【腎精不足】体質の場合に注意すべき生活習慣や対策

腎精不足の改善の生活習慣 予防・未病治

今回は、【腎精不足】体質の人が注意するべき生活習慣についてまとめます。

東洋医学において、五臓の腎には「精」を貯蔵しておく「蔵精(ぞうせい)」という働きがあります。精とは生命力の源であり、私たちは精を気や血に変化させて、日々の活動を行っています。

腎に蓄えられている精には、日々を元気良く過ごすためのエネルギーや、体を若々しく保つための力、そして生命を次の世代に受け継ぐための力があります。腎の働きが低下するような生活習慣でいると、精を蓄えておくことができず、老化現象や泌尿器の不調など、腎精不足の症状につながります。

腎精は老化とともに減少していき、加齢にあわせて老化現象が起こります。それ自体は避けられないことですが、腎の働きの低下によって、年齢にそぐわぬ老化現象などの体の異常が起こることもあります。いつまでも若々しくいるためにも、生活習慣を見直して腎精の消耗を避けていきましょう。

スポンサーリンク

腎精不足体質のチェックリスト

腎精不足のチェックリストは下記の通りです。

  • 年相応以上の老化現象
    • 白髪・抜け毛、記憶力の低下、聴力の異常、骨が弱くなるなど
  • 年相応以下の成長・発育
    • 夜尿症、成長・発育不良、成長痛など
  • 泌尿器・生殖器の不調
    • 尿漏れ、失禁、インポテンツ、不妊など

生命力の源である精が不足することで、成長・老化の異常が起こります。年齢にそぐわない老化現象、発育不良があれば、腎精の不足を疑いましょう。

腎精は生命力の源であり、気や血の源にもなります。そのため、気血の不調である気虚(ききょ)や血虚(けっきょ)などの根底に、腎精不足があることもあります。

また、生命力を蓄え、それを次世代につなぐ機能も腎の働きの一つです。そのため、生殖器の不調や不妊などの原因に腎の働きの低下が挙げられます。

スポンサーリンク

腎精不足体質の場合に注意すべき生活習慣

腎精不足体質の場合や、一時的な腎精不足に陥っている場合に、注意すべき生活習慣や避けるべき対策をまとめていきます。簡潔にまとめると、下記の数点があります。

  • 体の冷えを避ける。
  • 過労を避ける。
  • 性交渉を控える。

それぞれ細かく見ていきましょう。

体の冷え、特に下半身や腰の冷えを避ける

五臓の腎は冷えに弱い特徴があります。寒い中にいるとトイレが近くなるのも、腎が冷えることで尿をとどめておくことができなくなるからです。

年齢を重ねると、基礎体温が下がっていき、体が冷たく、かたくなっていきます。これは、生命力の源である腎の働きが、加齢に伴って徐々に低下しているサインです。反対に年齢が若い頃には腎の働きが旺盛なので、体が温かく、柔らかくいることができます。

腎精不足の兆候がある場合、すでに腎の働きが低下しつつあります。そうした場合は、体を冷やさず、足腰を温めるように意識することで、腎の働きを高め、腎精不足を改善することができます。

過労を避ける

五臓の腎は生命力の源である精を貯蔵しています。その精を気や血にかえることで、私たちの日常の活動が成り立ちます。

動きすぎ、働きすぎると、第一に気を消耗していきます。活動のためのエネルギーを使いすぎるため、疲労感や倦怠感が増し、気虚(ききょ)や血虚(けっきょ)といった虚の症状が起こります。しかし、それでもなお続けて動こうとすると、腎に蓄えた精をどんどん気や血にかえなくてはなりません。こうして、腎精を消耗していってしまうと、次第に枯渇していき、腎精不足につながってしまいます。

休む時にはしっかりと休むことで、腎精の消耗を最低限にとどめることができます。

過度な性交渉を控える

五臓の腎には生命力の源である精を蓄えておく働きがあり、その精を次世代に受け継ぐ働きもあります。そのため、五臓の腎には生殖器の状態をつかさどる働きもあり、月経や不妊、男性のインポテンツなどの不調とも関係します。

性交渉は直接的に精を消耗する行為です。東洋医学では性交渉を「房事(ぼうじ)」と言い、房事過多は腎を傷つける、と考えられています。

加齢によって、男性ではインポテンツといった生殖機能の減退、女性は閉経など、生命力を受け継ぐ働きが徐々になくなっていきます。これは、五臓の腎の働きが低下していき、生命力を受け継ぐ力を失ってきたサインでもあります。

過度な性交渉によって、こうした年齢にそぐわない生殖機能の減退が起こることもあります。また、他の腎精不足の症状が起こることもあります。節度をもって楽しむように心がけましょう。

おわりに

今回は腎精不足体質・腎精不足の状態の場合に注意したい生活習慣についてまとめました。一般的な認識とは違い、東洋医学における五臓の腎には生命力の源である精を貯蔵する働きがあります。そのため、腎精不足の解消のためには、第一に五臓の腎の働きを低下させないこと、第二に無駄な精の消耗を避けること、この2点があります。

五臓の腎を元気に保つことが、アンチエイジングにつながると認知されるようになってきて、様々な健康法などが目につくようになりました。腎に関しては、特に体を休めること、精の消耗を避けることといった、「何かを付け足す養生」よりも、「差し引く養生」が重要です。

腎を養って、いつまでも自然に若々しく過ごしましょう。

 

鍼灸指圧治療院あたしんち

コメント