バネ指(弾発指)の症状と対策、鍼灸治療に使う経穴(ツボ)のまとめ

バネ指(弾発指)の詳細 肩・上肢
バネ指(弾発指)は手指に起こる腱鞘炎のようなもので、主に手指の使いすぎによって発症します。それ以外にも特に女性に発症が多く、出産や更年期などのホルモンバランスの変化が腱や腱鞘に与える影響もあると考えられています。鍼灸治療では、特に背中にある「膏肓」、「膈兪」がバネ指の特効穴として有名です。

 

今回は【ばね指(弾発指)】について、症状や対策を紹介します。また、ばね指に有効と言われる鍼灸治療の経穴(ツボ)についてもまとめます。

ばね指の多くは、手指の使いすぎによって起こる印象です。しかし、特に中・高年女性に他発する傾向があり、ホルモンの影響などもあると言われています。

スポンサーリンク

「カクン」ひっかかるばね指の症状

まずは定義の確認から。

指の付け根で屈筋腱と靱帯性腱鞘の間で炎症が起こると、“腱鞘炎”になり腱鞘の部分で腱の動きがスムーズでなくなり、指の付け根に痛み、腫れ、熱感が生じます。 朝方に症状が強く、日中は使っていると症状が軽減することも少なくありません。 進行するとばね現象が生じて“ばね指”となり、さらに悪化すると指が動かない状態になります。

日本整形外科学会

ばね指は腱鞘炎の延長、という捉え方が一般的です。

「腱鞘炎というと、手首じゃないの?」という人も多いですが、指にも腱鞘炎は起こります。

ばね指と腱鞘炎の違いは?

手首や指先に起こる腱鞘炎の仕組みをおさらいしましょう。

手首や指先を動かす筋肉の一部は、前腕(肘から手首まで)から始まっています。その筋肉が手や指先に付着する時、腱に移行します。

この腱を正しい位置にとどめ、動きを滑らかにするのが「腱鞘(画像赤丸が一例)」の役割です。トンネルやパイプに例えられることが多いです

しかし、

  • 過度な力が入る
  • 継続的に手指の運動を行う

上記の理由などから腱と腱鞘のスライドがうまくいかなくなると、そこに炎症が起こります。これが、腱鞘炎発症の簡単なイメージです。

そうした炎症が続き、より腱や腱鞘に負担がかかると、構造的な変化が起こり、「ひっかかり」が生まれます。

これが、ばね指の発症の簡単なイメージです。

スポンサーリンク

ばね指の原因は使いすぎとホルモンバランス

ばね指の原因は、手の使い過ぎが大半を占めます。また、治療をしていると圧倒的に主婦の方に多い印象です。

手の使い過ぎによるばね指

ばね指の原因は特に、下記の3点が多いです。

  • パソコンでのキーボード・マウス操作
  • 家事中の料理など細々したもの
  • スマートフォン操作

どれかしら心あたりがある作業だと思います。

実際の治療を通して思うのは、

  • 関節の動く幅より狭い範囲で
  • 繰り返し
  • 長時間・長期間

こうした手指の運動によって、ばね指が起こるのではないかと考えています。

ばね指が女性に多いのはなぜ?

「女性に腱鞘炎やばね指が多い」と聞いたことがありませんか?

家事や育児に追われる女性は、手の使い過ぎが原因でばね指になると言われていました。

しかし最近では、女性ホルモンの、特にエストロゲンの量の変化によって、腱などの組織の変性につながると言われています。出産や更年期など、ホルモンバランスの乱れによって、損傷した腱などの組織の回復も遅くなってしまうようです。

炎症を伴う病気でも

関節リウマチや通風、糖尿病などの、炎症を伴うような病気で、ばね指が随伴することがあります。

根本にある病の治療も大切ですが、ばね指に対する治療も不可欠です。

ばね指に有効なリハビリや予防対策

リハビリの前に、自分の腕や手の確認をしてみましょう。

仰向けに寝た時、掌はどこを向いていますか?

掌が床の方や体の方を向いている状態が落ち着くようだと、腕には「捻れ」が起きています。また、指が大きく開くかも確認してみましょう。

前腕の回内・回外バランス

まず、語句の簡単な説明から。

  • 前腕:肘から手首の間
  • 回内:掌を内回りに回す(捻る)
  • 回外:掌を外回りに回す(捻る)

現代人の生活は、掌を内回りに捻って行う(掌が下側にくる)作業が多いですね。パソコンのキーボードやマウスもそうだし、家事もそう。こうした作業が癖付いてしまい、前腕が回内方向に捻れてしまっている人が大半です。

こうした前腕を回内方向に捻る筋肉の中には、指を握りこむ働きのある筋肉もあります。

このことから、

  • 前腕の回内の捻れ
  • 指の握りこみ

この2点で、前腕の捻れが強まってしまい、ばね指につながることがあります。

そのため、予防や改善を目指すには、

  • 前腕の回外
  • 指を大きく開く

生活で癖付く力の入り方の、逆方向にストレッチをしたり、使ったりすることも大切です。

大きく指を広げられますか?

「手の指を使う」となると、握りこむように使うのが大半です。

摘む、握る、掴む、どの動作も指は曲がります。こうした生活環境が続くことで、掌が大きく開かない人が増えている印象です。

開きにくくなった掌を開くのにも、余分な力が必要になります。結果的に、指を開く筋肉・閉じる筋肉どちらにも負担は増してしまいます。

気付いた時に、掌を思い切りパーに開いたり、指を反るようにストレッチしましょう。

スポンサーリンク

ばね指に効果的な「膏肓」と「膈兪」のツボ

ばね指を鍼灸治療する際、下記の3つが大枠の治療方法となります。

  • 指先(患部)へのお灸
  • 前腕への刺鍼
  • 膏肓・膈兪への刺鍼

ばね指を治療する場合、もちろん指先への刺激も大切です。しかし鍼灸治療では、手の根元とも言える肩甲骨への刺激を重視します。

前腕については、前項を参考にストレッチをしましょう。

指先へのお灸はセルフでも

お灸には鎮痛効果があるので、実際にばね(弾発)現象がある部位にお灸をするのもアリです。

炎症なので、アイシングをしたくなるところですが…アイシングは炎症の超初期に行うイメージです。

安静時の痛みがある程度落ち着いた頃からは、炎症であってもお灸をすることが多いです。痛みの強い部位、引っ掛かりを感じる部位に、1個ずつ、5セットくらいで十分です。

膏肓・膈兪は肩甲骨の経穴(ツボ)

ばね指に膏肓と膈兪

鍼灸の世界では、ばね指の治療に「膏肓(こうこう)」と「膈兪(かくゆ)」というツボを用います。

どちらも肩甲骨の内側(背骨に近い方)にあるツボで、自分で刺激するのは少し難しいですね。テニスボールを、床や壁と背中の間に挟んで刺激するなど、少し工夫も必要です。

また、肩や肩甲骨のストレッチも指先の症状に効果的だと言えます。

どちらのツボも肩甲骨の内側にあるので、「厳密にここ」と考えすぎず、ばね指の起こっている側の肩甲骨の内側全体を刺激してみて、一番反応があるところを探してみてください。

おわりに

趣味や家事、それから仕事に、手先の負担は避けられない現代。

大切なのは、

  • 偏った使い方を避けること
  • 偏ったら、反対にも動かすこと

 

手先だけでなく、肩周りの緊張を緩和する「立甲」のストレッチもオススメです。

 

鍼灸指圧治療院あたしんち

コメント