鍼灸師のオススメするセルフケアにぴったりな経穴(ツボ)と配穴

選穴・配穴

五臓六腑の治療に役立てたい経穴(ツボ)の組み合わせ

鍼灸治療では、五臓の不調に効果的な兪原配穴、六腑に効果的な募合配穴がある。ツボは一つ一つに効果があるが、ツボを組み合わせることで、さらに高い効果を期待できる。
治療

おでこ、こめかみ、後頭部。頭痛の種類と東洋医学的な対策まとめ

東洋医学では、おでこ(前頭部)、こめかみ(側頭部)、後頭部など、頭痛に対する考えや治療が部位ごとに異なります。それぞれの特徴を踏まえ、自分の頭痛に合う方法で治療・養生を行うとより効果的です。
経穴(ツボ)

経穴(ツボ)の線路である経絡の流れを知り治療・養生の幅を広げよう

経穴(ツボ)の線路である「経絡」についてまとめます。人体には六臓(肝心脾肺腎心包)と六腑(胆小腸胃大腸膀胱三焦)に関わる12本の経絡と任脈・督脈、それに属する361個のツボがあります。経絡の流れや対応する臓腑を知ることで、治療やセルフケアの幅が広がります。