臓腑の症状を改善する、五行を踏まえた「母を補い、子を瀉す」治療

東洋医学

五臓の不調と養生については、それぞれまとめました。

今回は五臓の関係性から、より実践的な治療に近い五臓の整え方をご紹介します。

鍼灸治療の古典によると、五臓の調子を整える時に、

  • 五臓の「虚」の症状の場合
  • 五臓の「実」の症状の場合

それぞれ違った治療法があります。こうした場合、不調な臓器だけでなく、近しい関係にある臓を整えることで、対象とする臓の働きが改善します。

実際に見てみた方がわかりやすいので、早速ご紹介します。

スポンサーリンク

五行の関係性の確認

「五行」というのはこの世を形成する5つの土台の考え方です。木・火・土・金・水の5つの要素がお互いに関係し合って、世の中は成り立ちます。

そして、こうした土台は自然界だけでなく、僕たち人間にもあてはまります。木・火・土・金・水に該当するパーツの集合体として、生命活動を維持しています。

五行と五臓

今回は五臓の関係性についてまとめていくので、五行と五臓の関係のおさらいをしておきましょう。

  • 木:肝・胆
  • 火:心・小腸
  • 土:脾・胃
  • 金:肺・大腸
  • 水:腎・膀胱

五行と五臓の対応は上記の通りです。

五臓は肝→心→脾→肺→腎の順でグルグルと助け合い(相生関係)、星型で抑制し合う(相克関係)性質を持ちます。

こうした関係性の、自分の前の臓を「母」、自分の後の臓を「子」といいます。木(肝)は、水(母)に栄養されて、火(子)を生み出すことができます。こうした「母」と「子」の関係性を用いた治療法をご紹介します。

スポンサーリンク

虚する時はその母を補う

各臓の虚性の不調を治療する時には、下記の方法をとります。

  • 不調の臓の
  • 母にあたる臓を
  • 補う

「補う」、という表現が少し難しいですね。鍼灸治療では、刺激の仕方によって「補う」、「瀉す(出す)」をコントロールできます。

ここでは難しく考えず、母にあたる臓の調子を整える、と捉えるだけで大丈夫です。

それぞれの臓の不調と共にみていきましょう。

肝の虚証は腎を補う

肝の虚証では、肝血虚や肝気虚があります。症状としては、下記の項目が挙げられます。

  • 目の疲れ
  • 筋のつり
  • 髪の毛や爪の乾燥や弱さ
  • 冷え症状
  • 倦怠感

▼肝の詳しい症状はこちら

東洋医学における五臓の「肝」の働き(疏泄・蔵血)と養生のまとめ
五臓の一つである、肝の東洋医学的な働きや養生をまとめる。気、血は肝のコントロールによって巡っている。肝はストレスに弱く、働きが低下すると気血の巡りが悪化する。結果的に、様々な不調や症状につながる。

こうした肝の虚証による不調は、肝の母にあたる腎を補うことで改善します。当然、肝自体のケアや養生も不可欠ですが、腎の働きを整えることで、肝の働きがより整うと考えられます。

▼腎の養生の詳細はこちら

東洋医学における五臓の「腎」の働き(蔵精・主水・納気)と養生のまとめ
五臓の一つである「腎」の、東洋医学的な働きをまとめる。生命力の源を貯蔵する蔵精、水分代謝に関わる主水、深い呼吸に関わる納気の3つが大きな働きになる。生命力に関わる臓器なだけに、腎の不調は全身の不調につながる。
肝は血をためる働きや、気血の流れをコントロールする働きがあります。その気血の源が、腎に蓄えられている精です。肝が活躍する気血を、腎を補うことでより多く生成できるよう促します。

心の虚証は肝を補う

心の虚証も、心血虚と心気虚などがあります。心の虚証の症状としては、下記の項目があります。心のポンプの働きの低下や、心を養う血の不足などによる症状です。

  • 貧血症状
  • 動悸、息切れ
  • 不整脈
  • 顔色が青白い

▼心の詳しい症状はこちら

東洋医学における五臓の「心」の働き(ポンプ・ココロ)と養生のまとめ
五臓の一つである、心の東洋医学的な働きや養生をまとめる。心には心臓のポンプとしての役割と、「こころ」という精神活動をつかさどる役割がある。養生には、心の熱に弱い性質から苦い食べ物がおすすめ。

心の虚証による不調は、母にあたる肝の働きを整えることで改善します。心のケアや養生だけでなく、母にあたる肝を整えましょう。

▼肝の養生の詳細はこちら

東洋医学における五臓の「肝」の働き(疏泄・蔵血)と養生のまとめ
五臓の一つである、肝の東洋医学的な働きや養生をまとめる。気、血は肝のコントロールによって巡っている。肝はストレスに弱く、働きが低下すると気血の巡りが悪化する。結果的に、様々な不調や症状につながる。
心が押し流す血は、肝がためこんでいます。肝の不調で血が不足していると、心は少ない血を押し流すため負担が増します。また、心を栄養する血も足りなくなります。肝を補い、気血を充実させましょう。

脾の虚証は心を補う

脾の虚証では、脾気虚や脾陽虚などが代表的です。症状としては、下記の項目があります。消化に関する不調が多いです。

  • 食欲不振
  • 消化不良
  • 下痢
  • 胃下垂

▼脾の詳しい症状はこちら

東洋医学における五臓の脾の働き(運化・昇清・統血)と養生のまとめ
五臓六腑の一つである脾の働きをまとめました。脾は胃とともに消化・吸収を行う臓器です。他にも、血を漏らさないような働きもあるため、女性には関係の深い臓器です。

脾の虚証による不調は、母にあたる心の働きを整えて改善を目指しましょう。脾のケアや養生にあわせて、母にあたる心を整えましょう。

▼心の養生の詳細はこちら

東洋医学における五臓の「肝」の働き(疏泄・蔵血)と養生のまとめ
五臓の一つである、肝の東洋医学的な働きや養生をまとめる。気、血は肝のコントロールによって巡っている。肝はストレスに弱く、働きが低下すると気血の巡りが悪化する。結果的に、様々な不調や症状につながる。
冷えに弱い脾は、心の送り込む血の熱によって温められます。

肺の虚証は脾を補う

肺の虚証も、肺気虚などがあります。肺の虚証の症状としては、下記の項目があります。呼吸器に関する不調が主です。

  • 風邪をひきやすい
  • 声が小さい、出にくい
  • 鼻炎

▼肺の詳しい症状はこちら

東洋医学における五臓の「肺」の働き(宣発・粛降)と養生のまとめ
五臓六腑の中の、肺の東洋医学的な働きと養生をまとめました。ここでいう肺は、呼吸に携わる鼻や気管などの構造も含みます。また、体毛が濃い人は、肺が弱い、その理由などもまとめました。

肺の虚証による不調は、母にあたる脾の働きを整えることで改善します。肺のケアや養生だけでなく、母にあたる脾を整えましょう。

▼脾の養生の詳細はこちら

東洋医学における五臓の脾の働き(運化・昇清・統血)と養生のまとめ
五臓六腑の一つである脾の働きをまとめました。脾は胃とともに消化・吸収を行う臓器です。他にも、血を漏らさないような働きもあるため、女性には関係の深い臓器です。
脾が消化・吸収した水分によって、肺(呼吸器)が加湿され、肌にも潤いが生まれます。脾の消化・吸収を整えることで、肺の調子も整います。

腎の虚証は肺を補う

腎の虚証には、腎精不足や腎気虚などがあります。腎の場合、症状のほとんどが虚証によるものです。腎の虚証の症状としては、下記の項目があります。

  • 生命力の低下
  • 冷え
  • 膝や腰の痛み、だるさ
  • 耳が遠くなる
  • 性機能減退

▼腎の詳しい症状はこちら

東洋医学における五臓の「腎」の働き(蔵精・主水・納気)と養生のまとめ
五臓の一つである「腎」の、東洋医学的な働きをまとめる。生命力の源を貯蔵する蔵精、水分代謝に関わる主水、深い呼吸に関わる納気の3つが大きな働きになる。生命力に関わる臓器なだけに、腎の不調は全身の不調につながる。

腎の虚証による不調は、母にあたる肺の働きを整えることで改善します。腎のケアや養生だけでなく、母にあたる肺を整えましょう。

▼肺の養生の詳細はこちら

東洋医学における五臓の「肺」の働き(宣発・粛降)と養生のまとめ
五臓六腑の中の、肺の東洋医学的な働きと養生をまとめました。ここでいう肺は、呼吸に携わる鼻や気管などの構造も含みます。また、体毛が濃い人は、肺が弱い、その理由などもまとめました。
呼吸によって空気から「気」を吸い込み、腎におろして栄養しています。肺の働きをサポートすることで、結果的に腎の働きも整います。
スポンサーリンク

実する時はその子を瀉す

各臓の実性の不調を治療する時には、下記の方法をとります。

  • 不調の臓の
  • 子にあたる臓を
  • 瀉す

虚の場合の治療とは違い、「子を瀉す」ことで治療します。ここでも、「瀉す」という方法が少し複雑なので、やはり「整える」という捉え方で大丈夫です。しかし、「整える」中でも、「抑える」、「鎮める」割合が強いという感じです。

僕の治療経験からですが、「瀉す」ことで良くなる臓には限りがあります。例えば、生命力をつかさどる腎を瀉す治療はほとんどしません。

特に実しやすい臓と、その臓の影響で不調が現れる臓をみていきましょう。

肝の実証は心を瀉す

肝の実証では、気滞や熱の症状が現れます。肝の実証の不調として、下記の項目があります。

  • うつ症状
  • のどのつまり(梅核気)
  • イライラ

肝の実証による不調は、子にあたる心の働きを整えることで改善します。

心を瀉すことで、肝にたまっている(実している)気血や熱を、心をサポートするためにより多く使うようにします。

心の実証は脾を瀉す

心の実証では、血の停滞である血瘀などがあります。症状としては、下記の点が挙げられます。

  • 心痛
  • 身熱

心の実証による症状は、子にあたる脾を整えることで改善します。

心にこもる熱を、脾を温めるために多く使ってもらう。すると心の熱はおさまり、脾も温まり、体のバランスは整うと考えられます。

脾の実証は肺を瀉す

脾の実証では、消化器の停滞や、体の水分代謝に問題が起こります。

  • むくみ
  • 嘔吐感
  • 頭重感

こうした脾の実証による症状は、子にあたる肺を整えることで改善します。

肺のつかさどる呼吸や発汗などは、水分を外に出す働きもあります。

肺の実証は腎を瀉す

腎を瀉す治療はあまりしませんが、「子を瀉す」方法でいけば、肺の不調の時は腎を瀉すことをするようです。

  • 風邪症状

こうした症状の場合、腎の働きを整えることで改善します。

腎を瀉すことはあまりありませんが、脾・肺・腎は特に体の水分バランスに関わります。

腎の実証は肝を瀉す

「腎が実する」というのは、生命力が溢れかえっている、というイメージで、あまり出会わないタイプです。しかし、腎の関わるむくみなどが、実証に部類されることもあります。

腎の実証には、子にあたる肝を瀉します。

肝を瀉すことで、肝はより気血を必要として、腎から精を引っ張り出していきます。腎の精が溢れていれば良いですが、腎精は基本的に溢れることはありません。
スポンサーリンク

五行の相生関係がベース

こうした治療法の根底にあるのは、基本である五行の相生関係です。

臓の虚(画像の心)では、心の治療はもちろん不可欠です。しかし、心と相生関係にある肝も、心のサポートに疲れてしまいます。

まずは相生関係にあり、母である肝を充実させ、心のサポート体制を整えることで、心の充実をはかります。

反対に、臓の実(画像の心)でも心の治療は必要です。しかし、心が充実しすぎているので、余った気血をどこかに出したいところです。

そこで、相生関係で子にあたる脾を瀉し、空きを作ることで、心に余った気血などを受け入れる体制を整えます。

 

おわりに

親を補い、子を瀉す方法については、一部のみのご紹介です。本来はツボの特性なども考慮した方法がありますが、今回は五臓の関係性のみに着目しました。

結局、どの臓の調子も良くないと、全身の体調は改善しません。そんなことを、改めて認識する内容であればと願います。

 

大丈夫、大丈夫。

鍼灸指圧治療院あたしんち

コメント