五臓六腑

五臓六腑 五臓六腑

東洋医学の基礎である、「五臓六腑」に関するカテゴリー。

五臓六腑

東洋医学における五臓の肝の働き「疏泄」と「蔵血」についてまとめ

東洋医学において、五臓の肝の働きには「疏泄(そせつ)」と「蔵血(ぞうけつ)」の2つがあります。疏泄は気を巡らせる働き、蔵血は血を貯めておく働きです。どちらも全身に関わる働きなので、肝の働きが弱ると全身に症状が現れてしまいます。
五臓六腑

東洋医学における五臓の心の働き「ポンプ」と「ココロ」についてまとめる

東洋医学において、五臓の心には血を全身に送り届けるポンプとしての役割と、精神・意識活動の取りまとめとしてのココロの役割があります。ポンプの役割が果たせなければ血が循環せず停滞し、ココロの役割が果たせなければ正常な意識が保てません。東洋医学においても、心は重要な臓器です。
五臓六腑

東洋医学における五臓の肺の働き「呼吸」「宣発」「粛降」についてまとめる

この記事では、東洋医学における五臓の肺の働きについてまとめます。 五臓の肺の働きには、「呼吸」と「宣発(せんぱつ)」と「粛降(しゅくこう)」の3つがあります。呼吸については、一般的な肺の機能と同じです。東洋医学の肺に独特な宣発は、体内...
五臓六腑

東洋医学における五臓の脾の働き「運化」「昇清」「統血」についてまとめ

東洋医学における五臓の脾には、運化・昇清・統血の働きがあり、それぞれの働きによって飲食物を消化・吸収し、気・血・水を体の各所に届けています。
五臓六腑

東洋医学における五臓の腎の働き「蔵精」「主水」「納気」についてまとめる

この記事では、東洋医学における五臓の腎の働きについてまとめます。 五臓の腎の働きには、「蔵精(ぞうせい)」と「主水(しゅすい)」、「納気(のうき)」の3つがあります。わかりやすいのは主水で、これは水をつかさどる働き、つまり尿などで水分...
五臓六腑

五臓の肺を整える経穴(ツボ)のまとめ

東洋医学における五臓の肺の働きを整える経穴(ツボ)をまとめます。東洋医学において、肺は鼻やのどなど呼吸器全般を指します。また、呼吸によって得るのは酸素だけでなく、五臓の腎と協調して気を取り込む働きもあります。これらの働きを踏まえ、ツボを紹介します。
五臓六腑

五臓の腎を整える経穴(ツボ)のまとめ

東洋医学における五臓の腎の働きを整える経穴(ツボ)をまとめます。腎には生命力の源である精を貯蔵する働きがあります。精を貯蔵し、それを気に変える働きをサポートするツボを刺激することで、活力溢れる日々を過ごしましょう。
五臓六腑

五臓の心を整える経穴(ツボ)のまとめ

東洋医学における五臓の心の働きを整える経穴(ツボ)をまとめます。心には精神活動の取りまとめとしての「ココロ」の働きと、血を循環させるポンプとしての働きがあります。こうしたことからも、心を整える場合は特に肝や脾などに属するツボが効果的です。
五臓六腑

五臓の脾を整える経穴(ツボ)のまとめ

東洋医学における五臓の脾の働きを整える経穴(ツボ)をまとめます。脾は胃とともに飲食物を消化・吸収する働きがあります。また特徴として、冷えや湿によって働きが低下してしまう点があります。脾を温め、働きを整えるツボを紹介します。
五臓六腑

五行思想から五臓の腎に関わる体の部位や感覚をまとめる

東洋医学における、五臓の腎と関係する部位や感覚を五行思想をもとにまとめます。