【脳梗塞後遺症】手の拘縮を予防するためのクッションを自作してみた

スポンサーリンク

脳梗塞の後遺症で代表的な症状に、手や指の拘縮が挙げられます。タオルを丸めて握る形にしてみたり、小さなぬいぐるみを握らせてみたり、様々な工夫がみられます。また、拘縮予防のクッションとして既製品が販売もされています。

脳梗塞後遺症で起こる手と指の拘縮を予防するグッズ【MOGU®癒しの触感クッション】

こうした既製品のクッションも良いのですが、患者様によって手の形や大きさは違います。また、拘縮を起こしている部位や度合いによって、開かなければならない場所が異なったりします。
そこで、今回は手指の拘縮予防のためのクッションを、自作してみることにしました。

スポンサーリンク

手指の拘縮予防のクッションを作ろう

拘縮の度合いや状態を確認

脳梗塞後遺症である手の拘縮は、拘縮の度合いや指など、人によって様々です。自作で拘縮予防のクッションを作ると、一人一人の状態に合わせることができます。

患者様の手指の状態を思い出しながら模写したものです。特徴をとらえてから作ることで、より良いものが作れます。今回の患者様の特徴としては、下記が挙げられます。

  • 握り込むタイプの拘縮。
  • 親指を巻き込んでしまい、示指・中指とぶつかる。
  • 中指・薬指の握り込みが強い。
  • 掌(中手・手根部)部にも厚みが欲しい。

こうした特徴から、当初は筒状のものをイメージしていました。

しかし、筒状のものだと、制作に時間がかかる点や、強度の問題などが挙げられるため、素材選びや制作方法に工夫が必要でした。

作成に用意した材料

  • ドライブ手袋
  • 綿(わた)
  • 裁縫道具

「手を組む」という動作から着想を得て、今回は手袋をベースに、クッションを作ることにしました。運転用の手袋であれば、綿100%で肌感も良く、1年中100円ショップなどのお店で手に入れることができます。

作り方の流れ

突起を4本分にする

まず、小指部分を内側に折り、縫い合わせてしまいます。5本指に対し指の股は4つできるため、4本分の突起があれば手にかませることができると考えました。

綿を詰める作業

ここから、綿をつめていく作業です。詰め終わったものがこちら。

拘縮が強い場合には、綿の量が少なかったり、詰めが甘かったりすると、すぐにへたって厚みがなくなってしまいます。指先までパンパンに詰め込んでみました。

手首部分を閉じて完成

綿が出てこないよう、手首部分を縫い合わせて完成です。

あくまで簡易的なものにはなりますが、握り心地も悪くなく、しっかりと指の間が開きます。

おわりに

患者様のフィードバック

実際にお渡しした患者様からのフィードバックを紹介すると、下記の通りです。

  • 既製品よりも大きさがあり、手全体にフィットする感じがある。
  • 使用を続けていると、クッションの突起部分がへたってくる。
  • 掌の部分はそこまで大きくなくても良い。

中の綿が動いてしまうため、使用を続けるとへたって厚みがなくなる部分がちらほら出てくるようです。中で仕切りを作るなどして、綿の動きを小さくすると良いかもしれません。また、拘縮を起こしている指とそうでない部分とで厚みを変えるなどの工夫があると、なお良い印象です。

簡易的でも、使用感は良い印象

クッションをお渡しした後も施術の際に状態を確認していますが、使用している感覚は良い様子です。今回のようなクッションであれば、身近なもので作ることができ、資格や知識もそこまで必要ではありません。ご家族に脳梗塞を患った方がいる場合など、試していただけたらと思います。

youtube紹介

今回の拘縮予防クッションを作る様子を、簡単に映像に残しました。

コメント