「運動器」に関するページ

「運動器」に関するページ 運動器

運動器に関するカテゴリー

筋肉や骨、関節など【運動器】に関する記事をまとめるカテゴリーです。

運動器の鍼灸適応疾患

鍼灸治療の適応疾患に認められるものは、下記の通りです。

関節炎、リウマチ、頚肩腕症候群、頚椎捻挫後遺症、五十肩、腱鞘炎、腰痛、外傷の後遺症(骨折、打撲、むちうち、捻挫)など。

本サイトではこれらだけでなく、そうした痛みを通して「理想的な動き」を身につけられるようなアイディアをご紹介していきます。

 

股関節・下肢

美尻・ヒップアップに向けて大臀筋を刺激する簡単なトレーニング方法

美尻・ヒップアップに不可欠なお尻の筋肉「大臀筋」を鍛える方法を紹介します。大臀筋の働きをフルに活かす運動なので、スクワットのようにしゃがみこむ必要もなく、器具も不要で簡単に取り入れることができます。
肩・上肢

セラバンド・チューブを使った前鋸筋のトレーニング方法

前鋸筋のトレーニング方法の一つとして、セラバンドやチューブを用いた方法を紹介します。負荷の小さなセラバンドやチューブを利用することで、鍛えたい筋肉をより意識してトレーニングを行うことができます。
股関節・下肢

セラバンド・チューブを使った腸腰筋のトレーニング方法

腸腰筋のトレーニング方法の一つとして、セラバンドやチューブを用いた方法を紹介します。1回1回の負荷が小さなセラバンドやチューブを利用することで、鍛えたい筋肉をより意識してトレーニングを行うことができます。
選穴・配穴

顔のシミをとる方法を美容鍼で用いる経穴(ツボ)で紹介

顔にできてしまったシミをとる・なくすために、鍼灸治療ではどのような経穴(ツボ)を用いるのかを紹介します。ツボを刺激することで、肌の新陳代謝を高め、体の内側からシミ対策を施していきましょう。
選穴・配穴

ほうれい線をなくす方法を美容鍼で用いる経穴(ツボ)で紹介

ほうれい線をなくすために、美容鍼で用いる経穴(ツボ)をいくつか紹介します。顔にあるツボだけでなく、経絡を意識した足などのツボを刺激することで、より効果的にほうれい線のシワの改善を図ることができます。
選穴・配穴

おでこのシワをなくす方法を美容鍼で用いる経穴(ツボ)でご紹介

美容鍼・美顔鍼では、局所(顔の部位)への刺激と、全身(顔以外の部位)への刺激の双方によって、効果を引き出します。この記事では、おでこのシワを改善するために用いる経穴(ツボ)や経絡の選び方をまとめていきます。
選穴・配穴

顎の筋肉の緊張を和らげ、顎関節症を改善する経穴(ツボ)

顎関節症を改善するツボについてまとめます。顎関節症のリハビリは、可動域の低下や痛みが強いと難しく、症状が長期化してしまいがちです。顎関節の動きを取り戻すよう、顎周りの筋肉にあるツボだけでなく、手足のツボも刺激して、顎関節症の早期改善を目指しましょう。
選穴・配穴

辛い首こりを解消する経穴(ツボ)

デスクワークなどによる姿勢の乱れ、目の疲れ、ストレスなどから起こる【首こり】を解消する経穴(ツボ)をまとめます。首は細かい筋肉で5kgほどある頭を支えているため、日常的に負担が多くかかる部位です。首のツボだけでなく、手足のツボを合わせて、より効果的に首の緊張をゆるめ、首こりを解消しましょう。
体幹

腰痛を改善する経穴(ツボ)【重だるい痛みからぎっくり腰まで】

腰痛を改善するために効果的なツボを、経絡の流れ、筋肉のしくみなどいくつかの視点から紹介します。ツボごとの特性を考慮して、腰の慢性的な痛みから、ぎっくり腰のような急性期の痛みまで幅広く改善することができます。
肩・上肢

「翼状肩甲」との違いから、肩甲骨の理想の動き「立甲」を考える

前鋸筋の麻痺や弱さによって起こる「翼状肩甲」という観点から、「立甲」の動作獲得の注意点をまとめてみました。立甲を見たまま真似して、ただ肩甲骨が浮かび上がるだけでは不十分です。前鋸筋の収縮力を高めることで、肩甲骨の自由な運動や、腕や手の運動につなげましょう。