女性ホルモンの変化で起こる手・指の痛みや悩みを改善するサプリメント【エクオール】

スポンサーリンク
女性の手の画像 未分類

ばね指、腱鞘炎、へバーデン結節に代表される指の痛みや関節の変形。手や指の痛みは、毎日使う部分なだけに、少しの痛みや不調が大きく生活に影響します。最近の研究によって、こうした手や指の不調は女性ホルモンのバランスと関係があることが明らかになってきました。
特に女性は毎月の月経時だけでなく、妊娠や出産、更年期など、大きくホルモンバランスが変化することがあります。そうしたホルモンバランスの変化に伴い、手や指の痛み、不調が起こりやすくなると考えられています。
特に女性ホルモンの中でも、エストロゲンというホルモンの減少によって手や指の関節痛、関節変形が起こります。エストロゲンには関節や腱を丈夫に保つ働きがあります。このエストロゲンを補充するホルモン補充療法というものもありますが、乳がんなどの副作用のリスクが高まるため、手や指の痛みには適さないのが通例です。
そこで、エストロゲンに似た働きを持つ大豆イソフラボンを摂取することで、手や指の痛みが改善したデータがあります。「命の母」で有名な小林製薬のサプリメント「エクオール」なら、1日1粒で手軽に大豆イソフラボンを摂取することができます
 ホルモンバランスが乱れ、減少したエストロゲンをエクオールで補うことで、関節や腱、筋肉の状態を改善することができます。結果、手や指に起こる症状が緩和するケースが多くあります。
病院を受診しても、結局我慢するしかなかった手や指の痛み。女性ホルモンの側面から働きかける、エクオールの効果に期待が高まります。

腱鞘炎やドゥケルバン病、ヘバーデン結節など・・・女性に多い手や指の痛み

お仕事や家事、育児で手を酷使する人に多く発症するのが、手や指の悩み。現代はパソコンやスマートフォンの普及により、オン・オフを問わず手や指を使う機会が増えてきています。その分、昔よりも手や指にかかる負担は大きくなっています。
ばね指、手根管症候群といったいわゆる「腱鞘炎」や、手の親指に起こる「ドゥケルバン病」、手指の変形性関節症である「へバーデン結節」など、手や指に起こる不調に悩まされる人は多く、特に女性に多い傾向にあります。
一昔前には、こうした女性の手や指の症状は、「使いすぎ」や「筋力や骨の強さの問題」と言われていました。病院を受診しても特徴的な画像所見がない場合が多く、「問題ない」「使いすぎ」「加齢によるもの」でおわってしまうことが大半。なす術なく、痛み止めの貼り薬や塗り薬でごまかしで、痛みがおさまるまで我慢するのが唯一の対処法と考えられていました。
しかし最近の研究では、これらの手の症状の原因は女性ホルモンの影響であると考えられています。

腱鞘炎

多くは手の使いすぎや過度な負荷によって、指や手首に痛みが生じる疾患です。指を動かす筋肉は、腱となって骨に付着しています。この腱の通るトンネルを、腱鞘と言います。過度な負荷によって腱と腱鞘の間で摩擦が起こると、痛みが出たり、腫れたりして、腱鞘炎につながります。
妊娠や出産後の女性に多いことから、ホルモンバランスの影響も発症の一因と考えられています。
ばね指、ドゥケルバン病、手根管症候群なども腱鞘炎の一つと考えられています。

へバーデン結節

指の第1関節(DIP関節)にできるコブや変形をへバーデン結節と言います。
変形性関節症の一つで、主に4指(示指から小指)に起こり、指の関節の変形、強い痛み、腫れを伴います。指の第2関節(PIP関節)のコブや変形をブシャール結節と言います。へバーデン結節は更年期前後の女性に多い傾向があり、女性のホルモンバランスの影響が考えられています。

手や指の不調は女性ホルモン「エストロゲン」の変化が原因?

女性ホルモンには大きく分けて2つ、エストロゲンとプロゲステロンがあります。このうちエストロゲンが、女性の手や指の不調と密接な関係があると考えられています。エストロゲンは、体の様々な部分にあるエストロゲン受容体にくっつく事で、様々な作用をもたらします。
エストロゲンの減少によって引き起こされる症状に更年期障害がありますが、手指の不調が起きることはあまり知られていません。エストロゲンが低下すると、関節や腱の周りにある滑膜という組織の不調を招き、関節炎や腱鞘炎を引き起こしやすくなります
閉経後4年以内に60%の女性が何らかの手の症状を経験するという報告もあり、女性ホルモンの役割が注目されています。

手や指の不調には、エストロゲンを補充すれば良いの?

「万能なエストロゲンというホルモンが減少することで、手や指の不調が起こるのであれば、それを補充すれば良いんじゃないの?」と安易に考えがちです。確かに、重度の更年期障害などに対して、女性ホルモンの服用薬や貼り薬があり、ホルモン補充療法と言います。
しかし、女性ホルモンのバランスを整えるホルモン補充療法では、乳がんの発症率が上がったり不正出血が起こるなどの副作用の可能性があり、手や指の関節痛、腱鞘炎に対しては積極的に行われないのが通例です。

関節痛には、ホルモン補充療法の代替とも言える大豆イソフラボンがオススメ

減少するエストロゲンを補充する手段として、大豆イソフラボンが推奨されています。大豆イソフラボンに含まれるダイゼインという成分が、腸内細菌によって代謝される際に生まれる「エクオール」という成分が、エストロゲンと似た働きをします。エクオールはエストロゲンに化学構造が似ているため、不足したエストロゲンに代わって受容体と反応し、同等の効果が期待できます。また、大豆イソフラボンであれば、ホルモン補充療法と違って乳がんや不正出血のリスクもありません。
では、大豆食品をたくさん食べれば、手や指の不調は治るのでしょうか。実はそう簡単にもいきません。エクオールは腸内細菌で大豆イソフラボンが代謝されてできますが、この腸内細菌を持つ日本人は40%ほど。およそ半数以上の人が、体内でエクオールを作ることができない計算になります。
適した腸内細菌がなければ、いくら大豆食品をとっても手や指の不調は改善しません。そのため、サプリメントなどで直接エクオールをとることが良いと考えられています。

手や指の不調を改善するサプリメント小林製薬の「エクオール」

腱鞘炎やへバーデン結節などの手・指のお悩みに、小林製薬の「エクオール」がオススメです。
小林製薬といえば「命の母」、そんなイメージをお持ちの方が多いと思います。女性の健康への強いこだわり「命の母」で知られる小林製薬は、1世紀以上に渡り女性の心と身体の健康をサポートしています。

小林製薬の「エクオール」なら1日1粒でOK。低価格で続けやすい

「サプリメントを1日に何錠も飲むのは抵抗がある」という人でも安心。小林製薬のエクオールなら、1日1粒が目安です。大きな副作用などもなく、安心して摂取できるため、1ヶ月、2ヶ月単位で試すのがオススメです。
価格もその他の類似品と比べて低価格なので、試し買いのハードルも低めです。1ヶ月、2ヶ月と続けてみて、効果を実感してから継続するのもお財布に優しいお値段です。

安さの理由は?

小林製薬の「エクオール」は他社製の類似品と比べて低価格なのが特長です。その理由の一つに、エクオール含有量が2mgという点があります。
エクオールの効果を実感するには、1日に10mgの摂取が望ましいという研究があります。小林製薬の「エクオール」は含有量が2mgなので、理想よりは少ない摂取量になります。しかし、重度の更年期障害などではなく、手や指の痛み、悩みであれば、2mgから試してみるのがちょうど良いかもしれません。

エクオールの全成分表示と安心の厳しい品質検査体制

全成分表示

  • 発酵大豆イソフラボン(エクオール2mg含有):23.6mg
  • GABA含有大麦乳酸発酵エキス:31.4mg
  • テアニン:25.0mg
  • 酵素処理ヘスペリジン:31.3mg
  • 結晶セルロース:115.8mg
  • デンプン:52.0mg
  • ヒドロキシプロピルセルロース:16.0mg
  • シクロデキストリン:12.7mg
  • ステアリン酸カルシウム:6.4mg
  • 微粒酸化ケイ素:5.8mg

(製造時、1日目安量1粒あたりの含有量)

医薬品と同等レベルの厳しい品質検査体制

小林製薬では医薬品開発で蓄積したノウハウをもとに、「医薬品なみの厳しい品質検査質準」を制定し、医薬品レベルで厳しく管理しています。
また厳しい健康食品GMPをクリアした認証機関です。(GMP:原料の入庫から製造、出荷にいたる全工程において、製品の安全性と品質を保つよう定められた規則)

エクオールに加えて女性にオススメの3成分を配合

  • GABA:アミノ酸の一種で、大麦に乳酸菌を加えて発酵させ、分離・濃縮。様々な機能性表示食品に配合されている話題の成分。
  • ヘスペリジン:オレンジの皮に含まれる成分ヘスペリジンは、ビタミンPとも呼ばれるポリフェノールの一種。毎日の健康維持に有用性が期待されている成分。
  • テアニン:テアニンは玉露や抹茶などに多くふくまれているアミノ酸の一種。

小林製薬「エクオール」の口コミ(Amazonより)

BM ☆5 約3年間継続使用。
 更年期障害と思われる妻(50代)のために約3年間36回のリピート購入している。
 顔のほてりなどにはあまり改善は見られないが、関節の痛み、肩こりなどはある程度軽減したようなので、当面継続しようと思う。
すいすいばな ☆4 何故か調子が良いです。
 関節の痛みが一番酷く、わりと更年期的な不調が強めでした。コスパの関係で、某有名製品からシフトしましたが、変えて不調が酷くなるのが怖いくらいの調子だった為、しばらくは元の商品も買い、両方を常備しながらシフトしました。元の商品よりエクオールの含有量が段違いに少ないので悩みましたが、結果、特に自分には不都合ありませんでした。指の変形と痛みが悩みでしたが、今のところ自分に関しては防げています。むしろ換えてから、関節の痛みが安定しているような。含有量の差を考えると、体感的には大変不思議です。エクオールの摂りすぎが逆に良くなかったのか??メーカーも違いますし、何しろサプリメントなので、なぜ量が少なくても調子が良いのか、理屈はわからないのですが。体調も体質も人それぞれなので書くか迷いましたが、私の体感としては、あくまでも個人的な感想ですが、コスパも良くなり、体調も良くなり、気づいたら、不安定な気分や不安感も減ったような毎日でホッとしてます。とっても不思議過ぎて、理屈が知りたいなとすら思っております。
Amazonカスタマー ☆5 へバーデン結節の痛みが消えました。
たまたま知り合いにヘパーデン結節の話をしたら、これを教えて貰いました。
期待しないままに使ってみたら、よく熱を持って痛みが出ていたのが、気づけば全く痛みが無くなっていました。
ひと袋終わったままで飲まないでいたら、また痛みが出て、慌てて追加注文しました。
変形は治りませんが、痛みは軽減しました。痛みがでるヘパーデン結節を持っている方には、オススメです。
福ちゃん ☆5 指の痛みに即効性
他社製品を使っていましたが高いのでこちらへ変えました。こちらの方が即効性がありましたよ~

コメント