ゴルフ肘(上腕骨内側上顆炎)の原因と対策、治療に用いる経穴(ツボ)のまとめ

内側上顆イメージ 肩・上肢

この記事では、【ゴルフ肘(上腕骨内側上顆炎)】についてまとめていきます。

「テニス肘」はよく耳にする人もいると思いますが、「ゴルフ肘」というものもあります。テニス肘は肘の外側(上腕骨外側上顆)に起こる炎症、ゴルフ肘は肘の内側(上腕骨内側上顆)に起こる炎症の俗称です。

ゴルフ肘はもはや、ゴルフをした結果として肘を痛める場合よりも、日常的な手、腕の使いすぎによって発症する人の方が多くいます。そうした原因となる動きや、負傷する筋肉などを確認した上で、ケアの方法や鍼灸治療で用いる経穴(ツボ)などを紹介していきます。

スポンサーリンク

肘の内側が痛くなるゴルフ肘(上腕骨内側上顆炎)

内側上顆イメージ

テニス肘とは反対に、肘の内側が痛くなる「上腕骨内側上顆炎」をゴルフ肘と言います。画像の赤丸がついている部分が、上腕骨の内側上顆という骨構造です。そこに起こる炎症なので、上腕骨内側上顆炎と言います。

痛みの出方はテニス肘と似ていて、物を持ち上げたり、雑巾を絞ったりすると肘の内側から前腕に痛みが起こります。また、床に手をついて痛みが生じることも多くあります。

ゴルフ肘の原因と名前の由来

内側上顆と筋肉イメージ

上腕骨の内側上顆から、手首を曲げる(掌屈する)働きのある筋肉がいくつか伸びています(画像青塗り)。こうした働きの筋群を、前腕屈筋群と言います。掌屈方向への過剰な力や繰り返し動作で、前腕屈筋群の付着部である内側上顆に炎症が起き、痛みが起こります。

「テニス肘に対抗して、ゴルフ肘と名付けただけ」だと思っていました。しかし、実際にゴルフ中にダフった衝撃で、肘の内側が痛くなることが多いのが由来なようです。ゴルフをしない私でも、それなら痛みは起こるかなと納得です。

ゴルフの他にも、特に重たい荷物を持ち上げることが多かったり、やはり手の負担が増えると発症する印象です。お子さんを抱っこする機会が多いママさんパパさんの発症も多くあります。

ゴルフ肘の検査法

ゴルフ肘にも検査法がいくつかあります。各検査法で、肘の内側に痛みがあれば陽性です。

  • リストフレクションテスト

テニス肘を検査する「トムソンテスト」の逆側、というイメージです。肘と手首を、伸びている状態から曲げるように力を入れます。少し抵抗を加えて、痛みが出たら陽性です。

  • フォアアームプロネーションテスト

肘を伸ばした状態で、前腕から手首を内側に捻って(回内して)いきます。少し抵抗を加えた時に、痛みが出たら陽性です。

2つの検査法において、手首を曲げる(掌屈する)動きや回内する動きで痛みが出れば陽性と診断します。前腕屈筋群を緊張させることで、筋肉の付着部である上腕骨内側上顆に負荷をかけます。

スポンサーリンク

ゴルフ肘(上腕骨内側上顆炎)のケアや対策

ここからは、ゴルフ肘のケアに有効なストレッチ方法や、鍼灸治療の際に用いる経穴(ツボ)をご紹介します。

ゴルフ肘に対するストレッチ方法

ゴルフ肘ストレッチ

上腕骨内側上顆から伸びる、手首を起こす(背屈する)前腕屈筋群をストレッチしましょう。

手首を反らすように曲げる(背屈する)と、前腕屈筋群がストレッチされます。肘を伸ばした状態、曲げた状態どちらも行いましょう。

ゴルフ肘を治療する経穴(ツボ)

ゴルフ肘を鍼灸治療する際、用いることの多い経穴(ツボ)をご紹介します。「小海」と「少海」の2つのツボがあり、どちらも似たような名前で、似たような部位、同じ「しょうかい」という読み方です。

小海・少海イメージ

小海(しょうかい)

肘の内側上顆と肘頭の間にあるツボです。椅子の角などにぶつけると痺れる場所です(「尺骨神経溝」という骨構造)。尺骨神経を刺激すると痛みが強いので、少し前腕寄りの筋肉を刺激してください。

少海(しょうかい)

肘を曲げる時にできるシワの内側端にあります。内側上顆から伸びる筋肉に刺激を与えることができます。

おわりに

今回は肘の内側の痛みであるゴルフ肘(上腕骨内側上顆炎)についてまとめてみました。ゴルフをするしないに関わらず、手先や腕をよく使う人は注意が必要です。特に、お子さんを抱っこする機会の多い人や、重たい荷物を持ち運びする人は、前腕屈筋群への負担が多く、ゴルフ肘のリスクは高くなります。しっかりと休息をとり、ストレッチをして負担がかかる筋肉をケアしましょう。

 

鍼灸指圧治療院あたしんち

コメント