外反母趾の仕組みと対策、改善を補助するサポーターのまとめ

外反母趾 股関節・下肢

今回は、外反母趾についてまとめます。

先の狭い靴や、ハイヒールを履くことで起こると言われていますが、最近では男性の外反母趾も多くお見かけします。男性用の先の細い靴もありますし、もはや外反母趾は女性だけの悩みではなくなりました。

 

外反母趾予防・対策に大切なのは、下記の点だと言えます。

  • 足先の幅に余裕のある靴
  • 適切な荷重
  • 足趾(足の指)を使う

既に外反母趾の人で、指圧治療や鍼灸治療をお求めの方もいます。足底や足趾の周りの筋肉を緩めることも大切ですが、大切なのは、適切な荷重と、足趾の運動です。

この荷重と足趾の運動が上手くいかないと、男性でも外反母趾になり得る、ということです。

僕が患者さんに説明する流れをご紹介していきます。

スポンサーリンク

足の指の変形は外反母趾・内反小趾が代表的

外反母趾そのものについては、皆さんよくご存知だと思いますので、引用にて簡潔に紹介します。

特徴的な症状は足の母指(親指・母趾)の先が人差し指(第2趾)のほうに「くの字」に曲がり、つけ根の関節の内側の突き出したところが痛みます。その突出部が靴に当たって炎症を起こして、ひどくなると靴を履いていなくても痛むようになります。

日本整形外科学会

親指が他の4本指の方に曲がっていき、付け根が突出してくる状態を外反母趾と言います。

内反小趾を伴うことも

尖った靴や、ヒールの高い靴を履き、荷重が適切でなかったり、足趾が使えないと、親指以外の足趾も変形することがあります。特に足の小指は、親指と同じように先にすぼまるように変形します。

足の小指が他の4本指の方に曲がり、付け根が突出した状態を「内反小趾」と言います。外反母趾ではないけど、内反小趾になる人もいます。

 

外反母趾には足への適切な荷重と足趾の運動で対策

外反母趾を予防・改善する対策としては、足部への適切荷重と、足趾の運動が挙げられます。もちろん、どちらも適切な靴(幅、大きさなど)を履いた上で行うのが理想的です。

適切な荷重

足の裏には、縦のアーチと横のアーチがあります。このアーチの機能が低下してしまうと、外反母趾のリスクは高まります。

僕たちが立っている時、歩いている時、このアーチの部分が、足をつく衝撃を吸収しています。

日本整形外科学会

例えば足先がすぼまるような靴や、ヒールの高い靴を履くと、こうしたアーチも崩れてしまいます。

僕はずっとサッカーをしていたのですが、合わないスパイクを履き続けたせいか、やはり少し指が変形しています。

小指が横を向いて、薬指は中指の下に潜ってしまっていました。今はこの変形を自然に治そうと、トレーニングしています。これでも、良くなったんですが、もう少し改善が必要です。

ちなみに、外出の際だけでなく屋内でも、スリッパのように踵がなく、足先で固定するような履物は足のアーチや構造を崩すおそれがあります。

足趾の運動

足趾、つまり足の指です。足趾は先述した足裏のアーチの構造にも関わる部分です。足のアーチ、特に縦のアーチは、足趾が反る(背屈する)ことで形成されます。

足趾をうまく使えないと、足趾の働きが退化するだけでなく、足裏のアーチも退化してしまいます。足趾・足裏のトレーニングに関しては、僕も行なっているトレーニングをまとめましたので参照ください。

▶︎足趾・足裏の機能を高める「跪座」についてまとめた記事へ

特に足の親指をうまく使えていないと、外反母趾のリスクは高まります。

スポンサーリンク

外反母趾のサポーター紹介

ここからは実際に外反母趾でお悩みの人に、治療院でもご案内している外反母趾にオススメのサポーターをご紹介します。

痛み、動かしにくさのあるまま、「足趾を使う」と意識するのも難しいため、サポーターである程度の保護・矯正をします。その上で、適切な荷重や足趾の運動を、再学習していくイメージです。

靴下タイプのサポーター

  • お手軽度:★★★★
  • オススメ度:★★★
  • 矯正力:★★★
  • お値段:★★★★

靴を履くときにも装着できるのが最大の利点です。矯正力としても、変形の程度が低ければ(外反15度程度までのようです)効果はあるようです。

また、小指と親指を固定して開くサポータータイプのため、内反小趾にも効果はあるようです。

外反・内反の程度がひどくない人や、悪化を防ぎたい人にはオススメです。

指の間に挟むタイプのサポーター

  • お手軽度:★★★
  • オススメ度:★★★
  • 矯正力:★★
  • お値段:★★★

装着したまま靴を履くのはオススメできないので、これは家で指の間を広げて、クセ付けてあげるためのアイテムと言ったイメージです。

指を広げた状態を維持できるので、例えばお風呂で湯船に浸かる時、リビングでテレビを見るときに付けて、「縮こまった足指のリリース」といった感じにはオススメ。

独自モデル(カサハラ式)のサポーター

  • お手軽度:★★★★
  • オススメ度:★★★★★
  • 矯正力:★★★★★
  • お値段:★★

外反母趾などの足の悩みに対する、「足の専門家」であるカサハラ式の商品です。僕の患者さんでも、「手術が必要」と言われるレベルの変形がある患者さんに、オススメしています。

足のアーチや足趾の働きを考慮した設計になっているので、

  • 足趾の矯正
  • 足趾の運動

の、どちらも可能にするサポーターです。

もちろんお値段はそこそこしますが、3ヶ月〜半年単位で装着してもらい、予後がとても良く好評です。

足趾・足裏には裸足での運動が理想のリハビリ

サポーターはあくまでサポーターなので、足本来の使い方の矯正・再教育を目的としたいところです。サポーターに頼りきりでは、やはり足の本来持つ力は損なわれてしまいます。

先ほど僕の足の画像を例に挙げましたが、僕はなるべく裸足で過ごすようにしています。最近の靴は、クッション性に優れていたるので、どうしても足裏のアーチの機能が十分に発揮されません。

また、どんなに幅広であったり、サイズを合わせたりしても、やはり足を外から圧迫されるのは良くない気がしています。

変形の度合いに合わせて、うまくサポーターで補助、馴染んできたら、全て取っ払って、裸足で歩いてみてください。

 

鍼灸指圧治療院あたしんち

コメント