【迎香】鼻水・鼻づまり・嗅覚異常を改善する経穴(ツボ)の紹介

迎香イメージ 361+α

今回は、【迎香(げいこう)】というツボについて、場所や、刺激することで期待できる効果などをまとめていきます。

迎香は鼻の両脇にあるツボで、直接的に鼻の症状を改善する効果があります。「香りを迎える」というツボの名前の通り、鼻の通りや嗅覚の異常も改善してくれます。

顔にあるツボなので、自分で刺激するのも簡単です。辛い症状を少しでも緩和しましょう。

スポンサーリンク

迎香(げいこう)の位置と所属経絡

迎香というツボの位置や、所属している経絡についてご紹介します。

迎香の位置

顔面部、鼻唇溝中、鼻翼外縁中点と同じ高さ。

新版経絡経穴概論

迎香は小鼻の横にあるツボです。小鼻の付け根あたりを指で押圧すると、重く響くポイントがあります。

迎香の所属経絡と特徴

迎香は手の陽明大腸経に所属するツボです。手の陽明大腸経は手の人差し指から始まる経絡で、迎香は大腸経の終点になります。

  • 交差する大腸経

手の陽明大腸経は、体を横切るように伸びる珍しい経絡です。右側の迎香は左手から始まる経絡の終着点で、左側の迎香は右手から始まった終着点です。

鼻症状に左右差がある場合、こうした交差する特徴を踏まえて迎香を刺激します。

  • 肺と表裏関係

大腸は呼吸器をつかさどる肺と表裏関係にあります。大腸の経絡が鼻を通ることからも、その関係性は納得できますね。

アレルギー性鼻炎や花粉症などにも、腸内環境(大腸)が関係します。鼻と腸は切っても切れない関係なんですね。

  • 香りを迎える

迎香は鼻にあるツボなので、「香りを迎える」サポートをすることが由来だと考えられています。しかし、経絡の流れの順番では大腸経の後に足の陽明胃経がくるため、胃経を迎えるツボ、「香 = 胃」だという説もあります。五臓六腑に対応する「五臭(におい)」のうち、脾胃に該当する臭いが、「香」なんです。

余談でした。

スポンサーリンク

迎香のツボの治療効果まとめ

迎香を刺激することで期待できる効果をご紹介します。迎香はせんねん灸やカマヤミニなどの温灸がやりにくいツボです。指で押圧すると痛気持ちよく、反応が良い人だと刺激するとすぐに鼻が通ります。

鼻の疾患

迎香は鼻炎、花粉症、副鼻腔炎など鼻疾患のほぼ全てに有効なツボです。

  • 鼻水を止める

迎香を刺激することで、ダラダラと流れる水様の鼻水を止めることができます。また、鼻水がダラダラと流れ出る時は、体が冷えている証拠でもあります。迎香刺激に加え、体を温めるように気をつけましょう。

  • 鼻のつまりを解消する

鼻水を止めるだけでなく、鼻づまりも解消します。ツボの刺激は、そのツボを通して五臓六腑の働きを整えます。そのため、単に1つの症状を抑えるだけでなく、鼻の働きそのものが改善し、諸症状が改善します。

  • 嗅覚異常の改善

迎香は嗅覚の異常も改善すると言われています。実際に嗅覚異常の患者さんに出会ったことがないので、経験はありません。

嗅覚は精神状態とも関わりが深く、うつ状態が続くと嗅覚異常になるリスクが上がるようです。良い匂いを嗅ぐとリラックスできるように、嗅覚は大切な感覚です。

スポンサーリンク

迎香と一緒に刺激したいツボ

鼻疾患を改善する迎香と一緒に刺激すると、より効果が高まるツボをご紹介します。

風池(ふうち)

前頸部、後頭骨の下方、胸鎖乳突筋と僧帽筋の起始部の間、陥凹部。

新版経絡経穴概論

風池は後頭部の、首との境目にあるツボです。

  • 迎香と同じく鼻疾患を改善する

風池にも鼻の状態を改善する効果があります。迎香が鼻に直接的に働きかけ、風池がそれを援護するように全身の働きを整えるイメージで組み合わせます。

合谷(ごうこく)

手背、第2中手骨中点の橈側。

新版経絡経穴概論

合谷は手の人差し指の付け根から手の甲に移行する場所にあるツボです。

  • 迎香と同じ大腸経

合谷も手の陽明大腸経に属するツボです。合谷への刺激はより強く大腸に働きかけるため、腸内環境から鼻の状態を改善することができます。

  • 面目を治す四総穴

合谷は面目(顔面部)の不調全般を治療するツボです。風池と同様に、体全体の調子が整うことで鼻の症状が改善されます。

おわりに

今回は迎香についてまとめてみました。鼻の脇にあり、鼻疾患を改善するわかりやすいツボです。治療でも用いることが多く、セルフケアにもオススメです。迎香は特に標治(症状の改善)に用いることが多く、その先にある本治(根本・体質改善)のためにツボを組み合わせたり、食習慣を改善したり、というのが実際の治療になります。

鼻の不調は呼吸に影響し、呼吸の不調は全身の不調につながります。迎香刺激で、良い呼吸、良い生活を送れますように。

 

鍼灸指圧治療院あたしんち

コメント