを抑える

膈兪の「膈」の字は、横隔膜を表します。そのため、膈兪のツボは横隔膜に起こる不調に効果があります。しゃっくりや嘔吐感、食欲不振など胃腸症状の他、咳などの呼吸器の不調にも効果があります。

「血」の不調に効果的

膈兪は「血会」というツボの性質から、血に関する不調全般に効果があります。血の不足である「血虚(けっきょ)」や、血の停滞である「血瘀(けつお)・瘀血(おけつ)」を改善します。

ばね指の特効穴

筋肉・骨格的な不調では、膈兪はばね指(弾発指)の特効穴とされています。ばね指は手や指を動かす腱の問題ですが、鍼灸治療では特に背部のツボを用いて治療をすることが多くあります。

膈兪と合わせて刺激したいツボ

膈兪と合わせて刺激をすると良いツボをご紹介します。

膏肓(こうこう)

膏肓ツボ

膏肓もばね指の特効穴として重宝するツボです。ばね指だけでなく、手首や指の腱鞘炎、肘の痛みなど、上肢の不調には特に、膈兪とあわせて刺激をしてみてください。上肢の不調の多くは、肩甲骨の周りの筋肉や、背部の筋肉が関係していることがあります。

三陰交(さんいんこう)

三陰交イメージ

血虚や瘀血・血瘀など、血(けつ)に関わる治療に欠かせないツボとして、三陰交もあります。三陰交はツボの特性として、肝・脾・腎の3つの臓に働きかけることで、血の不調を改善します。膈兪のツボとあわせて刺激をすることで、より効果的に血の巡りを改善することができます。

おわりに

今回は、ばね指の特効穴であり、血に関する不調も広く改善することができる膈兪というツボについてまとめてみました。

膈兪のツボのように、ツボの位置から解剖学的(筋肉・骨格的)に不調を改善する側面と、ツボとしての特性(「血会」など)として体全体の不調を改善する側面を持つものもあります。ツボの特性をしっかりと把握し、自分の体調にあったツボを刺激してみてください。

 

鍼灸指圧治療院あたしんち

コメント