ほうれい線をなくす方法を美容鍼で用いる経穴(ツボ)で紹介

ほうれい線のツボ 選穴・配穴

今回は、鼻から口元にできる【ほうれい線】に対して、美容鍼ではどのように対処し、どのような経穴(ツボ)を用いるのかを紹介します。

最近では、鍼灸の魅力に「美容鍼・美顔鍼」が挙げられるようになりました。鍼による刺激は第一に、お肌に微小な組織損傷を起こすことで、皮膚の新陳代謝を活性化します。そして第二に、その奥にある顔の筋肉に直接刺激を与えることができます。その他にも、東洋医学の考えをもとに、全身の調子を整えることで美容につながる点などがあります。

ほうれい線の美容鍼治療では、シワができている部分に直接鍼を刺すこともあります。しかし、そういった局所的な刺激以外にも、ほうれい線を改善するようなツボがあります。

スポンサーリンク

ほうれい線のシワの構造と原因

皮膚は全てつながっている

当然ですが、肌は全身を覆う一枚の皮膚としてつながっています。これは顔の他の部位のシワの場合も同様ですが、皮膚の状態を改善しようとするとき、こうした全身を覆う一枚の皮膚として捉えて考えることが大切になります。

皮膚は頭頂部から重力によって、下に下にさがります。それを抑えているのが、肌のハリや、その奥にある筋肉などです。

口角の動きと連動するほうれい線

ほうれい線は、笑みを作るような口角を上げるような表情の時に強く現れます。実は、ほうれい線は大抵の人に元々あるシワです。しかし、加齢や顔の皮膚のたるみによって、ほうれい線がくっきりと浮き上がってしまうため、気になるシワの一つとして考えられてしまいます。

スポンサーリンク

ほうれい線を改善する経穴(ツボ)

ほうれい線のシワを改善するために、美容鍼で用いるツボを紹介します。

ツボを刺激する方法は何でも良い

一般的なセルフケアとして、鍼を用いるわけにはいきません。美顔器やローラーのようなものがあれば、そうした器具を用いても構いません。そうした器具がない場合は、指や掌で刺激をするだけでも効果的です。

ほうれい線を改善するツボを刺激しよう

ほうれい線を改善するツボを紹介します。特に四白、巨髎、地倉のツボはほうれい線に沿って並ぶと言っても良いツボです。ほうれい線をなぞるように、そして奥にある頬骨に向かうよう、上方からやや外方に向かって刺激してみてください。

四白(しはく)

四白のツボ

顔面部、眼窩下孔部。

四白のツボは、ほうれい線の始まりのあたりにあります。頬の皮膚が垂れ下がり、そのたるみがほうれい線の原因となってしまう場合には、四白のツボを上に向かって刺激します。頬の皮膚の下にある筋肉に刺激を与え、ふっくらとした筋肉にすることで、シワを改善し、ほうれい線を薄くします。

巨髎(こりょう)

巨髎のツボ

顔面部、瞳孔の直下、鼻翼下縁と同じ高さ。

巨髎はほうれい線の真ん中のあたりにあるツボです。巨髎のツボは、真上ではなく、ほうれい線を引き延ばすように斜め上(外側)に向かって刺激します。四白と同様、頬にある筋肉を刺激することで、筋肉をふっくらとさせ、ほうれい線を薄くします。

地倉(ちそう)

地倉のツボ

顔面部、口角の外方4分。

地倉のツボはほうれい線の終わりのあたり、口角の横にあるツボです。人によっては、頬の皮膚が最も垂れ下がって重なる地倉のツボのあたりのほうれい線が強く現れます。そうした場合に、地倉のツボを刺激することで、ほうれい線を薄くすることができます。

迎香(げいこう)

迎香のツボはほうれい線からは少し離れますが、巨髎と同じような高さにあり、ほうれい線の改善をサポートするツボとも言えます。

鼻の脇にある迎香のツボから、巨髎に向かって皮膚を外に引っ張るように押圧してみてください。ほうれい線を引き延ばすように刺激することで、深部にある筋肉を刺激し、ほうれい線を薄くすることができます。

百会(ひゃくえ)

ほうれい線を、頬の皮膚のたるみと捉えず、顔全体の皮膚のたるみと捉えると、頭頂部にある百会のツボは欠かせません。百会のツボを刺激することで、全体的な皮膚の引き上げ、引き締めの効果が期待できます。

百会のツボはほうれい線だけでなく、顔のシワ全体に効果的なツボです。

ほうれい線には、胃経のツボを刺激すると効果的

先に紹介したツボのうち、四白、巨髎、地倉のツボは、胃の経絡に属しています。そのため上記のツボ以外でも、胃経のツボを刺激することで、ほうれい線を改善することができます。

足三里(あしさんり)

足三里は胃経に属するツボの中でも、全身に与える影響が大きいツボです。また、足三里には消化器全般を整える特性があることからも、口元にできるほうれい線のようなシワの改善には効果が期待できます。

また当然のことながら、経絡を通して胃腸の調子を取り戻し、栄養状態が改善することで肌ツヤが良くなる効果もあります。足三里は足にあるツボですが、顔の美容にも欠かせない重要なツボです。

おわりに

今回はほうれい線を改善するツボを紹介しました。

顔にあるツボを中心に紹介しましたが、東洋医学における美容鍼・美顔鍼では、顔だけを刺激し、美しくすることが全てとは考えません。顔は、その他の体の部位全体の状態を映し出す鏡とも言えます。五臓六腑を整え、心身ともに健やかであれば、顔は自然と美しくなります。

他にもエステなど、色々なものに頼っているものの効果が芳しくない時は、一度体の中の状態を確認してみるのも良いかもしれません。体の外も、中も美しくあるのが、長く美しくある秘訣です。

 

鍼灸指圧治療院あたしんち

コメント