【豊隆】足の浮腫(むくみ)を始め全身の水分代謝を改善する経穴(ツボ)の紹介

豊隆イメージ 361+α

今回は、【豊隆(ほうりゅう)】というツボについて、場所や、刺激することで期待できる効果などをまとめていきます。

豊隆は体の余分な水分である「湿痰」を排出しやすくするツボとして、様々な症状のサポートに用いることが多いです。また、胃の経絡に属するツボなので、消化器の症状を改善します。食生活の乱れや、飲み過ぎなどによる全身のむくみにも効果的です。

風邪や花粉症による鼻水・痰にも効果があります。完治しないしつこい症状を解消するのにもオススメなツボです。

スポンサーリンク

豊隆の位置と所属経絡

豊隆というツボの位置や、所属している経絡についてご紹介します。

豊隆の位置

下腿前外側、前脛骨筋の外縁、外果尖の上方8寸。

新版経絡経穴概論

豊隆はすねの真ん中にあるツボです。足首を起こす(背屈する)と盛り上がる筋肉(前脛骨筋)の外縁にあります。

膝蓋骨の下から外くるぶしまでを16寸とし、豊隆は間の8寸のところ、となります。

豊隆の所属経絡と特徴

豊隆は足の陽明胃経に所属するツボです。胃経は顔面から始まり、足の指先まで伸びる長い経絡です。

  • 胃経の絡穴

豊隆は胃経の絡穴(らっけつ)です。胃経は豊隆を通して脾経とつながっています。豊隆への刺激は、所属する経絡である胃だけでなく、脾にも影響を与えます。

脾も胃も飲食物の消化・吸収に関わる臓器です。豊隆は脾胃のどちらにも働きかけ、消化・吸収をサポートします。

各経絡は末端部(始まりと終わり)と、絡穴で他の経絡と連結しています。
  • 水分代謝のツボ

豊隆は体の水分代謝に関わるツボです。特に水分が過多になった状態である「湿痰」の改善には欠かせないツボだと言えます。

また、風邪や花粉症などに付随する鼻水・痰を解消するツボとしても常用します。

スポンサーリンク

豊隆のツボの治療効果まとめ

豊隆を刺激することで期待できる効果をまとめていきます。豊隆はすねにあるので、押圧も温灸もしやすいツボです。

下半身のむくみ解消に

豊隆は体の水分代謝を促すツボなので、刺激をすることでむくみ解消に効果があります。全身のむくみに効果がありますが、特に下半身のむくみが解消されます。

豊隆のツボだけでなく、前脛骨筋をなぞるように刺激をしてみてください。

鼻水・痰に

豊隆が排出する体の余分な水分は、むくみなどの水分だけではありません。風邪や花粉症に付随する鼻水や痰にも効果が期待できます。

胃経のツボなので、飲食物からの気の生成にも関わります。風邪・花粉症で体力が落ちている状態で、鼻水や痰がいつまでも止まらない場合には豊隆がオススメです。体力を回復させつつ、残る症状を減らしていきましょう。

消化器疾患に

豊隆は胃経に所属するツボなので、消化器疾患にも効果があります。

特に下痢のような症状は、冷えや水分過多が原因であることが多いです。そのような症状には、豊隆を組み合わせて治療することが多いです。

スポンサーリンク

豊隆とあわせて刺激したいツボ

体の水分バランスを整える豊隆と、あわせて刺激すると効果的なツボをご紹介します。

陰陵泉(いんりょうせん)

下腿内側(脛側)、脛骨内側顆下縁と脛骨内縁の後際、

新版経絡経穴概論

陰陵泉はすねの骨の内側沿い、膝に差し掛かるところにあるツボです。

  • 脾経の合水穴

陰陵泉は脾経に所属するツボです。脾の統括のもと、飲食物は消化・吸収されて全身に運ばれていきます。その時に、余分な水分を泌尿に関する腎臓や膀胱、汗に関する肺に送るのも、脾の働きです。

豊隆に加え陰陵泉を刺激することで、脾の働きを整え、水分代謝をさらに高めることを期待できます。

  • むくみの特効穴

陰陵泉は豊隆と同じように、むくみの特効穴として知られるツボです。

陰陵泉は脾に属するツボなので、体が冷えていてむくむタイプの人や、月経不順など婦人科の問題に悩む人にもオススメのツボです。

おわりに

今回は、むくみなど体の水分バランスに関する豊隆というツボについてまとめてみました。豊隆は様々な症状にあわせて、「むくみも気になるの…」という人にぴったりのツボです。

また、風邪や花粉症のしつこい鼻水・痰にも効果があるツボなので、覚えておいて損はないでしょう。

もちろん、大切なのはバランスの良い食事を摂り、体内の水分バランスを保つことです。豊隆ならそうした食事の消化・吸収もサポートしてくれる、使い勝手の良いツボです。暴飲暴食が続いている時は、少し刺激してみてください。

 

鍼灸指圧治療院あたしんち

コメント