東洋医学における五臓の心の働き「ポンプ」と「ココロ」についてまとめる

心の働きイメージ 五臓六腑

この記事では、東洋医学における五臓の心の働きについてまとめます。

五臓の心には、血を送り出すポンプとしての物理的な働きと、精神活動を取りまとめる「ココロ」としての働きの2つがあります。心の停止は、血が循環しなくなること、意識がなくなることの両方につながり、死につながります。このことからも、心は五臓六腑を統括する「君主の官」と言われます。

スポンサーリンク

東洋医学における五臓の心の働き

血を送る「ポンプ」としての働き

心の働きポンプイメージ

東洋医学においても、心は一般的な心臓のイメージ通り、全身に血を送るポンプの役割をします。心が正常に拍動することで、血が送り出され、全身に行き渡ります。ところが、どこに、どれくらい送るか、分配量を決めるのは肝の「蔵血(ぞうけつ)」機能によって調整されます。心はあくまで、ポンプとしての役割が強いです。

血を貯めておき、どこに、どれだけ届けるか分配量を決めるのは肝です。また、血管や各器官・組織から血が漏れないように働くのは五臓の脾です。東洋医学では、血に関して肝・心・脾の3つの臓器が関わります。

  • 肝:血を貯めておき、分配量を決める。
  • 心:物理的に血を送り出す。
  • 脾:血を漏らさないようにする。

ポンプ機能の低下は血瘀や冷えの原因に

心の働きが低下しポンプの力が弱くなると、血を送り出す力が弱まります。全身の血流が悪化すれば、それは血の停滞である血瘀の原因になります。また、心はポンプとして動くことで、熱を生みます。その熱が、血に乗って全身に行き渡り、体を隅まで温めています。心の働きの低下は、冷えにもつながります。

「ココロ」としての精神活動の働き

心の働きココロイメージ

人間の意識活動・精神活動を統括するのも、「心」の働きです。東洋医学では「心」と書いて「シン」と読むのですが、この場合は「ココロ」と読む働きを指しています。思考や判断、記憶などの精神活動は、「心」の役割になります。

五臓には、それぞれに対応する神(精神や意識)があります。これを「五精(ごせい)」と言い、それを統括しているのが心です。

  • 肝:魂
  • 心:神
  • 脾:意
  • 肺:魄
  • 腎:志

ココロの乱れは記憶の低下や不眠につながる

心の働きが低下すると、集中力の低下や、記憶力の低下、不眠症につながります。また、精神活動・意識活動の統括としての働きが低下するため、情緒など感情面の乱れも現れます。

スポンサーリンク

おわりに

今回は、東洋医学における五臓の心の働きについてまとめました。心には血を全身に送り届けるポンプとしての役割と、精神・意識活動の取りまとめとしてのココロの役割があります。ポンプの役割が果たせなければ血が循環せず停滞し、ココロの役割が果たせなければ正常な意識が保てません。東洋医学においても、心の停止は死につながり、重要な臓器だと言えます。

一般的に考えると、精神や意識は脳の機能の一部ですが、こうした働きを五臓の心に当てはめたところに、東洋医学の独特の観点があります。

 

鍼灸指圧治療院あたしんち

コメント