足の少陰腎経に所属する経穴(ツボ)と場所のまとめ

腎経のトップ 経穴(ツボ)

「経絡」と言われるものの一つである、【足の少陰腎経(しょういんじんけい)】についてまとめます。

スポンサーリンク

足の少陰腎経の特徴

流注概要

足の少陰腎経は、足の太陽膀胱経の脈気を受けて足の第5指の下に起こり、斜めに足底中央[湧泉]に向かい、舟状骨粗面の下に出て内果の後[太渓]をめぐり、分かれて踵に入る。下腿後内側、膝窩内側、大腿後内側を上り、体幹では腹部の前正中線外方5分、胸部では前正中線外方2寸を上り、本経と合流する。
大腿後内側で分かれた本経は、脊柱を貫いて、腎に属し、膀胱を絡う。
さらに、腎より上って、肝、横隔膜を貫いて、肺に入り、気管をめぐって舌根をはさんで終わる。
胸部で分かれた支脈は心につらなり、胸中で手の厥陰心包経につながる。

足の少陰腎経は足の裏から始まり、下肢を上って体幹部を通り、鎖骨の下まで伸びる経絡です。

腎経は正経十二経脈に属します。経脈は中焦(ちゅうしょう)という体の中心から起こり、五(六)臓六腑の正経十二経脈が体を循環するように連絡し合い、最後は再び中焦に戻ります。

経穴数

27穴。

英名

“Kidney Meridian”。

湧泉をKI1とし、兪府(KI27)まであります。

スポンサーリンク

足の少陰腎経に所属する経穴(ツボ)一覧

腎経に所属する経穴(ツボ)と、その使用感(私個人の)についてまとめます。

腎経のツボ足

湧泉(ゆうせん)

足底、足指屈曲時、足底の最陥凹部。

足の裏にあるツボです。リフレクソロジーなどで聞く反射区とは違い、東洋医学では足裏のツボは湧泉のツボや、奇穴である「裏内庭」しかありません。

然谷(ねんこく)

足内側、舟状骨粗面の下方、赤白肉際。

腎経のツボ下腿

太渓(たいけい)

足関節後内側、内果尖とアキレス腱の間の陥凹部。

腎の不調といえば、まず太渓を刺激すると言えるほど重要なツボです。

大鍾(だいしょう)

足内側、内果後下方、踵骨上方、アキレス腱付着部内側前方の陥凹部。

水泉(すいせん)

足内側、太渓の下方1寸、踵骨隆起前方の陥凹部。

照海(しょうかい)

足内側、内果尖の下方1寸、内果下方の陥凹部。

復溜(ふくりゅう)

下腿後内側、アキレス腱の前縁、内果尖の上方2寸。

太渓のツボと同様、腎の不調に用いることの多いツボです。特に、腎に貯蔵されている精が不足する「腎精不足」などに効果的です。

交信(こうしん)

下腿内側、脛骨内縁の後方の陥凹部、内果尖の上方2寸。

築賓(ちくひん)

下腿後内側、ヒラメ筋とアキレス腱の間、内果尖の上方5寸。

陰谷(いんこく)

膝後内側、半腱様筋腱の外縁、膝窩横紋上。

腎経のツボ体幹

横骨(おうこつ)

下腹部、臍中央の下方5寸、前正中線の外方5分。

大赫(だいかく)

下腹部、臍中央の下方4寸、前正中線の外方5分。

気穴(きけつ)

下腹部、臍中央の下方3寸、前正中線の外方5分。

四満(しまん)

下腹部、臍中央の下方2寸、前正中線の外方5分。

中注(ちゅうちゅう)

下腹部、臍中央の下方1寸、前正中線の外方5分。

肓兪(こうゆ)

下腹部、臍中央の外方5分。

商曲(しょうきょく)

上腹部、臍中央の上方2寸、前正中線の外方5分。

石関(せきかん)

上腹部、臍中央の上方3寸、前正中線の外方5分。

陰都(いんと)

上腹部、臍中央の上方4寸、前正中線の外方5分。

腹通谷(はらつうこく)

上腹部、臍中央の上方5寸、前正中線の外方5分。

幽門(ゆうもん)

上腹部、臍中央の上方6寸、前正中線の外方5分。

歩廊(ほろう)

前胸部、第5肋間、前正中線の外方2寸。

神封(しんぽう)

前胸部、第4肋間、前正中線の外方2寸。

霊墟(れいきょ)

前胸部、第3肋間、前正中線の外方2寸。

神蔵(しんぞう)

前胸部、第2肋間、前正中線の外方2寸。

彧中(いくちゅう)

前胸部、第1肋間、前正中線の外方2寸。

兪府(ゆふ)

前胸部、鎖骨下縁、前正中線の外方2寸。

 

参考:新版経絡経穴概論

鍼灸指圧治療院あたしんち

コメント