鍼灸師のオススメするセルフケアにぴったりな経穴(ツボ)と配穴

鍼灸治療や指圧治療でポイントとなる、経穴(ツボ)。たくさんある中から、どのツボが自分に合うか、必要かを選ぶのは、少し大変だと思います。

ここでは、実際の治療においても常用し、効果も得やすいツボを10穴にしぼってご紹介します。セルフケアには難しいツボもありますが、押圧や温灸だけでなく、シャワーやドライヤーなどで温めるだけでも十分な効果を得ることができます。

とりあえず知っておいて欲しい10のツボ

【百会】緊張を解きリラックスを促すツボ

「百会(ひゃくえ)」は頭のてっぺんにあり、刺激をすることで「下にさがる」症状を改善する効果があるツボです。また、頭部・顔面部の緊張を解き、リラックスするのにも効果的なツボです。

  • 下にさがる症状:痔、内臓下垂、肌のたるみ、鼻水など。
  • 過緊張による症状:不眠、抑うつ、頭痛など。

【風池】目、鼻、のどの不調を改善するツボ

「風池(ふうち)」は刺激をする角度によって、様々な治療効果が期待できるツボです。

  • 目の症状:充血、目のかゆみ、かすみ、眼精疲労や派生した頭痛など。
  • 鼻の症状:鼻水、鼻づまり、副鼻腔炎など。
  • のどの症状:風邪による炎症、のどの違和感(梅核気)など。

【大椎】冷えを改善し免疫を上げるツボ

「大椎(だいつい)」は全身を温め、冷えによる症状を改善するツボです。手足の冷えを和らげるだけでなく、体温を上げ免疫力も向上します。

  • 冷え症状:末端冷え性、冷え性、冷えからくる下痢など。

【関元】丹田にあたり生命力を高めるツボ

「臍下丹田に力を入れて」という「丹田(たんでん)」のあたりには、「関元(かんげん)」というツボがあります。生命力の源である「精」は関元のあたりから「気」に変わり、全身に行き渡ります。

  • 生殖器・泌尿器疾患:尿漏れ、尿閉、月経不順、インポテンツなど。
  • 加齢による症状:足腰のだるさ、倦怠感、いわゆる老化現象など。

【天枢】腸内環境を整え便通を改善するツボ

「天枢(てんすう)」は大腸に働きかけ、腸内環境を整えます。最近では腸内環境と免疫の関係性が明らかになり、注目されるようになりました。便秘や下痢などの便通の異常は、全身の不調の原因になります。天枢を刺激し、日々の腸内環境を整えていきましょう。

【合谷】便秘、肌荒れから肩や首のコリも改善する万能なツボ

「合谷(ごうこく)」は誰もが一度は聞いたことがある有名なツボです。顔面部に起こる不調に広く効果的な他、便通を整える整腸作用もあります。

  • 顔面部の不調:にきび、肌荒れ、鼻の不調、目の不調、歯の不調など。
  • 便通の不調:便秘、下痢、腹部の張りなど。
  • お肌の不調:乾燥肌、肌荒れ、できものなど。

【内関】自律神経の乱れによる不調を改善するツボ

「内関(ないかん)」は自律神経(交感神経と副交感神経)のバランスを整えるツボです。気候の変動によって体調が変化する「気象病」の予防・改善にも効果的とされるツボです。

【足三里】胃腸を強くして元気を作り出すツボ

「足三里(あしさんり)」は松尾芭蕉が長旅の途中でお灸をすえたことで有名なツボです。胃腸を強くして、食べ物の消化・吸収を助け、そこから元気を作り出します。

  • 消化器の不調:食欲不振、消化不良、胃もたれ、胃痛など。
  • 元気の源:免疫の向上、病気の予防など。

【三陰交】婦人科疾患全般に効果的なツボ

「三陰交(さんいんこう)」は婦人科疾患の特効穴として重宝されるツボです。肝・腎・脾の3つの臓に働きかけ、下半身の冷えやむくみを改善します。

  • 婦人科疾患:月経不順、不妊、更年期障害など。
  • 消化器の不調:食欲不振、下痢、軟便など。

【太衝】ストレスを解消し気の巡りを良くするツボ

「太衝(たいしょう)」は気や血の巡りを改善し、ストレスを解消する効果の高いツボです。ストレスの多い昨今、精神面・情緒面の安定を助ける重要なツボだと言えます。

症状に合わせたツボの組み合わせ(配穴・選穴)

ツボにはそれぞれの単体としての効果の他に、組み合わせて刺激をすることでより効果を高めるものもあります。そうしたツボの組み合わせや選び方を、「配穴(はいけつ)」や「選穴(せんけつ)」と言います。

症状ごとに代表的なツボの組み合わせを紹介しています。ご自身の体調・体質に該当するものをチェックしてみてください。

予防・未病治

自律神経の調整に用いる経穴(ツボ)一覧

自律神経の調整に使う経穴(ツボ)をまとめます。交感神経優位な場合と、副交感神経優位な場合で、少し用いるツボは違います。
選穴・配穴

【井穴まとめ】爪もみのルーツである手足の末端にあるツボの紹介

今回は、ツボの持つ特性の一つである「井穴(せいけつ)」についてまとめてみます。
361+α

【小海・少海】ゴルフ肘など肘の不調を改善する経穴(ツボ)の紹介

【小海・少海(しょうかい)】という経穴(ツボ)について、ツボの位置や、刺激することで期待できる効果などをまとめていきます。小海と少海は、名前が似ているだけでなく、ツボ自体も近くにあります。どちらも、特に肘の不調がある場合に効果的なツボです。
361+α

【手三里】テニス肘、デスクワークの手の疲れを改善する経穴(ツボ)

【手三里(てさんり)】という経穴(ツボ)について、ツボの位置や、刺激することで期待できる治療効果などをまとめていきます。手三里はテニス肘や、キーボード入力などによる手の使いすぎで起こる疲れや痛みなどの症状に効果的なツボです。
361+α

【肩井】肩こり・頭痛を改善する経穴(ツボ)の紹介

【肩井(けんせい)】という経穴(ツボ)について、ツボの位置や、刺激することで期待できる治療効果などをまとめていきます。肩井のツボは肩こりを感じる肩上部にあり、肩こりからくる頭痛にも効果的です。
361+α

【翳風】顔面神経麻痺、耳の異常、頭痛を改善する経穴(ツボ)の紹介

【翳風(えいふう)】という経穴(ツボ)について、ツボの位置や、刺激することで期待できる治療効果などをまとめていきます。翳風のツボは顔面神経の通り道にあり、顔面神経に起こる問題を改善する特効穴です。その他、聴覚の異常や頭痛にも効果的です。
選穴・配穴

【これだけでも大丈夫】要穴の特徴と治療効果のまとめ

ツボの中でも、特に治療効果の高い「要穴(ようけつ)」の特徴や、各経絡にどんな要穴があるのかをまとめていきます。
選穴・配穴

【肝兪・心兪・脾兪・肺兪・腎兪】五臓の背部兪穴の位置や治療効果のまとめ

【五臓の背部兪穴(はいぶゆけつ)】について、ツボの位置や、刺激することで期待できる治療効果などをまとめていきます。また、背部兪穴と組み合わせることで治療効果が高まるツボもあわせて紹介します。
361+α

【陽陵泉】座骨神経痛・筋肉の不調に効果的な経穴(ツボ)の紹介

【陽陵泉(ようりょうせん)】という経穴(ツボ)について、ツボの位置や、刺激することで期待できる治療効果などをまとめていきます。陽陵泉は筋肉に起こる不調に広く効果的なツボです。
361+α

【耳門・聴宮・聴会】耳・聴覚の異常を改善する経穴(ツボ)

耳の穴の前に3つ並ぶ、【耳門(じもん)】【聴宮(ちょうきゅう)】【聴会(ちょうえ)】という経穴(ツボ)について、ツボの位置や、刺激することで期待できる治療効果などを紹介します。