予防・未病治

東洋医学のアイディアの一つである「未病治」を活かした、病気を退ける生活習慣や養生をご紹介します。

予防・未病治

眩暈(めまい)や立ちくらみを改善する経穴(ツボ)

眩暈(めまい)を改善するツボについてまとめます。一般的な考えだけでなく、東洋医学の側面から考えることで、体質や生活習慣からめまいの原因を特定し、改善することができます。特に、気虚や血虚、五臓の肝、脾、腎の働きが低下することでめまいが起こると考えられます。
予防・未病治

【血瘀・瘀血】体質の場合に注意すべき生活習慣や対策

血瘀・瘀血の状態の場合に注意したい生活習慣についてまとめます。血瘀や瘀血は血の巡りが悪くなることで起こります。極端な冷えや熱は特に血瘀・瘀血を悪化させてしまいます。適度な運動や入浴によって血の循環をサポートしましょう。
予防・未病治

【気滞】体質の場合に注意すべき生活習慣や対策

気滞体質・気滞の状態の場合に注意したい生活習慣についてまとめます。気の巡りが悪化している状態では、鬱々と内側にくすぶるものを発散することが重要になります。また、ストレスになるようなものから回避することも重要です。
予防・未病治

【腎精不足】体質の場合に注意すべき生活習慣や対策

腎精不足の状態の場合に注意したい生活習慣についてまとめます。東洋医学における五臓の腎には生命力の源である精を貯蔵する働きがあります。そのため、腎精不足の解消のためには、五臓の腎の働きを低下させないこと、無駄な精の消耗を避けることの2点が重要です。
予防・未病治

【血虚】体質の場合に注意すべき生活習慣や対策

血虚体質・血虚の状態の場合に注意したい生活習慣についてまとめます。実際に出血を伴わなくても、日常の活動の中で血を使い、消耗して生活しています。特に、目の酷使、筋肉の酷使など、五臓の肝が絡む血の消耗には注意が必要です。
予防・未病治

【気虚】体質の場合に注意すべき生活習慣や対策

気虚体質・気虚の状態の場合に注意したい生活習慣についてまとめます。「気を使う」や、「気疲れ」などの言葉があるように、私たちは生活の中の様々な場面で「気」を消耗しています。気を消耗せずに、しっかりと回復するための基本的な対策をまとめます。
予防・未病治

腎精不足体質にオススメな補腎の働きを持つ食材・食事

腎精不足体質の人にオススメする、腎を養い精を補う「補腎」の働きのある食材を紹介します。食材としては、種や実のもの、黒いもの、海のものが腎を養い精を補うのに効果的です。腎精の枯渇は老化現象として体に現れるため、アンチエジングを意識した薬膳などが注目されてきています。
予防・未病治

血瘀・瘀血体質にオススメな血の巡りを良くする食材・食事

血瘀・瘀血体質の人にオススメする、血の巡りを良くする働きのある食材を紹介します。血の巡りが悪い時には、多くの場合で気の巡りも悪く、またそもそもの気血が不足していることもあります。そうした気血の不調には、辛みのある食材をとることで、気血の巡りを一気に改善すると効果的です
予防・未病治

湿痰体質にオススメな利水の働きを持つ食材・食事

湿痰体質の人にオススメする、「利水」、「去湿」、「化痰」の働きのある食材を紹介します。海藻類、瓜科の食材を始め、比較的水分が豊富な食材をとることで、体の水分を入れ替えるように湿痰を解消することができます。
予防・未病治

血虚体質にオススメな補血の働きを持つ食材・食事

血虚体質の人にオススメする、血を補う「補血」の働きのある食材を紹介します。一般的な貧血対策として知られるほうれん草やレバーだけでなく、東洋医学では五臓の脾や心、肝を養う食材が血虚体質の改善に効果的だと考えられています。