東洋医学における五臓の「心」の働き(ポンプ・ココロ)と養生のまとめ

心イメージ 五臓六腑
東洋医学において、五臓の心には心臓のポンプとしての役割の他に、「こころ」としての働きも認めています。精神活動の取りまとめとしての役割から、心の働きが乱れると不眠症など、意識の高ぶりによって起こる症状も起こります。舌や顔など、まさに「血色が悪くなる」と、心の調子が乱れているサインです。不整脈や動悸なども心の病として治療をしますが、そういった循環器の症状はまずは病院への受診をオススメします。

 

この記事では五臓の「心(しん)」について、東洋医学的に認められている働きやその養生法についてまとめていきます。

「そもそも、なぜ五臓六腑が重要なの?」
東洋医学において、私たちの体を栄養し、活動力の源となるのは「気・血・水・精」といった物質です。これらの物質に過不足があったり、巡りが停滞したりすることで、不調や病が現れます。
こうした気・血・水・精を、過不足や停滞なく循環させるのが、五臓六腑の働きです。五臓六腑の働きが乱れることで、体内の気・血・水・精の状態が悪くなり、体調が崩れてしまいます。
五臓六腑も、気・血・水・精の働きを受けて動いています。そのため、一度不調になると悪循環に陥り、病が長引いたり、持病化してしまいます。それを避けるためにも、原因となる臓腑を把握することが重要だと考えられています。

五臓の心には、血を送り出すポンプの働きと、精神活動の取りまとめである「ココロ」としての働きがあります。心不全や不整脈など実際に心臓に起こる不調だけでなく、不眠症や多汗症(汗が多い)などに心の不調が絡むことがあります。

はるか昔には心臓の病も鍼灸で対応していたようです。しかし現代では、心臓の病を鍼灸だけで改善することをオススメはできません。しっかりと病院に受診し、その補助的に鍼灸治療を用いる人は少なくありません。

スポンサーリンク

東洋医学的な五臓の「心」の働きと特徴

心にはポンプと精神活動の2つの働きがある

五臓の心には、血を送り出すポンプとしての物理的な働きと、精神活動を取りまとめる機能的な働きの2つがあります。

血液循環のポンプとしての働き

ポンプイメージ

東洋医学でも、「心」はよく知る心臓のイメージ通り、全身に血を送るポンプの役割をします。

少し細かいのが、全身の、どこに、どれくらい送るかは肝の「疎泄(そせつ)」機能によって調整されるということ。心はあくまで、ポンプとしての役割が強いです。また、血が漏れ出ないようにしているのは脾の統血(とうけつ)という働きによるものです。

僕たちの体を巡る血は、

  • 肝:血の貯蔵、分配の指令
  • 心:血を送るポンプ
  • 脾:漏れないように保護

上記の3つの臓器が、正常に働くことで体を循環していることがわかります。

「こころ」としての精神活動の働き

精神活動イメージ

人間の精神活動を支えるのも、「心」の働きです。東洋医学では「心」と書いて「シン」と読むのですが、この場合は「こころ」と読む働きを指しています。

思考や判断、記憶などの精神活動は、「心」の役割になります。物忘れが増えたり、落ち着きがなくなったりした時は、少し心の調子が悪いかもしれません。

また、心の働きが乱れると、本来は休むべき時間に眠れず、不眠傾向になります。眠れても夢が多く、眠りの浅い睡眠になりがちで、少しの物音で目が覚めてしまいます。

五臓の「心」の働きをチェックするポイント

東洋医学において、五臓六腑の状態は体の各部位に現れると考えています。そのため、体のどこを見れば、どの臓器の調子が悪いのかを判断することができます。鍼灸や漢方の世界では、レントゲンなどの設備がない頃から、体内の様子を診断するためにこうした知識を活用してきました。

ここでは五臓の心の様子をチェックできる部位を簡単に紹介します。詳しくまとめた記事がありますので、こちらもご覧ください。

▶︎五行思想から五臓の心に関わる体の部位や感覚をまとめる

  • 五(六)腑:「小腸」が表裏関係にあり、心に対応する腑。
  • 五竅:心は「舌」に開き外界とつながる。
  • 五主:心は「脈」の働きをつかさどる。
  • 五華:心の状態は「顔面(顔色)」に表れる。
  • 五液:心が作用して「汗」を作り、流す。
  • 五味:心は「苦」味に栄養される。
  • 五志:心は「喜」の感情と関係する。
スポンサーリンク

「心」の東洋医学的な養生について

夏の暑さに要注意

心は季節では夏に該当し、熱・暑さに弱い臓器です。

心には元々、体を温めるための熱を産みだす働きがあります。そのため、外からの熱が過剰になると、熱が上がりすぎたり、こもりすぎたりする恐れがあります。

夏の暑い日に、陽にあたり汗をかきすぎると、熱中症になります。これは、熱によって心の働きが乱れ、汗を大量にかいてしまい、体の中の水分が足りなくなってしまうからです。体の水分が少なくなれば、それだけ血の濃度は増し、心のポンプとしての働きに負担がかかります。すると、循環不全による全身症状につながる恐れもあります。

夏の暑さが、ここまで心の不調を呼び起こすこともあります。熱中症は、小さなお子さんからお年寄りまで、皆さんリスクを抱える症状です。

塩分の摂り過ぎに注意

塩分を摂りすぎて血圧が上がる、というのは西洋医学も同じですね。高血圧になってしまうと、循環器にかかる負担は大きくなってしまいます。

五臓の相生・相克関係を見ても、「鹹(しおからい)」味に栄養される腎の働きが強くなり過ぎると、心を抑制する力が強まってしまいます。

スポンサーリンク

まとめ

  • 心は血を送るポンプ
  • 同時に熱を産み、体を温めている
  • 精神活動もコントロールする
  • 暑さ・熱に弱い
  • 苦味に栄養される

心臓としての働きだけでなく、精神活動も担う心、コーヒーを飲んで気持ちを落ち着かせるのも納得ですね。

▶︎東洋医学における五臓の心の病証と症状。その治法のまとめはこちら

 

鍼灸指圧治療院あたしんち

コメント