まずは知っておいて欲しい、鍼灸治療や漢方のベースとなる東洋医学の話

治療

こめかみ(側頭部)の頭痛の原因や対策・改善の経穴(ツボ)まとめ

【こめかみ(側頭部)の頭痛】の原因や、治療のためのツボなど東洋医学的な対策などをご紹介します。
治療

おでこ(前頭部)の頭痛の原因や対策・改善の経穴(ツボ)まとめ

【おでこ(前頭部)の頭痛】の原因や、治療のためのツボなど東洋医学的な対策などをご紹介します。
五臓六腑

【心包・三焦】東洋医学にある独特の臓腑の働きのまとめ

東洋医学の五臓六腑について、「実体はないが確かに存在する」といわれる心包(しんぽう)と三焦(さんしょう)についてまとめていきます。
東洋医学

【芍薬甘草湯】足がつる・こむら返りの漢方の特徴や注意点まとめ

芍薬甘草湯(しゃくやくかんぞうとう)という漢方についてまとめます。足のつり・こむら返りに、即効性のある漢方として身近に知られる芍薬甘草湯ですが、副作用などのリスクも当然あります。ドラッグストアなどで購入できるからこそ、詳しく知った上で利用しましょう。
予防・未病治

セルフケアにおすすめの台座灸とカマヤミニの使用感や効果のまとめ

セルフケアに用いやすい台座灸とカマヤミニの違いや、取り扱い上の注意点などをまとめます。
東洋医学

葛根湯(かっこんとう)を飲む前に。配合生薬の特徴と風邪症状との関係まとめ

葛根湯(かっこんとう)に配合されている生薬と、効果が期待できる「服用するタイミング」をまとめます。
治療

入眠困難・中途覚醒などの不眠症に対する東洋医学の考えと対処法

不眠症・睡眠障害に関する東洋医学的な考えをまとます。臓腑の乱れや気血の過不足、停滞が睡眠障害に関わるため、五臓六腑の働きや気血の状態を確認することが重要です。特に体を沈める陰液である血と、腎の陰の状態を確認しましょう。
治療

【湿布のまとめ】温と冷・白と茶色、それぞれの効果と使い方

茶色い湿布(しっぷ)、白い湿布の成分の違いをまとめます。また、温湿布と冷湿布の違いと、症状に合わせた使い方などもあわせてご紹介。対症療法と言われがちな湿布ですが、「患部が気持ち良い」ことを軽視することはできません。
治療

血の停滞を解消する刺絡療法とセルフケアに向けた爪もみのまとめ

鍼灸治療の一つの手法である、「刺絡療法」について紹介。ツボに特殊な鍼刺激を入れることで、時に出血を伴う治療法です。自律神経の調整や、血液循環の改善、余分な熱の排出など、難病にも効果の期待できる治療法です。
予防・未病治

東洋医学における、ストレスが五臓の肝を傷め気滞につながる流れを確認

ストレスに体が蝕まれ体調が優れない時、五臓の肝の不調と、気滞が考えられる。肝の調子を整え、気の巡りを改善することでストレスに負けない体を目指す。しかし、本当に大切なのは、ストレスを避けること、溜めないこと。