【外関】頭痛やめまい、耳鳴りを改善する三焦の経穴(ツボ)の紹介

外関ツボ 361+α

今回は、【外関(がいかん)】というツボについて、場所や、刺激することで期待できる効果などをまとめていきます。

外関のツボは六腑の1つである三焦(さんしょう)に属するツボで、頭痛やめまい、目の不調などに用いることが多いです。

東洋医学特有の三焦という腑にも少し触れつつ、外関のツボの特徴をみていきましょう。

スポンサーリンク

外関(がいかん)の位置と所属経絡

外関というツボの位置や、所属する経絡について確認していきます。

外関の位置

前腕後面、橈骨と尺骨の骨間の中点、手関節背側横紋の上方2寸。

新版経絡経穴概論

外関は手首の甲側のシワから2寸上(肘寄り)にあるツボです。前腕(肘から手首)には橈骨(とうこつ)と尺骨(しゃっこつ)の2本の骨があり、ちょうどその間を三焦経は伸びていきます。

2寸は手の指の幅3本分と同じ長さです。手首の甲側の関節部分から、指3本分肘寄りに外関はあります。

外関の所属経絡と特徴

外関は手の少陽三焦経の絡穴で、ここからわかれた支脈が手の厥陰心包経に伸びています。三焦経は手の薬指から始まり、腕・肩を上がって【大椎(だいつい)】のツボを通り、耳を巡って目の外端に終わる経絡です。

  • 三焦とは?

三焦という腑は、西洋医学では用いられない東洋医学独特の考え方です。肺や肝臓のように、実際に解剖をしても三焦という器官はありません。しかし、三焦という器官としての働きのみが認められている、実体のない腑です。

三焦に関しては、専門家ごとにその詳細についての意見がわかれ、未だにこれと言った明確な説明がありません。しかし共通認識としては、下記の通りになります。

  • 実体はなく、機能のみの腑。
  • 他の臓腑の隙間の総称。
  • 気や水の通路。

三焦という腑に関する詳細は別にまとめた記事がありますので、興味がある人はご覧下さい。

  • 三焦経の絡穴(らっけつ)

外関は前項のような特徴を持つ三焦の経絡の「絡穴」という特性を持ちます。三焦経は外関のツボで表裏関係にある心包(しんぽう)の経絡と連絡しあっています。そのため、外関への刺激は三焦経だけでなく、心包経にも伝わります。

各経絡は末端部(始まりと終わり)と、絡穴で他の経絡と連結しています。
スポンサーリンク

外関のツボの治療効果まとめ

外関を刺激することで期待できる効果をまとめていきます。外関は手首の少し上にあるので、押圧も温灸もしやすいツボです。下記に紹介する頭痛やめまいなどに用いる場合は、しっかりとした刺激を与えたいツボなので、押圧してみてください。

全身の水分代謝に

三焦は臓腑の隙間で、気や水の通り道となる特徴があります。そのため、外関のツボで水分代謝を改善することが期待できます。手足だけでなく、全身のむくみに効果的です。

頭痛・耳鳴り・めまいに

外関の所属する三焦経は、側頭部や耳の周りを巡り、目のそばに終わります。そのため、経絡の通り道である部位に治療効果があります。

  • 側頭部(こめかみ)の頭痛
  • 耳鳴り、めまい
  • 目の充血などの不調

特に頭痛や耳鳴り、めまいに関しては、体の余分な水分である「湿痰(しつたん)」が原因となり発症するものもあります。側頭部の頭痛や耳鳴りなどの他に、むくみなどの湿痰が絡む症状があれば、三焦経に属する外関のツボはより効果的だと言えます。

頭痛などの症状は、起こる場所や、他の症状と照らし合わせて、どこの臓腑が原因かを類推することができます。

全身の補助穴に

三焦とは東洋医学特有の不思議な器官で、実体は確かに掴めません。しかし、臓腑の隙間であり、気や水の通り道であることからも、体全体の調子を整える働きがあります。

外関と対をなすように、前腕の掌側にある「内関(ないかん)」のツボにも、自律神経を整える働きがあります。内関のツボは「心包(しんぽう)」に属し、心包も三焦と同様に「働きはあるけど、実体はない臓腑」です。

外関も内関も、特に体の機能面に着目したツボだと考えられていることがわかります。

スポンサーリンク

外関とあわせて刺激したいツボ

外関とあわせて刺激をすることで、より治療効果が高まるツボをご紹介します。

陽陵泉(ようりょうせん)

下腿外側、腓骨頭前下方の陥凹部。

新版経絡経穴概論

陽陵泉は膝の外側、少し下にある腓骨頭という骨構造の近くにあるツボです。

  • 耳・側頭部を巡る胆経

陽陵泉のツボは足の少陽胆経に所属します。胆経は目の外側から始まり、耳の周りから側頭部を巡るように通過し、体の側面、足の側面に伸びる長い経絡です。

心包経と同様に、耳の不調や側頭部の頭痛を解消する胆経の中でも、陽陵泉は重要なツボの1つです。

おわりに

今回は外関というツボについてまとめてみました。外関は三焦という東洋医学特有の器官を通して、幅広い治療効果をもたらしてくれます。

東洋医学では、「気」のように実際に目で見ることができなくても、重要だと捉えているものがいくつかあります。三焦もその1つです。

血液検査や、画像診断などが発達しても、はっきりしない病気や不調はまだまだたくさんあります。東洋医学では、そうした不調を説明し、解決するためにこうした「実体はないが働きはある」ものも大切にしているのかもしれません。

 

鍼灸指圧治療院あたしんち

コメント