在宅医療

在宅医療・訪問マッサージ/訪問鍼灸に関わる内容です。

在宅医療

「血」とは何か|働きや成り立ちと「血」の虚実「血虚」と「血瘀」【東洋医学の基礎】

東洋医学における「血」の概念について解説します。西洋医学と同様、栄養の運搬や体を潤す働きがあり、気や五臓の働きを受けて循環します。気や五臓の働きの乱れなどで、血が不足すると「血虚」、血が停滞すると「血瘀」という病態になります。
在宅医療

パーキンソン病による歩行障害に対する歩行訓練・歩行へのイメージ変更戦略

パーキンソン病では、4大症状の無動・姿勢反射障害によって歩行障害が起こり、意思とは無関係に動きが難しくなります。そのため、これまでの運動様式から、新しい運動様式に切り替え、歩行機能を再度獲得していくような意識が重要となります。
在宅医療

【脳梗塞後遺症】手の拘縮を予防するためのクッションを自作してみた

脳梗塞の後遺症の一つとして、手や指の拘縮があります。そのまま放っておくと指を握り込む形で拘縮が進み、動かなくなってしまうケースが多くあるため、拘縮予防のクッションを自作してみました。作り方や反省点などをまとめます。
在宅医療

脳出血について(症状、原因、治療)

脳出血は脳内の血管が破れて出血を起こし、血液がかたまることで血腫となって周囲を圧迫し、脳細胞を破壊してしまう疾患。出血部位に応じて被殻出血・視床出血・小脳出血・脳幹出血にわかれる。それぞれ出現する症状、後遺症も異なり、治療方法やその後のリハビリ方法も様々である。
在宅医療

腰椎圧迫骨折について(症状、原因、治療)

腰椎圧迫骨折は、背骨の腰にあたる部分である腰椎に外部から圧力がかかることで生じる骨折を指す。ご高齢で、骨粗しょう症などの持病のある女性に多く見られる。治療法としては、コルセットなどで患部を固定し安静にする保存的療法が選択される。強い痛みが続く場合や、下肢などに神経痛が広がる場合には手術が検討される。
在宅医療

筋萎縮性側索硬化症(ALS)について(症状、原因、予後、治療)

筋萎縮性側索硬化症(ALS)は、上位・下位運動ニューロンが変性し、徐々に全身の筋肉の萎縮が進行してしまう、原因不明の難病。現在、根治療法は確立されておらず、お薬やリハビリで進行を遅らせたり、対症療法を行ったりすることでQOLを高めることが重視されています。
在宅医療

パーキンソン病について(症状、原因、予後、治療)

パーキンソン病は中脳にある黒質の細胞が変性を起こすことでドパミン産生が低下し、スムーズに体を動かすことができなくなる神経変性疾患です。4大症状として、無動・筋強剛(筋固縮)・安静時振戦・姿勢反射障害が特徴的です。
在宅医療

脳梗塞について(前兆、症状、原因、治療)

脳梗塞は脳の血管が詰まることによって血液供給が遮断され、脳組織が壊死に陥る病気です。現在では医療の発達もあり死亡率は低下していますが、反対に寝たきりの原因で1位となり、恐ろしい病気であることに変わりはありません。
在宅医療

脳梗塞後遺症で起こる手と指の拘縮を予防するグッズ【MOGU®癒しの触感クッション】

脳梗塞後遺症である握り込みや拘縮の予防には、【MOGU®癒しの触感クッション】がオススメです。握りやすい形状な上に適度な反発があり、手や指の関節に優しい構造。カバーは洗濯も可能なので、衛生的です。脳梗塞の後遺症に悩む多くの方。脳梗塞の後遺症をお持ちの方を介護・サポートする方、全ての人にオススメしたい製品です。