食養生の基礎である五性・五味を知り、医食同源を家庭で実現しよう

食養生イメージ 予防・未病治
食材の持つ特性は、タンパク質や炭水化物などの栄養素だけではありません。特に東洋医学では、食材の持つ寒熱に関わる【五性】と、五臓に働きかける味覚にあたる【五味】の働きを考慮します。漢方に用いる生薬も、こうした五性や五味を踏まえて処方されます。これらの食材の働きを知ることで、普段の食事からも自分の体調管理が可能になり、「医食同源」に近づくことができます。

 

「いざ、養生」と言われても、食事、運動…何からしたら良いのかわからない方が大半だと思います。

今回は、食事にフォーカスして、いつもの料理を少し工夫するだけで養生につながる、というご紹介をします。

東洋医学の漢方も、こうした食材、調理の工夫をベースに組み合わされて処方されます。

ここでご紹介するのは、食材の「五性」と「五味」です。毎日の食事から、私たちの体はできています。少し工夫して、元気に日々を過ごしましょう。

スポンサーリンク

医食同源の基礎ー食材の寒熱である【五性】

食材が持つ、温度に関わる性質を「五性」と言います。ここで言う温度とは、食材そのものの温度だけではありません。それぞれの食材が、食べたり飲んだりすることで、体の温度を変化させる力を持ちます。

体を冷ますものに、寒性と涼性、温めるものに、温性と熱性があります。どちらでもなく、ただ体を栄養するものに、平性があります。

冷え性や寒がりな方には、温性・熱性の食材を積極的に摂ることをおすすめします。逆に、のぼせのある方には涼性・寒性の食材が良いです。

治療をしていて、冷え性なのに寒性の食材が好きな人、逆に暑がりなのに熱性の食材が好きな人が多いことに驚きました。食材の選び方によって、気になる体質をさらに深刻化させてしまうこともあるので、注意が必要ですね。

寒性・涼性の食材

体を冷ます作用のある寒性、涼性の食材をまとめます。寒性の食材の方が、より体を冷やす作用が強いです。表にまとめますが、寒性の食材は青文字にしてあります。(参考書や人によって意見が異なることがあります)

寒性・涼性
寒性 涼性
野菜 きゅうりトマト、ごぼう、セロリ、大根、冬瓜、白菜、ゴーヤなど
豆・穀類 小麦などの麦類
海産物  鮭、あさり、牡蠣、ハマグリ、かに昆布などの海藻類
肉類
果実類  柿、スイカ、梨
その他  烏龍茶、緑茶、砂糖

涼性・寒性の野菜や果物は、主に夏に旬を迎える食材が多くあります。また、南国などの暖かい地域を原産とする食材も、同様に体を冷やす作用を持つ傾向にあります。

寒性、涼性の食材は、摂り過ぎると冷え性を悪化させたり、胃腸の調子を悪くすることがあります。

温性・熱性の食材

次は体を温める作用のある温性、熱性の食材です。熱性の食材の方が、より体を温める作用が強く、こちらの表には、熱性の食材を赤文字にしてあります。

温性・熱性
温性 熱性
野菜  かぶ、南瓜、紫蘇、ねぎ、にら、人参、ニンニクなど
豆・穀類  玄米、もち米など米類
海産物  あじ、鰯、鯖、ぶり、マグロなど
肉類 牛、鶏、羊
果実類  栗、桃、さくらんぼなど
その他  ほうじ茶、紅茶、納豆、シナモン香辛料など

体を温める作用のある食材は、主に冬に収穫されるものが多くあります。季節のものをいただくと良いとされる理由も納得がいきます。

熱性、温性の食材は、摂り過ぎるとにきびや吹き出物の原因にもなります。

しゅん
しゅん

小麦は涼性の食材です。すると、パンは米と同じ炭水化物ではあるけど、涼性寄りの食べ物と言えるのかもしれません。

平性の食材

食べても体に温度の変化を与えず、ただ栄養するだけの食材もあります。

平性
平性
野菜 きゃべつ、さつまいも、しいたけなど
豆・穀類 小豆、大豆など豆類、そば、とうもろこしなど
海産物 カツオ、秋刀魚、鯛、ヒラメ、いか、ほたてなど
肉類 豚、鶏、牛など
果実類 イチジク、びわ、ぶどう、りんごなど
その他 黒砂糖、豆乳など

疲れている時、体力が弱った時の回復食には、平性の食材がおすすめです。

調理法と五性

温度に関する五性ですが、調理方法(加熱)によって性質が変わります。

例えば大根でも、

  • 大根おろし→涼性
  • 大根を煮る→平性

加熱すると、寒・涼性の食材も平性に変わります。逆に冷やせば寒・涼性が強められます。

しゅん
しゅん

梅干しなどの干した食材も、温性が高まります!

「煮る・蒸す」 → 「炒める」 → 「揚げる」の順で熱の性質を強くします。

スポンサーリンク

医食同源の基礎ー食材の【五味】

五味は食材の味に関わる性質で、それぞれ体に対する作用を持ち、対応する五臓を持ちます。漢方では、これを「帰経」と言います。

五味には「酸」、「苦」、「甘」、「辛」、「鹹」があります。

酸(すっぱい)

酸味、すっぱい味は、収縮させ、引き締める性質を持ちます。その性質から、体液(汗、尿、下痢)の漏れを防ぎます。

五臓では肝に入り、ストレスや不安などを和らげるように作用します。しかし、必要以上にとってしまうと、脾の働きを弱めてしまいます。古典には、「肉(肌肉)が縮まり、口唇が反り返る」とあり、どれも脾と関係のある部位に影響が出ることを示します。

五味が酸の食材として、アズキ、すもも、ぶどう、もも、りんご、みかん(果肉)、お酢などがあります。

苦(にがい)

苦味は熱や炎症、湿(水分)など、余分なものを取り去る性質をもちます。血の巡りを良くし、胃腸の働きを高める作用もあります。

五臓では心に入り、高血圧や頭痛に効果があります。とりすぎると肺の働きを弱めてしまいます。古典には、肺のつかさどる「皮膚の光沢がなくなり、体毛が抜ける」とあります。

苦味の食材として、ふき、みょうが、みかん(皮)、お茶、コーヒーなどがあります。

甘(あまい)

血を補う、筋肉などをゆるめる性質をもちます。また、緊張を緩和し、滋養強壮の働きがあり、五臓では脾に入ります。しかしとりすぎると腎の働きを抑制してしまいます。

甘味の食材は南瓜、さつまいも、米、そば、イチジク、柿、砂糖などがあります。

白砂糖などの甘さも概念的には脾に入るとされますが、本来はお芋やお米の甘さを指して定義されています。古典には、甘味をとりすぎると、「骨が弱くなり髪が抜け落ちる」とあります。

辛(からい)

辛味は発散する、温め、気と血を動かす性質をもちます。五臓では肺に入ります。しかし食べ過ぎると過剰な熱を生み、肝の働きを弱めます。肝の働きが弱るので、「筋が引きつり、爪が弱くなる」と古典にあります。

辛味の食材として、紫蘇、生姜、ニンニク、ねぎ、胡椒、山椒などがあります。

鹹(しおからい)

鹹味はやわらかくして、おろす性質をもちます。五臓では腎に入り、泌尿器、生殖器の働きをサポートします。

過剰にとってしまうと、心に負担をかけ血の巡りが悪くなってしまいます。「血が粘って顔面の光沢がなくなる」とあり、顔も血も心のつかさどる部位です。

鹹味の食材として、昆布、ひじき、貝類、くるみ、栗、塩、しょうゆ、みそなどがあります。海産物の塩気や、味噌など発酵食品の塩気が該当します。

スポンサーリンク

医食同源の考えと食養生

「医食同源」というと聞き馴染みがあると思いますが、「薬食同源」も同じような意味合いです。

やはり、「毎日の食事の工夫で、医者いらず」が理想ですよね。

「食養」-病気を予防する食事

栄養バランスをとることで、健康的な生活を目指すことを言います。

自分の体質に合わせて食材を選ぶことで、病気や症状の悪化を予防することができます。「食養生」の省略とも言える意味合いです。

「食療」-病気を治療する食事

症状や病気を治す目的で食事を摂ることを言います。

食材の五性や五味を考慮しつつ、効果の高い食材を取り入れることで、体質改善を期待できます。

「薬膳」-食療よりも治療効果を求めた食事

漢方薬の材料である生薬を食材に使い、食療よりも強い効果を期待するものです。

療養食や、病気の後の回復食など、体が弱っている時には、薬膳のアイディアが有効です。

体調を崩した時など、奥さんによく回復食を作ってもらいます。

参考書イメージ

この本は、お近くのスーパーなどで手に入りやすい食材197種類を厳選。それぞれの五性・五味、帰経(栄養する経絡)が紹介されています。

また、簡単な薬膳レシピも載っていて、食事に取り込みやすくなっています。五性・五味を意識するだけで、家庭でも簡単に食事に養生を組み込むことができるようです。

薬膳や漢方も最近では身近になっているようですね。

最近では、コンビニやスーパーなど、身近なお店で手に入る食材も増えてきました。そんな中、低糖質ダイエットや、炭水化物を食べないような生活を勧める風潮も見てとれ、「食事」が多様化、複雑化しているように思います。

そうした偏った食べ方、飲み方よりも、楽しく美味しく、食事をいただき、健康に過ごしていけるはずです。自分の体と生活を見直してみる、良いきっかけになることを願います。

 

鍼灸指圧治療院あたしんち

コメント