東洋医学における病気の原因(外因・内因・不内外因)を知り、養生に役立てよう

病因 予防・未病治
東洋医学において病気の原因を考えた時、まずは大きく3つに分類します。外環境である【外因】は、「風・寒・暑・湿・燥・火」の六邪を指し、気候の変動や寒熱の偏りを意味します。自分自身の問題を【内因】と言い、七情(怒・喜・思・悲・憂・恐・驚)の乱れ、飲食・生活の不摂生、性交渉の乱れがあります。外因、内因に該当しない【不内外因】には、特定動作の継続による「五労」、怪我や外傷があります。
これらの病因はそれぞれ五臓六腑を消耗させ、病を発症させます。日頃の養生によって五臓六腑を整えておくことで、病気を退けることが可能です。

 

今回は、「病気になる理由」、「体調が崩れる原因」を東洋医学ではどう考えるかをご紹介します。

東洋医学では、病気の原因を大きく3つに分類して考えます。

  • 外因:外環境の影響による病気
  • 内因:体の内面の変化による病気
  • 不内外因:体の外・内環境が関係しない病気

いわゆる病気というものは、こうした病因の複合で現れることもあります。環境の変化、体の内面の変化に負けない体を作ることが、日々の養生や鍛錬、ということになります。

 

スポンサーリンク

【外因】:外邪が原因となる病気

東洋医学では外部環境の邪気を、「外邪(がいじゃ)」と呼び、大きく6つの邪気(六邪)があります。こうした外邪が病気の原因となることを「外因(がいいん)」と呼びます。

外部環境とは、主に気候の変動を指し、天気の変化や季節の移ろいなどが病気の原因となります。

風邪(ふうじゃ)

東洋医学では「風邪(ふうじゃ)」と読み、風が吹くように発病し、症状が変化します。一般的な「風邪(かぜ)」と似た症状を指す場合もありますが、外邪としての「風邪(ふうじゃ)」の特徴としては、下記の点があります。

  • 上部を侵す
  • 遊走性がある(不調なところが移動する)
  • 衛気を侵す(外邪が侵入する)
  • 百病の長(他の邪を引き連れ、病気の原因となる)

一般的な風邪(かぜ)においても、発熱・悪寒・胃腸症状・関節痛など、症状が多岐にわたるのは、こうした風邪(ふうじゃ)の遊走性や百病の長としての特徴からだと考えられます。

また自然界では、風が吹けば余計なものは吹き飛ばされます。体の中も同じで、風邪が体の悪いところを治し、綺麗にするとも言われます。

▶︎「風邪(かぜ)」についてまとめた記事へ

寒邪(かんじゃ)

寒邪の特徴は、下記の通りです。

  • 陽気を消耗(温める力の低下)
  • 凝滞性(とどこおらせる)
  • 収引性(ひきしめる)
  • 臓腑に直中

冷気・寒気にあたって体が冷えてしまい、陽気を損ねてしまいます。また、気や血、水の流れが滞り、痛みがにつながります。寒くて起こるしもやけなどは、寒邪による症状と言えます。

また、「寒邪は臓腑に直中する」と言い、寒さは直接臓腑を消耗させ、嘔吐や下痢につながります。お腹を冷やしてはいけないのは、こうした理由からですね。

暑邪(しょじゃ)

暑邪の特徴は、下記の通りです。

  • 熱性の邪
  • 炎上性と開泄性(燃え上り、開かせる)
  • 気や津液を消耗
  • 湿邪を伴う

上半身や頭に症状が出ることが多く(のぼせ)、顔の発赤、目の充血などがあります。また熱により、汗として気や水が出てしまいます(開泄性)。

のどの渇き、息切れや痙攣など、熱中症の症状が現れます。

湿邪(しつじゃ)

湿邪の特徴は、下記の通りです。

  • 下注性(くだす)
  • 重濁性(にごる)
  • 粘滞性(とどこおる)

余分な水分が体に溜まり、停滞することで発症します。重く、下に流れ、溜まる性質を持つため、手足のだるさやむくみ、関節痛につながります。

また、便が粘つきます。梅雨の時期など、湿度が高い日が続くときは要注意です。

燥邪(そうじゃ)

燥邪の特徴は、下記の通りです。

  • 乾燥性
  • 肺を傷める

空気の乾燥も外邪の一つです。肺と、体の中の水が損傷を受け、肌の乾燥や喘息などの咳が出ます。秋から始まる乾燥は特に肺を傷めます。

火邪(かじゃ)

火邪の特徴は、下記の通りです。

  • 炎上性
  • 気や津液を消耗
  • できもの・腫れ物を伴う
  • 生風
  • 動血

燃え上がる炎のような症状が出ます。高熱、顔の発赤、目の充血が起き、気や水を著しく損傷します。

生風とは、熱が極まることで風が生まれ、意識障害やうわ言、痙攣などが起こることを示します。動血は、吐血や喀血などの出血を示します。

スポンサーリンク

【内因】:七情の乱れや生活習慣が原因となる病気

東洋医学において、心(こころ)と体は一つのものと捉えています。そのため、心(こころ)の乱れが病気を呼ぶこともあります。また、生活習慣の乱れが病気の原因となる場合も、病気の内因と捉えます。

七情の乱れ

七情とは、「怒・喜・思・悲・憂・恐・驚」の7つを言います。それぞれの感情の変化は、対応する臓腑を消耗し、病気の原因となります。

怒-肝を傷める

「怒」の感情がいきすぎると、「逆上する」と表現されるように、気が上がります。臓腑では肝を変調させ、気血水が上に上がったまま、巡りが悪くなる。

赤ら顔で、少しのことで怒ってしまう「おこりんぼ」さんが近いイメージです。

喜-心を傷める

「喜」の感情がいきすぎると、気が緩みます。臓腑では心を変調させ、思考、意識を正常に保てなくなります。集中力もなくなります。

簡単に言えば、「浮かれポンチ」です。

思-脾を傷める

「思」の感情がいきすぎると、気が結します。「気がふさぐ」という感じが近い印象です。

臓腑では脾を変調させ、気血水の動きが滞ります。結果、消化器症状が現れることもあります。気がふさいで食欲不振になったり、過敏性腸症候群の症状が出たりするのは、こうした精神面の変化と脾の働きによるものだと考えられます。

緊張するとお腹が痛くなる、そんな人は脾の調子を整えると良いかもしれません。イメージで言えば、「神経質」な人が近いです。

悲・憂-肺を傷める

「悲・憂」の感情がいきすぎると、気が消えてしまいます。

臓腑では肺を変調させ、意気消沈してしまいます。ため息ばかりついて、しっかり肺まで気が入り込まないからかもしれません。

卑屈、ネガティヴ、そんなイメージです。

恐-腎を傷める

「恐」の感情がいきすぎると、気が下がります。

腎を変調させてしまい、髪が抜け落ちたり、失禁したりすることもあります。「恐くておしっこちびっちゃった」というのも、感情と臓器の関係で言えば納得です。びびり、恐がりさんです。

驚-腎を傷める

「驚」の感情はいきすぎると、気が乱れます。

「驚」も腎を変調させ、気が動転してしまいます。「びっくりしておしっこちびっちゃった」も、このためです。

こちらも一言でまとめると、びびりさんです。

飲食の不摂生

内因には上述した七情の他、生活習慣も関わります。特に飲食の不摂生はわかりやすい病因の一つです。

飲食と体調の関係は、一般的なイメージ通りです。

食べ過ぎは消化をつかさどる脾胃の過労を招き、体調の崩れにつながります。逆に食べな過ぎても、気血水精を生成できずに不調がでます。偏食は五臓六腑に偏った負担をかけます。冷たいもの、熱いものも摂りすぎも体調を崩す原因になります。

食材の持つ特性を理解して、バランスよく食べることで病気を退けています。

▶︎食養生の基礎である「五性」「五味」のまとめへ

過労や怠惰な生活

生活習慣といえば、食事だけでなく「動く」「休む」のバランスの乱れも病気の原因となります。

長時間にわたって、頭と体を酷使し、疲労がたまると肉体的にも精神的にも過度に疲れてしまいます。肉体的な過労では、体の気が足りなくなります。休息と食事をとって回復しないと、体の気が足りなくなり、病気の元になります。精神的な過労は、脾と心を傷め、不眠や動悸、食欲不振、下痢になります。

逆に、何もせずに引きこもってダラダラしているのも、気血水のめぐりが悪くなってしまい、結果、病気になります。

性行為の不摂生

七情の乱れ、飲食の乱れ、活動量の乱れに加え、性行為の不摂生も病気の原因となります。

過度な性行為は、五臓の腎を消耗し、腎に蓄えている精を枯渇させてしまいます。腎精は生命力の源ともいえるエネルギーです。枯渇してしまえば、腰や膝が弱り、腎の不調症状が現れます。

▶︎東洋医学の五臓の腎の働きと養生へ

スポンサーリンク

【不内外因】:外因・内因に該当しない病気の原因

不内外因とは、上述した外因でも、内因でもない病因を指します。

外傷・怪我

これは言わずもがなですが、骨折や捻挫などの怪我を指します。

ただ、骨折しやすい人、しにくい人がいたり、怪我からの回復のスピードも人それぞれですそうした外傷に対する強さを決定するのもその人の体質や日々の生活です。

五労(ごろう)

こちらは現代で言えば、「デスクワークで座りっぱなし」だったり、「パソコンやスマホを見続けている」といったような、同じ動きを長時間続けることで、臓腑に悪影響を与えるという考えです。

東洋医学では、五つの行動それぞれが特定の臓器を疲労させると考えています。

久行-肝を損傷

「久行(きゅうぎょう)」と言い、歩きすぎによって、五臓の肝を損傷します。肝のつかさどる筋(腱・靭帯)に歩き過ぎによって負担がかかるからだと考えられます。

久視-心を損傷

「久視(きゅうし)」と言い、目の使いすぎ、何かを見過ぎることによって、五臓の心を損傷します。これは、血に栄養される目が特に疲れてしまい、血を送る心に負担がかかるからです。

久座-脾を損傷

「久座(きゅうざ)」と言い、座りすぎることで、五臓の脾を損傷します。座りっぱなしでだらけていると、肌肉(筋肉)も使わずに弱ってしまいます。

久臥-肺を損傷

「久臥(きゅうが)」と言い、寝すぎると、五臓の肺を損傷します。同時に皮膚への圧迫ストレス(接地面)も増し、皮膚を傷めると言います。褥瘡などはこれにあたります。

久立-腎を損傷

「久立(きゅうりつ)」と言い、立っている時間が長いと、五臓の腎を損傷します。同時に骨への負担も増えます。

 

おわりに

病気の原因(内因と不内外因)の変化

僕が学校で勉強している頃は、病気の内因というと七情の変化のみでした。しかし、最近の中医学では、内因に飲食、過労や怠惰、性行為の不摂生を含めるようになったようです。

参考)東洋医学ライフクリエイティブ協会

養生には中庸の心がけで病気を退ける

今回は東洋医学で考える、病気になる原因を紹介してきました。外因、内因、不内外因のどの原因も、「いきすぎれば病み、いかなすぎても病む」というものばかりです。東洋医学で重視しているのは、「中庸(ちゅうよう)」の考え方です。

そして、「少し乱れても問題ないくらいの体」にしておくことも大切です。たまの飲み会、夜更かし、大いに結構。平均気温を下回る気温も、ドンと来い。そのためには、日々の養生が大事だと再認識します。

▶︎いきすぎず・いかなすぎずの「中庸」を知り、養生を始めよう

 

鍼灸指圧治療院あたしんち

コメント