【風市】足の麻痺・全身の痒みを改善する経穴(ツボ)の紹介

風市ツボ 経穴(ツボ)

今回は、【風市(ふうし)】というツボについて、場所や、刺激することで期待できる効果などをまとめていきます。

風市は太ももにあるツボですが、そこまで有名なツボではありません。しかし、足のしびれや麻痺の治療や、全身の皮膚の痒みの治療に重宝しています。特に鍼灸だけでなく、指圧治療においても圧痛の強い部位で、その分股関節や膝などの単純な関節痛や筋疲労にも効果があります。

セルフケアで押圧する場合、太ももの外側をなぞるように撫でるくらいで十分な刺激が入ります。刺激量に気をつけつつ試してみてください。

スポンサーリンク

風市(ふうし)の位置と所属経絡

風市というツボの位置や、所属する経絡について確認していきます。

風市の位置

大腿部外側、直立して腕を下垂し、手掌を大腿部に付けたとき、中指の先端があたる腸脛靱帯の後方陥凹部。

新版経絡経穴概論

風市は太ももの外側にあるツボです。立った状態で「気をつけ」の姿勢をとり、太ももの横に手を添えた時に、中指があたるところの、少し後ろにあります。

風市の所属経絡と特徴

風市は足の少陽胆経に所属するツボです。足の少陽胆経は目の外側から始まり、耳や側頭部を往復するように巡り、体の側面を伸びて足の小指に終わる経絡です。

  • 「風」の集まるところ

風市の「市」の字には、「集合する、結集する」という意味があります。風市は風の気の集まるところと考えられるため、この名前がつきました。その名からも特に体の内部に起こる「風」に対する効果が高いツボで、内部の風(「内風(ないふう)」による症状に痙攣やふるえ、しびれがあります。

スポンサーリンク

風市の治療効果

風市を刺激することで、期待できる効果についてご紹介します。風市は太ももの外側にあるので、押圧も温灸もしやすいツボです。押圧による痛みを特に感じやすいツボでもあるので、優しめの圧でゆっくりと刺激をしてください。痛みが強い場合は、温灸をオススメします。

足の麻痺・しびれに

風市は主に下半身の麻痺・しびれに効果的なツボです。風市の「風」の字は、東洋医学で考える「内風」を意味します。体の内側に起こる内風は、その勢いのまま運動器のふるえやしびれ、麻痺などにつながると考えられています。

胆と表裏関係にある肝の症状の一つに、「肝陽化風(かんようかふう)」があります。これは肝の陽(熱)が高まり過ぎた結果、風が生じてふるえなどが現れる症状です。こうした熱や風を解消し、結果的にふるえやしびれ、麻痺などを改善する効果が風市のツボにはあります。

側頭部の頭痛に

先述した体内の熱が高まり、風が起こっている状態では、偏頭痛のような頭痛が起こることがあります。風市のツボは側頭部をぐるっと巡る胆経に所属するため、そのような頭痛を解消する効果も期待できます。

全身のかゆみに

風市は、全身の搔痒感(痒み)の特効穴として有名なツボです。

風市の治療効果をまとめてみたところ、「体表にこもる熱をサッと解消し、体内の風を落ち着かせる」というイメージが一番強くあります。風通しが悪く、中で熱がこもって風が巻き起こっている状態を、風市のツボを刺激することで発散する感覚で用いることが多くあります。

スポンサーリンク

風市とあわせて刺激したいツボ

風市とあわせて刺激をすることで、より治療効果が高まるツボをご紹介します。今回は全身の痒みに、あわせて刺激をしたい「曲池(きょくち)」です。

曲池(きょくち)

肘外側、尺沢と上腕骨外側上顆を結ぶ線上の中点。

新版経絡経穴概論

曲池は肘の外側にあるツボです。尺沢は上腕二頭筋腱の外側にあるツボなので、上腕二頭筋腱の外側と肘の外側の突起(外側上顆)に指をあて、つまむようにしてみてください。その時に盛り上がったところに曲池はあります。

  • 腸内環境から皮膚の状態を整える

曲池のツボは手の陽明大腸経に所属するツボです。曲池を刺激することで、大腸の働きを整えることができます。

腸内環境とお肌の状態の関係が注目されるようになってきました。曲池のツボは、便秘や下痢などの便通の不調を改善するツボです。また、曲池には体内にこもる余分な熱を発散する効果もあります。お肌のトラブルは、消化吸収で不要になったものや体内の熱などを、外に出そうとする体の反応の結果起こると考えられます。腸内環境を整え、体内の熱をコントロールすることで、肌荒れや肌の乾燥などが徐々に改善されていきます。

おわりに

今回は風市というツボについてまとめてみました。風市は太ももの外側にあり、押すと痛みの強いツボです。しかしその分効果も大きく、足のしびれや麻痺の改善や、皮膚の痒みの改善が期待できます。

体の側面を伸びる足の胆経の中でも、重視はされていないものの、特に反応が強いツボです。セルフケアに試してみるときは、刺激量に注意してください。

 

大丈夫、大丈夫。

鍼灸指圧治療院あたしんち

コメント