脳出血について(症状、原因、治療)

スポンサーリンク

脳出血とは

脳出血は脳内の血管が破れて出血を起こし、血液がかたまることで血腫となって周囲を圧迫し、脳細胞を破壊してしまう疾患です。多くの場合、激しい頭痛を伴います。脳出血には出血が起こる部位によって種類があり、被殻出血・視床出血・小脳出血・脳幹出血にわかれます。それぞれ出現する症状、後遺症も異なり、治療方法やその後のリハビリ方法も様々になります。

脳出血の種類と症状

被殻出血

被殻出血は全脳出血の約40%で最多の割合で発症します。日中の活動時に突然起こる事が多く、頭痛、意識障害、失語、失認、片麻痺や顔面神経麻痺などが出現します。また、視線が病側に固定される共同偏視があります。

視床出血

視床出血は全脳出血の約30%を占め、近年増加傾向にあります。日中活動時に突然起こり、頭痛、意識障害、片麻痺、感覚障害、顔面神経麻痺が出現します。視床出血では眼球は内下方に偏位する鼻先凝視が出現します。

小脳出血

症脳出血は全脳出血の約10%を占めます。激しい後頭部の痛みから始まり、回転性のめまい、反復する嘔吐が起こります。四肢の麻痺は起こらないものの、運動失調によって立位・歩行障害が起きます。症脳出血では視線が健側に固定される共同偏視が見られ、目振も出現します。

脳幹出血(橋出血)

脳幹出血は全脳出血の約10%であり、脳底動脈橋枝(橋動脈)からの出血が多く、橋出血が頻度も最も高く発症します。呼吸障害、四肢麻痺など脳出血の中では最も重症で予後も不良となることが多い疾患です。橋出血では眼球が正中位に固定され、瞳孔が小さくなるのが特長です。

初期症状

脳出血の多くは日中の活動時、突発的に発症します。激しい頭痛を伴うこともあり、早期の病院受診が重要です。脳出血初期における代表症状を紹介します。突然こうした症状が現れたら、速やかに病院にかかるようにしましょう。

  • 突然、顔、手足のしびれ、脱力感がある。特に片側だけに起こる場合。
  • 突然、言葉の障害や混乱状態に陥る。舌がもつれる、言いたい事が言えない、相手の言葉が理解できない。
  • 突然、片目、あるいは両目が見えない、見えにくくなる。
  • 突然、めまい、歩行障害に陥る。
  • 突然、激しい頭痛に襲われる。

原因ー高血圧と動脈硬化

脳出血の直接の原因は、脳内の血管が破れて出血が起こることです。脳内の血管が破れる主な原因として、高血圧と動脈硬化があります。脳の血管にかかる圧力が高くなることで、血管が破れて出血が起こってしまいます。また、動脈硬化によって血管がもろくなり、裂けやすくなることも原因の一つです。
他には、脳動脈瘤などの血管の異常や脳腫瘍、肝臓疾患などが原因となる事もあります。

脳出血の予防

脳出血は遺伝的に起こる、とも言われていますが、脳出血の主な原因は高血圧です。家族に脳出血患者がいても、必ず自分がなるということはありません。
しかし、原因となる高血圧は生活習慣病の一つです。例えば食事中の塩分の量やお酒の量、運動習慣などは、一緒に生活する家族と似てしまうものです。その結果、遺伝的ではないにせよ、生活習慣が似ているために家族の中で脳出血を起こす人が重なることはあります。
脳出血の予防に大切なのは、高血圧や動脈硬化など、生活習慣病の予防です。過度な塩分の摂取や偏食、喫煙、飲酒、運動不足、肥満、ストレスなど、生活習慣を正しくコントロールすることが大切です。

脳出血の治療

手術

脳出血の手術(外科的処置)は、起きた部位や出血量によって対応が異なります。被殻出血、小脳出血は血腫量が微量の場合、保存的療法が選ばれ、基準を超えた場合に開頭手術や内視鏡下血腫除去術が行われます。視床出血、脳幹出血の場合、一般に血栓除去術の適応はありません。

死亡率

脳出血の死亡率はおよそ10%と言われています。生存した人のうち、およそ70%に後遺症が残ります。過去には脳卒中(脳梗塞と脳出血)が日本内の死因として第1位でしたが、高血圧の治療や生活習慣の改善によって、死亡率は劇的に低下しました。しかしそれでも、現在は寝たきりになる原因疾患として脳卒中は第1位であることから、予防が重要であることが言えます。

再発リスク

脳卒中(脳梗塞、脳出血)を起こした人の再発率は高く、発症後1年で10%、5年で35%、10年で50%の人が再発するといわれています。
再発を予防を予防するためには、生活習慣の改善が不可欠です。高血圧、糖尿病、肥満、喫煙や運動不足、飲酒など脳梗塞の原因となる習慣は、当然再発リスクも高めます。

脳出血の後遺症

脳出血を起こす部位や出血量によって、後遺症の程度も異なります。

被殻出血の後遺症

脳出血で1番多い被殻出血の場合、右脳・左脳のどちらで出血が起きたかで後遺症も異なります。右脳側で出血が起きた場合には、反対側である左側の上下肢の麻痺(片麻痺)と失認が起こります。左脳側の場合には、右側の片麻痺と失語症が起こります。他にも顔面麻痺や視覚障害(同名性半盲)が後遺症として特長的です。

視床出血の後遺症

視床出血の場合にも、出血が起きた側と反対側の顔面、上下肢に麻痺が起こります。

脳幹出血の後遺症

脳幹出血の場合、生命維持に関わる部位に出血が生じているため、重篤な症状や後遺症につながります。意識障害、呼吸障害、両側の上下肢の麻痺(四肢麻痺)などが起こります。

小脳出血の後遺症

小脳出血の場合、四肢に麻痺は見られないものの、回転性のめまいやふらつきによって立位・歩行障害が起こります。平衡感覚の失調、運動失調が中心であり、細かな手の動きの調整なども困難になります。

リハビリ

脳出血のリハビリも、出血の部位や症状、後遺症にあわせて行うことが大切です。基本的には、麻痺している手足の拘縮予防や機能維持を行います。その他、言語や嚥下に関わるリハビリや、失認に対するリハビリなど、症状にあわせた内容で身体機能の維持や向上をはかり、QOLの維持につとめます。


コメント