【印堂】鼻の不調や頭痛・めまいを改善する経穴(ツボ)の紹介

印堂のツボの詳細 361+α

今回は、【印堂(いんどう)】というツボについて、場所や、刺激することで期待できる効果などをまとめていきます。

印堂は鼻の不調に加え、頭痛やめまいを改善する特効穴です。経絡に所属せずに、これらの不調に直接的に働きかける特徴があります。経絡を通じて症状を改善するツボにあわせて、より効果的に不調を改善していきましょう。

スポンサーリンク

印堂(いんどう)の位置や所属経絡

印堂というツボの位置や、所属する経絡について確認していきます。

印堂の位置

顔面部、神庭(督脈)の下方、眉間中央陥凹部にとる。

新版経絡経穴概論

印堂は眉間にあるツボです。眉毛の間の、鼻に向けて高まりが始まる手前のあたりにあります。

「神庭(しんてい)」は頭部の正中線上にあるツボです。印堂を探すときは、神庭は意識せず正中線上にあるということだけで大丈夫です。

印堂の所属経絡と特徴

印堂は正経(経絡として認められているもの)には含まれないツボです。印堂のように所属する経絡がなく、それでも固有の疾病を治療することができるツボを「奇穴(きけつ)」と言います。

正経:肝・心・脾・肺・腎・心包、胆・小腸・胃・大腸・膀胱・任脈・督脈の14経絡。

正経に属するツボは、治療をする際に下記のような流れが一般的です。

  1. 正経のツボ刺激
  2. ツボが所属する臓腑が反応
  3. 治癒反応

一方、印堂のような奇穴においては臓腑に働きかけるものもありますが、より直接的に治癒反応を起こすイメージがあります。

  1. 奇穴のツボ刺激
  2. 治癒反応

まさに、「症状を治すためのツボ」だと言えます。

スポンサーリンク

印堂のツボの治療効果まとめ

印堂を刺激することで期待できる治療効果をご紹介します。印堂は顔の、特に目元にあるツボなので、指で押し込むように押圧するのがオススメです。特に、お仕事中や勉強中にも刺激しやすいツボなので、紹介する症状に加え疲れも感じる時にはさりげなく刺激してみてください。

鼻の疾患の特効穴

印堂は鼻の不調に効果的なツボです。花粉症などのアレルギー性鼻炎や、風邪に伴う鼻症状を改善してくれます。鼻水が出る症状にも、出ずにつまる症状にも印堂は効果的です。

鍼での治療をする際、鍼を刺入する鍼先の方向を変えることで、鼻の右なのか左なのか、より効かせたい狙いを定めたりします。押圧する際も、印堂のツボを色々な方向に押しながら、鼻呼吸を繰り返してみてください。鼻呼吸が楽になる圧の方向が見つかれば、持続して押圧しましょう。

顔面部の緊張をとり、リラックスさせる

何かに集中している時、眉間にシワが寄っていませんか?

そうした集中の持続やストレスによって、交感神経が優位になってしまいます。何かに集中している時はそれでも良いのでしょうが、ふと息をつく時にその緊張が抜けないと、様々な不調につながります。

頭痛や目の疲れ、不眠など、交感神経の興奮によって引き起こされる不調には、印堂が効果的です。

こうした不調に対して印堂を刺激する時は、印堂を上(おでこ側)に引き上げるように押圧してみてください。眉間のシワを伸ばし、上に引き上げるイメージです。

小児「疳の虫(かんのむし)」の診断

「眉毛の間」というと、子育て世代の我が家を含め、赤ちゃんの「疳の虫(かんのむし)」を連想する人が多いのではないでしょうか。

赤ちゃんの夜泣きやひきつけ、かんしゃくを起こす原因がこの疳の虫だと言われ、眉間に青筋があると、疳(かん)の強い子だと言われるようです。

しかし正直、印堂のツボは関係ありません。印堂を刺激するより、たくさん抱っこしてあげましょう。

スポンサーリンク

印堂とあわせて刺激したいツボ

印堂とあわせて刺激をすることで、より治療効果を高めることができるツボをご紹介します。今回は、特に鼻の症状や頭痛に、あわせて効果的な「風池(ふうち)」というツボを取り上げてみます。

風池(ふうち)

前頸部、後頭骨の下方、胸鎖乳突筋と僧帽筋の起始部の間、陥凹部。

新版経絡経穴概論

風池は後頭部の、首との境目にあるツボです。境目の真ん中と、後頭部の端の間くらいにある凹みに風池はあります。

  • 刺鍼方向に応じて、幅広い症状に効果的

風池のツボは、目、鼻、のど、頭痛など、幅広い症状に効果のあるツボです。特に鍼治療で風池を刺激する場合、鍼先の方向に応じて治療効果を使い分けます。

さすがに自分で鍼をうつわけにはいかないので、押圧する方向を変えてみてください。目に効かせたい場合は、風池をやや上の方向に、鼻の場合は真っ直ぐ刺激するのがオススメです。頭痛の場合は、頭の力が抜けてリラックスできる方向を探してみてください。

おわりに

今回は、顔にある印堂というツボについてまとめてみました。印堂は鼻の不調を改善する特効穴です。

また、パソコンやスマートフォンなどの画面を、目を凝らして見続けて起こる疲れにも効果的です。顔・目元の緊張は全身の緊張を生み、力を抜きにくい体になってしまいます。

疲れを感じたら、少し目を閉じて、印堂を刺激してみてください。

 

鍼灸指圧治療院あたしんち

コメント