「治療」鍼灸や指圧を通して

治療

東洋医学における風邪の特徴と症状、予防や対策についてまとめる

東洋医学では、風邪を(ふうじゃ)と読みます。風の邪が体に入り込むことで、いわゆる風邪(かぜ)を発症します。特徴として風の邪は熱や湿など他の邪をひきつれて侵入します。症状からどの邪が入り込んでいるかを明確にし、対策をとることで、早期回復を目指すことができます。
治療

魚の目(うおのめ)に関する考え方とお灸での治療の流れ【鍼灸治療実例】

魚の目の鍼灸治療をご紹介します。魚の目には特にお灸を用い、魚の目の芯にしっかりと熱を届けます。お灸で焦げた角質がかさぶたのように上の方から剥がれて、最終的には芯がとれます。お灸には殺菌・消毒の効果もあるため、火傷も傷も心配ありません。