【大椎】のツボの位置や適応症状・効果

大椎のツボの詳細 361+α

大椎(だいつい)の適応症状・効果

  • 冷えの改善
  • 風邪の予防、風邪症状の緩和
  • 首や肩のこり

大椎の見つけ方

大椎は背部の、首と背中の境目にあるツボです。簡単な見つけ方として2つ紹介します。

  • 頭を前に倒した時に、後頚部を下になぞるとボコっと出る高まりがあります。その骨の下に大椎というツボをとります。頭を左右に回旋した時に連動して動く骨です。
  • 両肩の先を結んだ中点(背骨と交差する点)に大椎をとります。

具体的な取穴部位

後頚部、後正中線上、第7頚椎棘突起下方の陥凹部。

(出典:『新版経絡経穴概論』.日本理療科教員連盟、公益社団法人東洋療法学校協会、教科書執筆小委員会)

その他、大椎の特性

所属経絡

督脈(GV)。

要穴

なし。

施術者の一言

大椎のツボは冷え性の患者さんによく用いることがあります。大椎の所属する「督脈」という経絡は「陽脈の海」と言われ、体の陽なる力を支えています。体を温める働きの高い経絡の中でも、大椎は特別重宝します。
また、風邪をひいてしまった時にも、大椎を温めることで免疫力を高め、早期治療が期待できます。大椎のすぐ脇には、「定喘(ていぜん)」という咳を抑えるツボもあります。

コメント