【合谷】腸の調子を整え、肌の状態も改善する経穴(ツボ)の紹介

経穴(ツボ)

今回は、【合谷(ごうこく)】というツボについて、場所や、刺激することで期待できる効果などをまとめていきます。

合谷は有名なツボなので、ツボの位置や代表的な治療効果などご存知の人が多いと思います。お腹の調子を整える、便秘改善のツボとして周知されている印象です。合谷には他にも、鼻に関する症状や、皮膚・肌の状態などを改善する働きもあります。

有名だからこそ、ここでら改めて位置や治療効果などを確認して、セルフケアに取り入れてみてください。

スポンサーリンク

合谷の位置や所属経絡

合谷というツボの位置や、所属している経絡についてご紹介します。

合谷の位置

手背、第2中手骨中点の橈側。

新版経絡経穴概論

合谷は手の人差し指の付け根から手の甲に移行する場所にあるツボです。人差し指の付け根の骨(第2中手骨)を横から押し込むように刺激してみてください。

合谷は以前、親指と人差し指の付け根で、交わるところだと考えられていました。その近辺で、一番効きそうなポイントを探してみてください

合谷の所属経絡と特徴

合谷は手の陽明大腸経に属するツボです。大腸経は人差し指の末端から始まり、腕、肩を通り鼻の脇まで伸びる経絡です。

  • 四総穴

体に作用するツボを四つに分類すると、合谷・列欠・足三里・委中があります。その中でも、合谷は面目(顔面部)に効くツボと考えられています。

  • 合谷:面目を治す
  • 列欠:頭項を治す
  • 足三里:肚腹を治す
  • 委中:背腰を治す
その昔、王様を鍼灸治療する際、衣服を脱がすことなく治療する必要がありました。そのため、衣服を脱がさずに刺激できて、かつ効果の高いツボが四総穴のような扱いになっています。(※諸説あり)
  • 原穴

合谷は大腸経の原穴に該当します。原穴である合谷には大腸の不調が現れ、さらに治療にも使えるツボです。

スポンサーリンク

合谷の治療効果

合谷を刺激することで期待できる治療効果をまとめます。合谷は手にあるツボなので、温灸も簡単ですし、自分で押すのも効果的です。押すと大半の人が痛く感じるツボなので、痛みに合わせて刺激しましょう。痛いから効くわけではありませんので。

整腸作用

合谷は大腸経に所属するツボなので、便通など腸を整える働きがあります。

鍼灸の養成学校の実習で、全員が一斉に合谷に鍼をうつ機会がありました。鍼をうたれた患者役の学生のうち、数人がトイレに駆け込むほど、合谷というツボには力があります。

もちろん「整腸」作用なので、排便を促すだけでなく、下痢の時にも抑える効果はあります。

顔面の症状に

合谷には四総穴としての働きがあり、面目(顔面)の症状の治療が期待できます。

  • 鼻炎や鼻づまり
  • (下の)歯の痛み
  • にきび

経絡の流れや、大腸経の特徴からは、特に上記の症状に効果があると言えます。文献によっては、頭痛や不眠、その他首から上の全ての症状に効くと書かれていますが、僕はそれらの症状ならまずは他のツボを試します。

皮膚の症状に

合谷は所属する腑である大腸を通して、皮膚の状態を改善します。

最近、腸内環境と皮膚・肌の関係を取り上げられるようになりました。美容鍼を行う際や、ニキビ、肌荒れや乾燥肌などがある場合、問診の時に便通について確認することがあります。便通や便の質に問題があれば、合谷をはじめ大腸の働きを整える治療を加えます。

東洋医学では、大腸を始め消化器と皮膚はつながっているものと考えます。

鎮痛(鍼麻酔のツボとして)

その昔、中国では手術をする際、合谷に鍼をさし微弱な電流を流して麻酔としたようです。

このように合谷には、脳内の痛覚を遮断する働きがあると言われています。これは、合谷を刺激することで、脳内にモルヒネ様物質(エンドルフィン)が大量に分泌されるからです。痛みを抑える、万能なツボですね。

スポンサーリンク

合谷とあわせて刺激したいツボ

幅広い症状に効果的な合谷ですが、組み合わせることでさらに幅が広がるツボをご紹介します。

足三里(あしさんり)

下腿前面、犢鼻と解渓を結ぶ線上、犢鼻の下方3寸。

新版経絡経穴概論

足三里はすねの外側にあるツボです。先述したように、足三里も四総穴の一つで、消化器の不調を治療するのに使います。

  • 全体的な調子を整える

合谷、足三里ともに胃腸の働きを整える効果があります。飲食物から栄養を取り出し、それらを活動力である気血に変える効率が上がります。

足三里への刺激は特に胃から小腸における消化の働きを助け、合谷への刺激は大腸における便形成や水分吸収の働きを助けるイメージです。

【足三里】胃の調子を整え、全身の元気にもつながる経穴(ツボ)の紹介
【足三里(あしさんり)】というツボについて、場所や、刺激することで期待できる効果などをまとめていきます。

刺激が注意なことも

「オススメのツボ刺激◯◯選」といった記事やページの大半に、合谷は取り上げられています。それほど効果の高いツボですが、刺激する上で注意が必要な場合があります。

特に妊娠期間中の合谷への刺激は、気をつけて行いましょう。僕は妊娠がわかってから正産期に入るまでは、合谷は刺激しません。

妊娠期間中の便秘などに、合谷をオススメしているインターネットサイトや、書籍もあります。しかし、強力なツボだからこそ、取り扱いには要注意です。

※鍼灸の古典を参考に、僕個人の見解です。

 

おわりに

今回は四総穴の1つ、合谷についてまとめてみました。合谷は色々なところで取り上げられるツボなので、ご存知の人が多いと思います。しかし、有名で治療効果が高いツボほど、取り扱いには注意も必要です。

短絡的にとりあえず刺激する前に、自分の症状や悩みをしっかり観察してみてください。その上で刺激をしてみて、その後の変化を楽しみに待ちましょう。

 

大丈夫、大丈夫。

鍼灸指圧治療院あたしんち

コメント