脳梗塞について(前兆、症状、原因、治療)

スポンサーリンク

脳梗塞とは-発症分類や症状、原因

脳梗塞は、脳の血管が詰まることによって血液供給が遮断され、脳組織が壊死に陥る病気です。血流障害が起こった脳の部位が司る運動機能や言語機能が失われたり、場合によっては死に至るケースもあります。
かつては脳卒中(脳梗塞、脳出血など)は日本人の死因の1位を占めていました。現在では医療の発達もあり死亡率は低下していますが、反対に寝たきりの原因で1位となり、恐ろしい病気であることに変わりはありません。

脳梗塞の種類

脳梗塞は発症の原因で大きく3つの種類に区分されます。

ラクナ梗塞:高齢者に多く、動脈硬化で細くなった血管に血栓が詰まる。脳を栄養する血管は細いものだと1mm以下のものもあります。こうした血管壁が高血圧によって肥厚したり、壊死を起こしたりすると、血が固まり詰まりやすくなります。

アテローム血栓性脳梗塞:血管にコレステロールがたまった結果、そこの血が固まって詰まる。動脈硬化や高コレステロールによって、血管が狭くなり、血栓が起こりやすくなります。高血圧や糖尿病、脂質異常症、喫煙や大量飲酒が危険因子となります。

心原性脳塞栓症:心臓など他の部位でできた血栓が脳で詰まる。心房細動など心臓病によって心臓で血栓が作られ、それが血流にのって脳に届き、梗塞を起こします。

脳梗塞の症状

脳梗塞の主な症状としては、下記の通りです。これらの症状が1つだけ出る場合と、複数出る場合があり、個人差があります。脳梗塞は早期に受診できるかが生命維持や予後に大きく関わるため、早期の受診が大切です。

  • 左右どちらか片側の手足や顔のしびれ、動かしにくさ
  • 歩行時のふらつき
  • 嘔吐
  • めまい
  • しゃべりづらい(ろれつが回らない、言葉が出てこない)
  • 他人の話ていることがわからない
  • 物が見えにくい、二重に見える

脳梗塞の原因

脳梗塞の一番の原因としては、動脈硬化があります。
動脈硬化は、加齢に伴って弾力性を失った血管に、コレステロールや脂質でドロドロになった血液が付着することで、血管が細くなったり、血液の流れが悪くなってしまう状態を指します。血管が細くなったり、血流が悪くなったりすると、そこで血が固まりやすくなり、血栓ができます。血栓が脳の血管を塞いでしまうことで脳梗塞につながります。
動脈硬化は悪玉コレステロールによって起こると考えられていますが、その他に高脂血症、高血圧、糖尿病、心臓病といった疾患や、肥満、喫煙、飲酒などの生活週間も関係があります。

脳梗塞の前兆や初期症状

初期症状「一過性濃虚血発作(TIA)」を見逃すな

手足に力が入らない、手足がしびれる、物が二重に見える、言葉が出ないなどの脳梗塞の症状が現れた後、5~15分程度でこれらの症状が消えてしまうことがあります。これは「一過性脳虚血発作(TIA)」と呼ばれ、小さな血栓によって一時的に脳梗塞が起こってしまいます。その血栓がすぐに溶けることで脳梗塞の症状はなくなります。
「一過性脳虚血発作」は本格的な脳梗塞の前触れとも言えます。症状がおさまったからと言って軽視せず、病院を受診することが大切です。

「突然」現れる体のサイン

突然こうした症状が現れたら、速やかに病院にかかるようにしましょう。

  • 突然、顔、手足のしびれ、脱力感がある。特に片側だけに起こる場合。
  • 突然、言葉の障害や混乱状態に陥る。舌がもつれる、言いたい事が言えない、相手の言葉が理解できない。
  • 突然、片目、あるいは両目が見えない、見えにくくなる。
  • 突然、めまい、歩行障害に陥る。
  • 突然、激しい頭痛に襲われる。

脳梗塞の前兆を「FAST」テストでチェック

脳梗塞の前兆や初期症状として、3つのテストをすることを推奨しています。3つのうち1つでも当てはまるものがあれば脳梗塞を疑い、速やかな受診が必要です。これらのテストの頭文字をとって「F.A.S.T」と呼んでいます。

  • “Face”「顔」:「イー」と言った時に左右片方の顔が歪む。
  • “Arm”「腕」:両手を前に挙げ、片方の手が落ちてきてしまう。
  • “Speech”「言葉」:「今日は天気が良い」ときちんと言えない。

これらの3つのどれかが当てはまる場合、

“Time”「時間」:速やかな病院受診が必要です。

脳梗塞の治療

脳梗塞発症時の治療

脳梗塞の治療は一刻も早く始める必要があります。基本的には点滴や飲み薬による薬物療法が中心です。
発症4~5時間以内であれば、血栓溶解薬によって詰まった血栓を溶かし、発症初期の段階で血流が戻ると症状の改善が期待できます。ただしこの方法は、検査に時間が掛かるため早期に病院に到着している必要があります。
カテーテルを用いて血栓を取り除く血管内治療もあります。血管内にカテーテルを通し、血のかたまりを削り取ったり、吸引したりすることで梗塞をなくし血流を再開します。
他にも、急性期に行う脳保護薬、抗脳浮腫薬などがあります。

脳梗塞によって起こる後遺症

運動麻痺・感覚麻痺

障害を受けた脳と反対側の体が動かしにくくなり、特に手指や足先などの細かな動きが難しくなる運動麻痺が多くあります。また、感覚麻痺によって麻痺側の触覚や温度、痛覚などがわからなくなることもあります。

言語障害(構音障害・失語症)

脳が障害を受ける部位によって、運動性失語と感覚性失語の2つのパターンに分かれます。思った通りに発語ができなくなるものを運動性失語、言い間違いや支離滅裂な言葉が多くなるのを感覚性失語と言います。

視野障害

脳幹の眼球運動を司る部分が障害されると、物が二重に見えたり、片側の目が見えなくなる半盲や、部分的に視野が欠けて見えなくなる視野欠損があります。

高次脳機能障害

失認や失行などの症状を高次脳機能障害と言います。視覚に障害がないのに物を認識できなくなることを失認と言い、特に見えているはずなのに視野の片側を認識できなくなる「半側空間無視」が代表症状です。また、普段使用している物の使い方、衣服の着脱がわからなくなる症状を失行と言います。

嚥下障害

口や舌、のどなどの動きがスムーズにいかず、食べ物・飲み物をうまく飲み込めなくなります。食べ物がのどに詰まりやすくなったり、気管に入り込んだりする誤嚥の危険性が高まり、誤嚥性肺炎の原因にもなります。

排尿障害

排尿をコントロールできなくなり、間隔が短くなったり、トイレに間に合わなくなったりします。特に頻尿や失禁が多くあります。

精神症状(認知症・うつ症状・感情障害)

脳梗塞の後遺症のうち、ラクナ梗塞は認知症と関係が強くあります。ラクナ梗塞は症状が軽度な場合が多く、気付かないまま脳の各所に起きてしまいます。徐々に脳の認知機能を司る部位が障害され、認知症症状につながります。自発性や意欲の低下がよく見られ、これらはうつ病にもつながります。
障害の部位によっては感情のコントロールが難しくなる感情障害が起こり、感情の起伏が激しくなります。急に落ち込んだり、怒りやすくなったり、理由もなく泣き出したりすることもあります。

脳梗塞後遺症に対するリハビリテーション

脳梗塞発症後、早期にリハビリテーション(以下、リハビリ)を開始すると、予後が格段に良くなることがわかっています。身体機能の回復だけではなく、心理的・社会的な機能や精神面の回復も含めリハビリが重要です。

急性期リハビリ

発症・治療直後は全身状態が変化しやすいため、生命維持を優先しながらリハビリを行います。身体機能が極度に落ちてしまう廃用症候群を避けるため、ベッド上での手足の関節運動や体位変換などを通して、身体機能の維持や向上を目指します。

回復期リハビリ

急性期から病態が安定してくると、症状に応じて様々なリハビリが始まります。日常生活を行う上で必要な運動機能・嚥下機能・高次脳機能などを改善させるリハビリが中心となります。

  • 運動機能のリハビリ一例

筋力や関節の可動域、基本動作のレベルを評価し、そうした動作の自立を目指したリハビリが行われます。ベッドでの起居動作や歩行訓練、状態に応じて日常動作につながる動きの再習得を目指します。

  • 嚥下・言語機能のリハビリ一例

飲み込みの評価や発生・舌の運動、首や肩の筋肉の運動などを通して、それぞれの機能に応じた食事形態で飲み込みのリハビリをします。急性期で口や鼻から経管栄養を行っている人も、こうした嚥下・言語機能のリハビリを通して再び口から食べることができるようになるケースが多くあります。
また、言語機能のリハビリでは発声や言語理解の向上を目指し、口周りの筋肉を動かすリハビリや文字盤を書いたカードなどを使い、コミュニケーションの練習などを行います。

  • 高次脳機能障害のリハビリ一例

半側空間無視や失行・失認など、様々な機能評価を行い、それぞれの障害のレベルを把握することが大切です。その上で、日常生活を円滑に過ごす為に必要な機能、対応などの理解を深め、動作の習得を目指します。

維持期リハビリ

回復期を経て維持期に突入すると、病院から自宅に移るケースが大半です。病院で一度回復した機能であっても、退院後に活動量が低下すると再び機能が低下してしまいます。退院後にも自力でのリハビリや、デイサービスやその他サービスなどを用いたリハビリを行うことで、緩徐ながら身体機能の向上や維持が可能です。

再発予防

一度脳梗塞を起こした人の再発率は高く、発症後1年で10%、5年で35%、10年で50%の人が再発するといわれています。
脳梗塞の再発予防のためには、生活習慣の改善が不可欠です。高血圧、糖尿病、肥満、喫煙や運動不足、飲酒など脳梗塞の原因となる習慣は、当然再発リスクも高めます。
服用する薬として、血栓を予防するものがあります。心原性脳梗塞の場合は抗凝固薬、心臓以外に原因がある脳梗塞の場合は抗血小板薬が用いられます。

コメント