「治療」鍼灸や指圧を通して

「治療」鍼灸や指圧を通して 治療

東洋医学をベースに実際に鍼灸治療を行う際に、

  • どんな考えで治療するのか
  • どんな改善策を想定しているのか
  • どんな経穴(ツボ)を用いるのか

そんなことをご紹介していきます。

 

治療

【湿布のまとめ】温と冷・白と茶色、それぞれの効果と使い方

茶色い湿布(しっぷ)、白い湿布の成分の違いをまとめます。また、温湿布と冷湿布の違いと、症状に合わせた使い方などもあわせてご紹介。対症療法と言われがちな湿布ですが、「患部が気持ち良い」ことを軽視することはできません。
治療

おでこ、こめかみ、後頭部。頭痛の種類と東洋医学的な対策まとめ

東洋医学では、おでこ(前頭部)、こめかみ(側頭部)、後頭部など、頭痛に対する考えや治療が部位ごとに異なります。それぞれの特徴を踏まえ、自分の頭痛に合う方法で治療・養生を行うとより効果的です。
治療

魚の目(うおのめ)に関する考え方とお灸での治療の流れ【鍼灸治療実例】

魚の目の鍼灸治療をご紹介します。魚の目には特にお灸を用い、魚の目の芯にしっかりと熱を届けます。お灸で焦げた角質がかさぶたのように上の方から剥がれて、最終的には芯がとれます。お灸には殺菌・消毒の効果もあるため、火傷も傷も心配ありません。