足の陽明胃経に所属する経穴(ツボ)と場所のまとめ

胃経トップ 経穴(ツボ)

「経絡」と言われるものの一つである、【足の陽明胃経(ようめいいけい)】についてまとめます。

スポンサーリンク

足の陽明胃経の特徴

流注概要

足の陽明胃経は、手の陽明大腸経の脈気を受けて鼻翼外方に起こり、鼻根部で足の太陽膀胱経と交わり、鼻の外側を下り、上歯に入り、かえり出て口をはさみ唇をめぐり、オトガイで交わる。戻って、顔面動脈拍動部[大迎]、下顎角、耳前から髪際をめぐり、額中央に至る。
[大迎]から分かれた支脈は、総頚動脈拍動部[人迎]、気管をめぐり、大鎖骨上窩に入り、横隔膜を貫いて、胃に属し、大腸を絡う。
本経は、大鎖骨上窩より、胸部では前正中線外方4寸を、腹部では前正中線外方2寸を下り、幽門部に起こり腹部を下る支脈と、鼠径部の大腿動脈拍動部[気衝]で合流し、大腿前外側、膝蓋骨、下腿前面を下って、足背から足の第2指外側端に終わる。
膝下3寸から分かれた支脈は、下腿前面を下り、足の第3指外側はじに出る。
足背で分かれた支脈は、足の第1指内側端に至り、足の太陰脾経につながる。

足の陽明胃経は、顔から足まで体を縦に伸びる長い経絡です。経絡の流注が長いということは、それだけ色々な器官に影響を与える経絡だとも言えます。

足の陽明胃経は正経十二経脈に属します。経脈は中焦(ちゅうしょう)という体の中心から起こり、五(六)臓六腑の正経十二経脈が体を循環するように連絡し合い、最後は再び中焦に戻ります。

経穴数

45穴。

英名

“Stomach Meridian”。

承泣のツボをST1とし、厲兌(ST45)まであります。

スポンサーリンク

足の陽明胃経に所属する経穴(ツボ)一覧

胃経に所属する経穴(ツボ)と、その使用感(私個人の)についてまとめます。

胃経のツボ顔

承泣(しょうきゅう)

顔面部、眼球と眼窩下縁の間、瞳孔の直下。

美容鍼・美顔鍼や、眼精疲労に用いることがあるツボです。内出血のリスクも高いため、マッサージでも十分効果的です。

四白(しはく)

顔面部、眼窩下孔部。

巨髎(こりょう)

顔面部、瞳孔の直下、鼻翼下縁と同じ高さ。

地倉(ちそう)

顔面部、口角の外方4分。

大迎(だいげい)

顔面部、下顎角の前方、咬筋付着部の前方陥凹部、顔面動脈上。

頬車(きょうしゃ)

顔面部、下顎角の前上方1横指。

顎関節症などの治療に用いるツボです。

下関(げかん)

顔面部、頬骨弓の下縁中点と下顎切痕の間の陥凹部。

頬車と同様、顎関節症などの治療に用いるツボです。

頭維(ずい)

頭部、額角髪際の直上5分、前正中線の外方4寸5分。

人迎(じんげい)

前頸部、甲状軟骨上縁と同じ高さ、胸鎖乳突筋の前縁、総頸動脈上。

水突(すいとつ)

前頸部、輪状軟骨と同じ高さ、胸鎖乳突筋の前縁。

気舎(きしゃ)

前頸部、小鎖骨上窩で鎖骨胸骨端の上方、胸鎖乳突筋の胸骨頭と鎖骨頭の間の陥凹部。

欠盆(けつぼん)

前頸部、大鎖骨上窩、前正中線の外方4寸、鎖骨上方の陥凹部。

胃経のツボ胸部

気戸(きこ)

前胸部、鎖骨下縁、前正中線の外方4寸。

庫房(こぼう)

前胸部、第1肋間、前正中線の外方4寸。

屋翳(おくえい)

前胸部、第2肋間、前正中線の外方4寸。

膺窓(ようそう)

前胸部、第3肋間、前正中線の外方4寸。

乳中(にゅうちゅう)

前胸部、第4肋間、前正中線の外方4寸。

乳根(にゅうこん)

前胸部、第5肋間、前正中線の外方4寸。

不容(ふよう)

上腹部、臍中央の上方6寸、前正中線の外方2寸。

承満(しょうまん)

上腹部、臍中央の上方5寸、前正中線の外方2寸。

胃経のツボ腹部

梁門(りょうもん)

上腹部、臍中央の上方4寸、前正中線の外方2寸。

関門(かんもん)

上腹部、臍中央の上方3寸、前正中線の外方2寸。

太乙(たいいつ)

上腹部、臍中央の上方2寸、前正中線の外方2寸。

滑肉門(かつにくもん)

上腹部、臍中央の上方2寸、前正中線の外方2寸。

天枢(てんすう)

上腹部、臍中央の外方2寸。

天枢は腹部消化器の不調、特に便通に関わる不調に有効なツボです。

外陵(がいりょう)

下腹部、臍中央の下方1寸、前正中線の外方2寸。

大巨(だいこ)

下腹部、臍中央の下方2寸、前正中線の外方2寸。

水道(すいどう)

下腹部、臍中央の下方3寸、前正中線の外方2寸。

帰来(きらい)

下腹部、臍中央の下方4寸、前正中線の外方2寸。

帰来は婦人科疾患の特効穴と言われています。

気衝(きしょう)

鼡径部、恥骨結合上縁と同じ高さで、前正中線の外方2寸、大腿動脈拍動部。

髀関(ひかん)

大腿前面、3筋(大腿直筋と縫工筋と大腿筋膜張筋)の近位部の間の陥凹部。

胃経のツボ大腿部

伏兎(ふくと)

大腿前外側、膝蓋骨底外端と上前腸骨棘を結ぶ線上、膝蓋骨底の上方6寸。

陰市(いんし)

大腿前外側、大腿直筋腱の外側で膝蓋骨底の上方3寸。

梁丘(りょうきゅう)

大腿前外側、外側広筋と大腿直筋腱外縁の間、膝蓋骨底の上方2寸。

梁丘は急な胃の痛みや不調に効果がある他、膝の不調にも効果的です。

犢鼻(とくび)

膝前面、膝蓋靱帯外方の陥凹部。

胃経のツボ下腿

足三里(あしさんり)

下腿前面、犢鼻と解渓を結ぶ線上、犢鼻の下方3寸。

松尾芭蕉が長旅の途中にお灸を据えていたことで有名なツボです。足の疲れをとるだけでなく、消化器を整え全身の気血に関わる重要なツボです。

上巨虚(じょうこきょ)

下腿前面、犢鼻と解渓を結ぶ線上、犢鼻の下方6寸。

条口(じょうこう)

下腿前面、犢鼻と解渓を結ぶ線上、犢鼻の下方8寸。

下巨虚(げこきょ)

下腿前面、犢鼻と解渓を結ぶ線上、犢鼻の下方9寸。

豊隆(ほうりゅう)

下腿前外側、前脛骨筋の外縁、外果尖の上方8寸。

豊隆は体の水分代謝を高め、むくみなどを改善してくれるツボです。

胃経のツボ足部

解渓(かいけい)

足関節前面、足関節前面中央の陥凹部、長母指伸筋腱と長指伸筋腱の間。

衝陽(しょうよう)

足背、第2中足骨底と中間楔状骨の間、足背動脈拍動部。

陥谷(かんこく)

足背、第2・第3中足骨間、第2中足指節関節の近位陥凹部。

内庭(ないてい)

足背、第2・第3足指間、みずかきの近位、赤白肉際。

内庭は食あたりや胃炎などを治療するツボです。

厲兌(れいだ)

足の第2指、末節骨外側、爪甲角の近位外方1分、爪甲外側縁の垂線と爪甲基底部の水平線の交点。

 

参考:新版経絡経穴概論

鍼灸指圧治療院あたしんち

コメント