五臓六腑

五臓六腑

東洋医学における五臓の肝の病証と症状。その治法のまとめ

東洋医学における、五臓の肝の病証である、「肝気鬱結」、「肝火上炎」、「肝陰虚」、「肝血虚」、「肝陽上亢」、「肝風内動」についてまとめます。
五臓六腑

【心包・三焦】東洋医学にある独特の臓腑の働きのまとめ

東洋医学の五臓六腑について、「実体はないが確かに存在する」といわれる心包(しんぽう)と三焦(さんしょう)についてまとめていきます。
予防・未病治

ストレスによる過剰な食欲、東洋医学では【胃熱】という立派な病気です

東洋医学の胃熱の症状をご紹介。胃熱では、食欲旺盛(過剰)、のどの乾き、冷たいものを飲み食いしたくなる、口臭などの症状が出る。食べても食べても空腹感がなくならない胃熱の対策をまとめる。
五臓六腑

体に現れる症状から五臓の腎の不調を確認し、治療や養生に役立てよう

東洋医学では、腎は生命力の源である精を貯蔵する役割があります。また、水分代謝、呼吸の補助もする臓器と考えられています。老化現象や発育不良、泌尿器・生殖器疾患、むくみ、喘息など、腎の絡む症状を確認しましょう。
五臓六腑

体に現れる症状から五臓の肺の不調を確認し、治療や養生に役立てよう

東洋医学では、肺は一般的な呼吸だけでなく、水分の運搬や皮膚の状態のコントロール、抵抗力に関わります。風邪をひきやすい、喘息持ちなどの呼吸器疾患だけでなく、体毛の濃さやむくみなど、肺の絡む症状についてまとめます。
五臓六腑

体に現れる症状から五臓の脾の不調を確認し、治療や養生に役立てよう

東洋医学において、五臓の脾は飲食物の消化・吸収をつかさどります。消化不良や食欲不振などの消化器の不調の他、むくみや内臓の下垂症状、出血傾向なども脾の働きが関わる症状です。症状から脾の働きを確認しましょう。
五臓六腑

体に現れる症状から五臓の心の不調を確認し、治療や養生に役立てよう

動悸や不整脈など、西洋医学的にも心臓の問題とされるものは東洋医学も同様に、心の問題と捉えます。心の働きの乱れは他にも、物忘れや動揺など精神活動への影響から、不眠や寝汗などの睡眠障害があります。
五臓六腑

体に現れる症状から五臓の肝の不調を確認し、治療や養生に役立てよう

東洋医学では、肝は気血の巡りに関わります。肝の働きが低下すると気血の巡りが悪化し、多くの症状の原因になります。眼精疲労、梅核気、月経の異常、その他気血の問題など、肝の絡む症状についてまとめます。
五臓六腑

五臓六腑の「六腑」とは何か。東洋医学的な働きと、六腑の不調のまとめ

東洋医学の、六腑をまとめる。胆、小腸、胃、大腸、膀胱、三焦、それぞれの働きと、六腑が不調に陥った時の症状を確認する。六腑は臓とは違い、飲食物の通り道といったイメージ。つまる、逆行するような不調が起こる。
五臓六腑

五臓六腑の表裏関係・相生関係・相克関係まとめ

東洋医学では、五臓六腑はそれぞれ特殊な関係を持って体を支えていると考える。表裏関係は、臓と腑の関係を表す。相生関係は、サポートし合う関係。相克関係は、抑制する関係。それぞれの働きのバランスにより、健康は維持されている。