東洋医学における五臓の心の病証と症状。その治法のまとめ

心イラスト 五臓六腑

五臓の心の病証として、「心気虚」、「心血虚」、「心血瘀阻」、「心陽虚」、「心陰虚」、「心火亢盛」があります。まとめると、下記の通りになります。

  • 心気虚:心の失調+気虚
  • 心血虚:心の失調+血虚
  • 心血瘀阻:心の失調+血瘀
  • 心陽虚:心の失調+陽虚
  • 心陰虚:心の失調+陰虚
  • 心火亢盛:心の失調+実熱

同じ肝の病でも、原因や現れる症状は様々です。しかし、その原因を特定し、それにあった治療を施すことが大切だと東洋医学では考えています。

 

東洋医学において、顔色の悪さ(蒼白さ)、不眠や汗、胸痛などを指標に五臓の心の失調を疑い、治療を進めるとまとめました(「東洋医学の心の働きと養生」)。また、こうした五臓六腑だけでなく、体を循環している気・血・水・精の過不足や停滞も、体調の変化につながります(「東洋医学の気・血・水・精のまとめ」)。

この記事でまとめるのは、こうした臓腑の失調プラス気・血・水・精の失調によって、体はどのような状態になるのか、その治療法はどのように考えるのかについてです。

五臓六腑の働きは、気・血・水・精が過不足や滞りなく循環する上で成り立ちます。また、その気・血・水・精も、五臓六腑の働きを受けて生成・循環しています。体に起こる症状や指標を捉え、どこの臓腑の問題なのか、どのエッセンスの過不足なのかを判断することで、より的確な治療を行うことができます。

その中でも、五臓の心と気・血・水・精のバランスによって起こる病証と、その治法についてまとめていきます。

スポンサーリンク

東洋医学における五臓の心の特徴をおさらい

  • 血を送り出すポンプ(物理的機能)
  • 精神活動・意識の取りまとめ
  • 体を温める温煦作用

五臓の心には、「血を送り出すポンプ」としての働きと、「精神活動の取りまとめ」としての働きがあります。また、心は自らの動きによって熱を生み出し、体を温める「温煦(おんく)」の働きも持ちます。

心の働きが低下することで、こうした心の持つ働きも悪くなってしまいます。

【心気虚】心の失調+「気虚」

五臓の心の働きの低下と、気の不足である「気虚(ききょ)」があわさると、「心気虚(しんききょ)」になります。心を動かす(推動する)気が不足するということは、血を送り出すポンプの力が弱くなるということです。

心気虚の症状

  • 心悸
  • 脈拍が弱くなる
  • 胸悶
  • 冷え
何かするとすぐ疲れて、体も冷えがち。虚弱体質なのかしら。

「気虚」の指標である脈拍の弱さ(脈弱)や疲れやすさ(易疲労)に加え、心悸や精神的な疲労がある場合、心気虚の疑いがあります。また、心と気どちらの働きでもある「温煦(おんく)」作用が低下すると、体の冷え症状の原因にもなります。

心気虚の治法「補益心気」。ツボは膻中がオススメ。

心気虚を治療する方法を、「補益心気(ほえきしんき)」と言います。これは、心の気を補いましょう、という方法です。

治療として補益心気を目指す場合、任脈に所属する経穴(ツボ)である「膻中(だんちゅう)」を用います。

▶︎「気虚」の症状や対策をまとめた記事はこちら

スポンサーリンク

【心血虚】心の失調+「血虚」

五臓の心の働きの低下と、血の不足である「血虚(けっきょ)」があわさると、「心血虚(しんけっきょ)」になります。血の不足によって、心を栄養できないことで様々な症状につながります。

心血虚の症状

  • 血虚の諸症状
    • 顔面蒼白
    • めまい、たちくらみ
    • 爪や髪がもろく弱くなる
  • 心の栄養不足による症状
    • 心悸、胸悶
    • 不眠症、多夢など睡眠障害
    • 物忘れが多くなる
顔色が悪く、髪がパサパサしている。夢を多く見てよく眠れないせいか、疲れ易い。最近物忘れも激しくなってきた•••

「血虚」の諸症状に加え、原因臓器である心特有の症状も現れます。特に心の「精神活動の取りまとめ」としての働きが低下することで、覚醒時には物忘れが多くなります(健忘)。また、睡眠障害が起こることが多く、不眠症や夢を多くみる多夢に悩まされます。

心血虚の治法「補益心血」。ツボは血海がオススメ。

心血虚を治療する方法を、「補益心血(ほえきしんけつ)」と言います。これは、心の血を補いましょう、という方法です。

治療として補益心血を目指す場合、脾に所属する経穴(ツボ)である「血海(けっかい)」を用います。

▶︎「血虚」の症状と対策をまとめた記事はこちら

スポンサーリンク

【心血瘀阻】心の失調+「血瘀」

五臓の心の働きの低下と、血の停滞である「血瘀(けつお)」があわさると、「心血瘀阻(しんけつおそ)」になります。心のポンプとしての働きが低下することで、血の巡りが悪化し、血瘀を起こしやすくなります。

心血瘀阻の症状

  • 顔色が悪くなる(チアノーゼ様)
  • 強い胸部の痛み、しめつけ感
  • 心悸
顔色・唇が青紫色で、たまに胸が締め付けられるように痛むんだ•••

心血瘀阻はわかりやすい症状で言えば、狭心症や心筋梗塞などが当てはまります。ポンプとしての働きを持つ心が、血瘀になり血が停滞するとなると、重症度は高く感じます。軽度な例では、唇などの血色が悪く、冷えがあり、日中の活動量も少ない人などは心血瘀阻の治療も視野にいれて行います。

心血瘀阻の治法「通脈・活血化瘀」。ツボは三陰交がオススメ。

心血瘀阻を治療する方法を、「通脈(つうみゃく)」、「活血化瘀(かっけつかお)」と言います。これは脈を通し、心の血の滞りを取り除きましょう、という方法です。

治療として通脈・活血化瘀を目指す場合、脾に所属する経穴(ツボ)である「三陰交(さんいんこう)」を用います。

スポンサーリンク

【心陽虚】心の失調+「陽虚」

五臓の心の働きの低下と、陰陽のバランスの悪化による「陽虚」があわさると、「心陽虚」になります。心陽虚は心の気の不足である「心気虚」の進行した結果として現れることもあります。

心陽虚の症状

  • 顔面蒼白
  • 手足の冷え、全身の冷え
  • 心悸、胸悶
  • 脈拍が弱くなる
とにかく寒いし、手足も冷たい。

本来五臓の心は熱を生み、全身を温める「温煦」の働きを持ちます。また、気にも「温煦」作用があり、体を温めています。このどちらもが働きを低下させ、体を温める力がなくなった状態が「心陽虚」に近いと言えます。また、心の働き自体も低下しているため、血の巡りが悪くなる「血瘀(けつお)」も同時に起こることがあります。

心陽虚においては、心の病的症状である不眠や多夢、物忘れ(健忘)などは起こりません。これは、心の「精神活動を取りまとめる」働きは障害されることなく、「ポンプ」としての働きが低下して、熱を生み出せないことが心陽虚につながると考えられるからです。

▶︎心の2つの働きをまとめた記事はこちらへ

心陽虚の治法「補益心陽」。ツボは心兪を温める。

心陽虚を治療する方法を、「補益心陽(ほえきしんよう)」や「温補心陽(おんぽしんよう)」と言います。これは、心を元気にして、心の陽を補いましょう、という方法です。

治療として補益心陽を目指す場合、膀胱に所属する経穴(ツボ)である「心兪(しんゆ)」を用います。

スポンサーリンク

【心陰虚】心の失調+「陰虚」

五臓の心の働きの低下と、陰陽のバランスの悪化による「陰虚」があわさると、「心陰虚」になります。心を栄養する血が不足した「心血虚」が進行した結果、心陰虚に陥るケースが多くあります。

心陰虚の症状

  • 心煩、心悸
  • 不眠症状、多夢、寝汗など睡眠障害
  • 五心煩熱(手足のほてり)
  • 痩せる
  • ほてりなどの熱症状
睡眠時に掌、足の裏が熱く火照る感じがして、寝汗をかくの•••

心血虚の進行した結果として現れることの多い心陰虚ですが、心陰虚においては顔色は赤く、寒熱は熱に偏った症状が現れます。特徴的な寝汗(「盗汗」)と五心煩熱は心陰虚の特徴であり、一般的な症状としては更年期障害などが該当します。

心陰虚の治法「補益心陰」。ツボは膻中がオススメ。

心陰虚を治療する方法を、「補益心陰(ほえきしんいん)」と言います。これは、心を元気にして、心の陰を補いましょう、という方法です。また、心陰虚は五臓の肝・腎の機能低下によって表出・悪化することがあります(相生・相克関係)。心の働きを支える肝、心の働きを抑制する役割の腎が失調することで、心の働きが相対的に過剰になってしまいます。心に対する治療に加え、肝や腎に対する治療も行います。

治療として補益心陰を目指す場合、任脈に所属する経穴(ツボ)である「膻中(だんちゅう)」を用います。

▶︎「陰陽」についてまとめた記事はこちら

スポンサーリンク

【心火亢盛】心の失調+「実熱」

五臓の心の働きの低下と、「実熱」があわさると、「心火亢盛(しんかこうせい)」になります。心はもともと体の熱をつかさどる「温煦」の働きを持つため、熱を持ちやすい性質があります。

心火亢盛の症状

  • 精神活動の乱れ
  • 物忘れ(健忘)
  • 不眠症、多夢など睡眠障害
  • 口内炎や舌炎などの炎症症状
  • 発熱
なんだか気持ちがそわそわすることが多く、そのせいかよく眠れない。ゆっくり休めないからか、口内炎もできている•••

心火亢盛では、心のもつ熱が高まり過ぎた結果として様々な症状が起こります。特に心の「精神活動の取りまとめ」としての働きが乱れることで、不眠症や多夢などの睡眠障害が起こります。また、「心神が擾乱(じょうらん)された」状態に陥り、心煩や健忘なども起こります。

心火亢盛では、心の「五竅(ごきょう)」である舌に症状が出ます。舌の赤さや苔の少なさだけでなく、口内炎や舌炎といった炎症症状が起こると、心の熱を疑います。

心火亢盛の治法「清瀉心火」。ツボは内関がオススメ。

心火亢盛を治療する方法を、「清瀉心火(せいしゃしんか)」と言います。これは、心の熱を冷ましましょう、という方法です。

治療として清瀉心火を目指す場合、心包に所属する経穴(ツボ)である「内関(ないかん)」を用います。

おわりに

五臓の心の失調に加え、気・血・水・精の各エッセンスの過不足・停滞が起こることで、体には様々な症状が現れます。東洋医学では、その時出ている症状から、実際にどこの働きの低下が原因なのかを探り、それぞれに対する治療を行なっていきます。

特に不眠症や更年期障害など、西洋医学的な治療では困難な場合も多く、漢方や鍼灸治療を頼る人が多くいます。心の陽の高まりや、腎の働きの低下など、活動量や年齢に応じて責任病位を明確にしていけるのも、東洋医学の強みだと考えます。

 

鍼灸指圧治療院あたしんち

コメント