五行思想から五臓の心に関わる体の部位や感覚をまとめる

心イメージ 五臓六腑

東洋医学における、五臓の心と関係する部位や感覚などを五行思想をもとにまとめます。

東洋医学において、あらゆる事象は木・火・土・金・水の5つの元素から成り立つと考えます。これを、五行思想と言います。

私たちの体に当てはめて考えると、まず五臓(肝・心・脾・肺・腎)があり、その五臓が対応する六腑や他の器官があります。こうして体の部位や感覚の対応を知ることで、体の外から内面の状態を知り、鍼灸治療や漢方治療に役立てています。

スポンサーリンク

五行をもとに考える五臓の心と関わる体の部位や感覚

まず、五臓の心は五行では「火」に属します。これから紹介する体の部位も、全て「火」の性質を持ちます。

五行式体表の「火」
五腑 五竅 五主 五華 五液 五味 五志
小腸  舌 顔面  汗  苦  喜

【五腑は小腸】心と表裏関係にある腑

五臓の心に対応する六腑は小腸です。そのため、「五行における心の五腑は小腸」、「心と小腸は表裏関係にある」と言います。

【五竅は舌】心の開く穴

東洋医学において、五臓の状態が表れる竅(あな)を「五竅(ごきょう)」と言います。

心の五竅は「舌」です。心の不調は血液の疾患にもつながり、鉄欠乏性貧血など、貧血の種類によっては舌炎などの異常が起こります。また、舌には特に体内の血・水のバランスや寒熱が現れます。他にも、味覚の異常や、呂律が回らず発語がうまくいかない場合は、心の不調があります。

【五主は脈】心のつかさどる部位

東洋医学における五臓の心は心臓だけでなく、動脈や静脈などの循環に関わるもの全てを指します。脈拍などのリズムとしての脈も、血管としての脈も、心がつかさどります。

【五華は顔面】心の働きを知る部位

「五華(ごか)」も五臓の働きが表れる指標の一つです。

心の働きは顔面(顔色)に表れます。心は陰陽のうち陽の力が強く、温かく、上に押し上げる働きがあります。顔色が悪い場合や、顔面蒼白な状態は、心の働きが低下し、血を上に押し上げることができていない表れです。

【五液は汗】心のつかさどる体液

五臓に対応する体液を「五液(ごえき)」と言います。

心の五液は汗です。特に汗が多い場合は、心の働きが乱れています。心は体を温める「温煦(おんく)」を持ちますが、これが過剰に働いてしまうと、体の熱が高まりすぎます。結果、熱を調整するために汗が多くでます。

また、寝汗をかく場合も、心の働きの乱れが影響しています。東洋医学では寝汗のことを「盗汗(とうかん)」と言います。

【五味は苦】心を養う味

五臓を養う味覚を「五味(ごみ)」と言います。

心の五味は「苦(にがい)」です。苦味には熱や炎症を冷まし、余分な水分を除去する効果があります。熱を持ちやすい心を、苦味は冷ましてくれます。

【五志は喜】心の関わる感情

五臓に対応する感情を「五志」と言います。

心の五志は「喜」です。「喜」というと良い感情のような気がしますが、例えば「はしゃぎすぎて興奮して眠れない」といった状態をイメージするとわかりやすいです。

おわりに

五臓の心に対応する体の部位や感覚を五行思想をもとにまとめました。

これらの指標の状態や変化をもとに、五臓の状態を外から確認し、治療の方針を立てていきます。もちろん、セルフチェックなどにも有効です。自分の体を細く観察し、日々の変化を確認してみましょう。

 

鍼灸指圧治療院あたしんち

コメント